【干支占い】申年(さるどし)生まれ 2019年の運勢を占う

申年 2019年 運勢
申年(さるどし)生まれの人の2019年の運勢は、心身ともに力が衰えるため、仕事もプライベートもちぐはぐしたものとなります。

今までうまくいっていたことも、急に邪魔が入って思うように進まなくなるでしょう。

しかし、月運のいい月に行動し、月運の悪い月は休むことによって、不必要なトラブルは回避することができます。

 

【干支占い】申年(さるどし)生まれ 2019年の運勢を占う

 



 

2019年 申年(さるどし)の総合運


申年(さるどし)生まれの人の2019年は、低調な一年となりやすいですが、月運がいい月には安定した日々を送ることができます。

次に、生年別の運勢を見てみます。

1956年(昭和31年)・2016年(平成28年)生まれの申年の人は、精神面が不安定になり、イライラしやすい一年となります。休養をしっかり取るように心がけましょう。

月運は、3月・5月・11月が吉。2月は吉凶混合の月。4月・6月・7月・10月は要注意の月となります。

1968年(昭和43年)生まれの申年の人は、やる気もあり、仕事もプライベートでも頑張りがききます。しかし、月運が悪い月はイライラしやすく、トラブルの中心人物となりやすいので注意が必要です。

月運は、3月が吉。2月は吉凶混合の月。4月・10月は要注意の月となります。

1980年(昭和55年)生まれの申年の人は、内向的になり、家にこもりがちな一年となります。また、目上の人からの干渉により、やる気を失いやすいでしょう。

月運は、3月・5月・11月が吉。2月は吉凶混合の月。4月・6月・7月・10月は要注意の月となります。

1992年(平成4年)生まれの申年の人は、努力が実を結びやすい一年となります。しかし、月運が悪い月は妨害が入りやすく、思い通りに行動することができないでしょう。

月運は、4月・10月・12月が吉。2月は吉凶混合の月。6月・7月・9月・11月は要注意の月です。8月は大きな変化が起きやすい月となります。

2004年(平成16年)生まれの申年の人は、一生懸命に物事に取り組んだにもかかわらず、なかなか結果を出すことができないかもしれません。何事も肩の力を抜いて、結果にこだわらずに取り組んだほうがいいでしょう。

月運は、3月・9月・10月・11月が吉。2月は吉凶混合の月。5月・6月・7月は要注意の月となります。

 

2019年 申年(さるどし)の仕事運


申年(さるどし)生まれの人の2019年の仕事は、不調を感じることが多くなりそうです。

なぜか、あなたに厄介な案件が降りかかってくるでしょう。

職場での人間関係は殺伐とし、居心地が悪くなるかもしれません。

次に、生年別に運勢を見てみます。

1956年(昭和31年)・2016年(平成28年)生まれの申年の人は、同僚や上司とのいさかいが絶えない一年となりそうです。睡眠をしっかり取ることで、多少改善されます。

1968年(昭和43年)生まれの申年の人は、仕事をどんどんこなすことができる一年です。しかし、月運が悪い月には大きなミスをしたり、同僚とケンカをする可能性があります。

1980年(昭和55年)生まれの申年の人は、働く意欲が失せ、仕事を辞めてしまいたくなるかもしれません。しかし、できるだけ現状維持に努めてください。

1992年(平成4年)生まれの申年の人は、好調な仕事運です。上司から引き立てられ、出世するかもしれません。ただし、月運が悪い月には周囲の大きすぎるプレッシャーに押しつぶされるかもしれません。

2004年(平成16年)生まれの申年の人は、真面目に勉強や部活に取り組んだにもかからわず、結果がついてこない一年となりそうです。結果は気にせずに、今できることに集中してください。

 

2019年 申年(さるどし)の恋愛運


申年(さるどし)生まれの人の2019年の恋愛は、片思いの人は失恋や三角関係に巻き込まれ、疲れ果ててしまいそうです。

パートナーがいる人も、ケンカが多い一年となり、別れを経験することになるかもしれません。

次に、生年別に運勢を見てみます。

1956年(昭和31年)・2016年(平成28年)生まれの申年の人で既婚者は、夫婦仲がギクシャクしやすく、熟年離婚もあり得ます。

1968年(昭和43年)生まれの申年の人は、好調な恋愛運です。しかし、月運が悪い月には、失恋したり、別れることになるかもしれません。

1980年(昭和55年)生まれの申年の人は、内向的になるため、あまり恋愛に向かない一年となります。子供がいる人は、子供のことで問題が起きやすいでしょう。

1992年(平成4年)生まれの申年の人は、社会的地位のある男性と縁ができやすく、結婚に適した一年です。ただし、月運が悪い月は、男性のことで苦労が生まれます。

2004年(平成16年)生まれの申年の人は、あまり好みのタイプではない異性に好かれてしまい、困るかもしれません。片思いは成就しにくいでしょう。

 

2019年 申年(さるどし)の金運


申年(さるどし)生まれの人の2019年は、思ったよりも給与が上がらず、苦しい一年となるかもしれません。

ボーナスも期待できなさそうです。

次に、生年別に運勢を見てみます。

1956年(昭和31年)・2016年(平成28年)生まれの申年の人は、娯楽にお金を使いすぎてしまい、生活が苦しくなるかもしれません。

1968年(昭和43年)生まれの申年の人は、仕事がおおむね好調なため、お金に苦しむことは少なそうです。ただし、月運が悪いと月はは、冠婚葬祭などでお金が飛んでいく可能性が高くなります。

1980年(昭和55年)生まれの申年の人は、金銭的に余裕のない一年となりそうです。収入が少なくなる可能性も高いため、できるだけ出費を抑えるようにしましょう。

1992年(平成4年)生まれの申年の人は、コツコツ働き、少しずつですが貯金も増えていきます。しかし、月運が悪い月には、夫や恋人のことでお金を使うことが増えそうです。

2004年(平成16年)生まれの申年の人は、友達とのつきあいで出費が多くなるかもしれません。遊びに行きたくても、懐事情が厳しくて行けないことがあるかもしれません。

 

2019年 申年(さるどし)の健康運


申年(さるどし)生まれの人の2019年は、健康面で心配の多い一年となりそうです。

お誘いの多い一年ですが、つきあいが悪いといわれても、気乗りしないときは断って休息を取るようにしましょう。

次に、生年別に運勢を見てみます。

1956年(昭和31年)・2016年(平成28年)生まれの申年の人は、体調を崩しやすい一年となります。既婚者は夫の健康にも気を配るようにしましょう。

1968年(昭和43年)生まれの申年の人は、安定した健康運ですが、月運が悪い月は焦りやすいため、交通事故やケガに注意が必要です。

1980年(昭和55年)生まれの申年の人は、うつ病や燃え尽き症候群などに要注意です。

1992年(平成4年)生まれの申年の人は、心身ともに安定しています。しかし、手術やケガの暗示があるため、油断禁物です。

2004年(平成16年)生まれの申年の人は、免疫力が落ち、風邪などひきやすくなります。夜更かしはせず、しっかり睡眠を取るようにしましょう。

 

2019年 申年(さるどし)のラッキーアイテム


  • 白色のもの
  • 鉱物
  • パソコン

 

申年(さるどし)と相性のいい干支・悪い干支


良好な相性


子年(ねずみどし)


どんな関係であっても、長続きする良好な相性です。一緒に行動することで、お互いに成長することができます。

子年(ねずみどし)の芸能人・有名人

藤木直人・生田斗真・栗山千明・小松菜奈

 

辰年(たつどし)


良好な相性です。二人とも活動的なタイプのため、テンポが合います。

辰年(たつどし)の芸能人・有名人

麻生太郎・松坂桃李・新垣結衣・戸田恵梨香

 

巳年(へびどし)


吉凶混合の相性です。引き合う相性でありますが、いさかいの多い組み合わせでもあります。違う意見のときには、冷静に話し合うことが大切です。

巳年(へびどし)の芸能人・有名人

長谷川博己・錦織圭・さくらももこ・安室奈美恵

 

普通の相性


丑年(うしどし)


丑年の人が申年の人に惹かれる相性です。申年の人も、丑年の人に素直に感謝し、好意を受け取ることができます。

丑年(うしどし)の芸能人・有名人

イチロー・山下智久・綾瀬はるか・中条あやみ

 

卯年(うさぎどし)


申年の人が得する相性ですが、卯年の人を傷つけてしまうことが多いでしょう。一緒にいると、お互いになぜか疲れる相性です。

卯年(うさぎどし)の芸能人・有名人

藤ヶ谷太輔・ひょっこりはん・長澤まさみ・永野芽郁

 

午年(うまどし)


対立しやすい相性です。勝負の場合、申年の人が勝つことは難しいかもしれません。

午年(うまどし)の芸能人・有名人

小泉孝太郎・三浦春馬・椎名林檎・浅田真央

 

未年(ひつじどし)


タイプは違いますが、気が合います。未年の人が申年の人に尽くす相性です。

未年(ひつじどし)の芸能人・有名人

堂本剛・米津玄師・真野恵里菜・高畑充希

 

申年(さるどし)


似た者同士、気が合います。一緒にいると物事を成し遂げる力も強いですが、破壊する力も強いです。

申年(さるどし)の芸能人・有名人

佐々木蔵之介・松坂大輔・竹内結子・白石麻衣

 

酉年(とりどし)


似た性質ですが、酉年の人のほうがおとなしいため、申年の人がリーダーシップを取ることになります。

酉年(とりどし)の芸能人・有名人

綾野剛・神木隆之介・安達祐実・武井咲

 

戌年(いぬどし)


戌年の人は申年の人にとって、親や教師のような存在です。困ったときに相談をすると、いいアドバイスをもらえます。

戌年(いぬどし)の芸能人・有名人

大谷翔平・羽生結弦・高木美帆・広瀬アリス

 

努力が必要な相性


寅年(とらどし)


激しい対立が起きる相性です。お互いに気が強いため、どちらかが負けるまで争います。

寅年(とらどし)の芸能人・有名人

舘ひろし・亀梨和也・沢尻エリカ・広瀬すず

 

亥年(いのししどし)


一緒にいると、なぜかうまくいかないことが多いです。発展がなく、運気が落ち込む相性となります。

亥年(いのししどし)の芸能人・有名人

松田龍平・山田孝之・松岡茉優・川栄李奈

 

申年(さるどし)の性格は?


申年の人は気が強く、狭量なところもありますが、根は優しく正義感が強いです。

また、社交的でどんな場面でも適応することができます。

次に、生年別に性格を見てみます。

1956年(昭和31年)・2016年(平成28年)生まれの申年の人は、勘が冴えており、夢を実現することに長けています。

1968年(昭和43年)生まれの申年の人は、実務能力が高く、仕事ではどんどん出世していくタイプです。

1980年(昭和55年)生まれの申年の人は、知的ですが、攻撃性が高いタイプです。環境によってはトラブルメーカーとなりますが、華があり、目立ちます。

1992年(平成4年)生まれの申年の人は、逆境に強いタイプです。優れた能力を持っているのに、自分自身では気づいていないことがあります。

2004年(平成16年)生まれの申年の人は、才能に恵まれたタイプです。目標を定めれば大成しますが、定まらなければ器用貧乏に終わります。

申年生まれの性格についてもっと知りたい方は、こちらの記事を読まれています。

【干支占い】十二支からわかる男性の性格と特徴

【干支占い】十二支からわかる女性の性格と特徴

 

まとめ


申年の2019年の運勢は、いかがでしたでしょうか?

申年の人は、荒れた運気の一年をすごすことになるかもしれません。

しかし、自分の性格や運勢を理解することで、凶意を遠ざけ、さらに吉を招くことができるでしょう。

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は
誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだタロットカードからあなたの運命の人をズバリ診断する
『神秘のタロットカード』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、
いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら『初回限定無料』

診断してもらえます。

あなたの運命の人は一体誰なのか?知りたい方は是非やってみて下さい




わせて読みたい