水星人マイナス(-)2020年の運勢を占う

水星人マイナス 2020年

水星人マイナス(-)の人は、2019年は「安定」という幸運期でした。

2017年から2019年の三年間は幸運期だったため、調子よくすごすことができた水星人マイナス(-)の人が多かったかもしれません。

しかし、2020年は三年間続く大殺界の一年目「陰影」に入ったため、2022年までは低迷期を送ることになります。

プライベートも仕事も、問題が増えてきて頭を抱えることが増えてくるでしょう。

しかし、六星占術を利用すれば、あなたの運気が下降する時期と上昇する時期を知ることができます。

運気が下降する時期は休み、上昇する時期に活動することで、安定した一年を過ごしてください。

 

水星人マイナス(-)2020年の運勢を占う

 



 

2020年 水星人マイナス(-)の全体運


2020年の水星人マイナス(-)の全体運は、低迷した運勢となりそうです。

2019年は穏やかな日々をすごした水星人マイナス(-)の人が多かったかもしれませんが、2020年からは様々なことがあなたにとって思い通りに動かなくなってくるでしょう。

水星人マイナス(-)の人は、他の星人に比べて金運に恵まれた星人ですが、大殺界のときにはその金運が非常に低下することになり、生活が困窮する可能性すらあります。

2020年は新たに物事をはじめることは控え、現状維持を心がけ、自分の内面を磨くことに精を出してください。そうすることで、まだ先になりますが2023年の幸運期に生かされるはずです。

もし悩んだり不安なときは、幸運期に入っていて相性のいい金星人マイナス(-)の人と一緒にすごすと元気が出てくるでしょう。

また、社交的で面倒見のいい天王星人プラス(+)も、頼りになります。

本来、相性のいい金星人プラス(+)の人は、2020年に限り「陰影」の運気を強めてしまうため、関わり方には注意が必要です

土星人マイナス(-)・水星人プラス(+)は、水星人マイナス(-)と同様に大殺界に入っているため、共同で物事をはじめることには適していません。

干支では、卯年・未年・酉年生まれの人は、困ったときに助けてくれる強い味方です。

反対に、子年・丑年・寅年生まれの人は、水星人マイナス(-)の運気をさらに低迷させてしまうでしょう。

尚、水星人マイナス(-)と相性がよくないといわれる申年生まれの人は、大殺界のときに限り運気を安定させ、あなたを助けてくれる強い味方となります。

また、巳年生まれの人は、「陰影」の運気を強めてしまうため、関わらないほうがいいでしょう。

運気のいい月は、5月・7月・10月。運気の悪い月は、1月・2月・12月です。

相性のいい人と幸運な時期を見極めて、「陰影」という一年を乗り切りましょう。

 

2020年 水星人マイナス(-)の恋愛運


2020年の水星人マイナス(-)の恋愛運は、低迷した運気となるでしょう。

水星人マイナス(-)の人は、華があり目立つ存在のため、異性からの人気が高い星人のひとりです。

2019年までは、運気のよさと持って生まれた人気運から、引く手あまただった水星人マイナス(-)の人も多かったと思いますが、2020年は恋愛面も不調になってきます。

基本的に恋愛に依存するタイプではないのですが、この一年は人恋しさが募るため、恋人募集中の人は、積極的に交際相手を探すかもしれません。

しかし、「陰影」という低迷期のため、いつものように簡単に交際相手は見つからなさそうです。また、交際相手ができたとしても、相手がお金にだらしなかったり浮気性で、傷つくことが多いかもしれません。

片思い中の人は、成就する可能性は低めです。もしつきあえたとしても、あなたの考えているような幸せな交際とは、ほど遠いものなるかもしれません。

交際中の人は、破局しやすい運気です。パートナーの仕事が忙しいなどを理由に、すれ違いが起きやすいため、会えなくても電話やSNSでコミュニケーションをちゃんと取るようにしましょう。

結婚に関しては、男性側が幸運期であれば入籍もありですが、基本的には二人とも幸運期のときが望ましいです。

既婚者の人は、家庭に暗い雰囲気が漂ってくるかもしれません。他の家族が幸運期であれば、あなたの意見よりも他の家族の意見に従ったほうが、物事はいい方向に進みます。

また、大殺界の凶意を遠ざけるために、ボランティアや募金、お墓参りなどの「陰徳」を積むこともオススメです。子供も大殺界の場合は、一緒にお墓参りに出かけるといいでしょう。

 

2020年 水星人マイナス(-)の仕事運


2020年の水星人マイナス(-)の仕事運は、低迷した運気となりそうです。

2020年は、あなたに逆風が吹きはじめるかもしれません。

2019年の好調さが嘘のように、やることなすこと空回りしはじめます。とくに年明けの1月2月は、かなり慎重に仕事を進めたほうがいいでしょう。風向きが変わり、職場での人間関係がうまくいかなくなってきたり、あなたのミスから取引先を怒らせてしまうなどのトラブルが増えてくるかもしれません。

転職や起業を考えている人は、2023年の「種子」の運気まで待ったほうがいいでしょう。

新入社員の人も、職場の雰囲気が合わなかったり、上司との相性が悪く会社に行くことが辛く感じるかもしれません。しかし、辞めたとしても、あなたに合う次の職場を見つけることは難しそうです。ただし、パワハラなどの問題がある場合は、退職をして一旦アルバイトをしながらの生活をすることも、ひとつの手段ではあります。

学生の人は、学業や部活動で思ったように成績が伸びず、スランプに陥るかもしれません。

趣味で気分転換をしたり、信頼できる友人と話をしたりして、ストレスを溜め込まないようにしましょう。

 

2020年 水星人マイナス(-)の金運


2020年の水星人マイナス(-)の金運は、低迷した運気となりそうです。

水星人マイナス(-)の人は、先天的に金運に恵まれた星人ですが、2020年はその金運が下降することになるでしょう。

たとえば、冠婚葬祭が一年間で複数回あったり、家電が立て続けに壊れる、子供の教育費が考えているよりも多いなど、このようなことが同時に起きやすい一年です。

また、仕事の不調や健康上の理由から、収入が激減する可能性もあります。

大殺界に入った場合は、急にお金が必要になることが多いため、派手な生活は控えて堅実な生活をすることが大事なのですが、金銭に執着しすぎても運気が低下するため、無理のない程度にお金を使うことも大事です。その場合は、自分のためよりも人のために使うようにしましょう。

 

2020年 水星人マイナス(-)の健康運


2020年の水星人マイナス(-)の健康運は、低調となりそうです。

2017年から2019年までは、好調な運気だったため、活動的だった水星人マイナス(-)の人が多かったと思いますが、2020年はそれまでの三年間の疲れが出ることになります。

水星人マイナス(-)の人は、水星人プラス(+)と同様に、循環器系に問題が出やすいため、念のため人間ドックを受けるなどしたほうがいいかもしれません。

この一年は、無理がきかないため、規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

 

2020年 水星人マイナス(-)の人間関係運


2020年の水星人マイナス(-)の人間関係運は、低調な運気となりそうです。

2020年の水星人マイナス(-)の人は、自分でも信じられないほど、人恋しさが募るかもしれませんが、この一年は寂しい人間関係となるかもしれません。

学生の人であれば、進学や転校で仲のいい友人と離れてしまい、新たに気の合う友人ができなかったり、社会人の人も仕事の関係で友人と疎遠になるなど、孤独を感じることが増えるでしょう。

この一年は、新たな友人をつくろうとしても、相性が合わなかったり、あなたが相手に非常に気を遣う必要があるため、楽しめずに疲れてしまいそうです。

新たに交友関係を広げるよりも、ひとりでも楽しめる趣味を見つけたり、休みの日は家でのんびりすごすなどしたほうが、トラブルも少なくリラックスできるでしょう。

 

2020年 水星人マイナス(-)のレジャー運


2020年の水星人マイナス(-)のレジャー運は、低調な運勢となりそうです。

2020年は、残念ながら旅行やレジャーはオススメできません。出かけた先でトラブルに巻き込まれたりする可能性が高くなります。とくに海外旅行は控えたほうがいいでしょう。

また、激しいスポーツもケガをする可能性が高いため、健康のための軽いスポーツにとどめておいたほうがいいでしょう。

 

2019年 水星人マイナス(-)のラッキーヒント


  • ラッキーアイテム:推奨
  • ラッキーカラー:赤
  • 幸運な方角:北西

 

まとめ


水星人マイナス(-)の2020年の運勢はいかがでしたでしょうか?

2020年は残念ながら低迷した運勢となってしまいそうです。

水星人マイナス(-)の人は、自分の力で運命を切り開いていく星人ですが、この一年はあなたの力では及ばないことが増え、ストレスを抱えることも多くなるでしょう。

大殺界中は、人生においての重要な決定を避け、自分の内面を磨くことを大事にしてください。2020年から三年間の低迷期は長いと感じるかもしれませんが、「人生の休憩」と考えて、焦らず毎日をすごすようにしましょう。

六星占術を利用して、運気のバイオリズムや相性のいい相手・悪い相手を知り、「陰影」の一年を乗り切ってください。