【2019年】水星人プラス(+)2019年の運勢を占う

水星人プラス 2019

水星人プラス(+)の人は、2018年は「安定」という幸運期でした。

しかし、2019年は三年間続く大殺界の一年目となる「陰影」に入り、2021年まで運気は冬の季節に入ります。

2016年から2018年までの三年間は好調だった水星人プラス(+)の人も多かったと思いますが、2019年からは気を引き締めて、毎日を過ごさなくてはいけません。

2019年は不安定な運気となりそうですが、六星占術を利用すれば、あなたの運気が下降する時期と上昇する時期を知ることができます。

運気が下降する時期は休み、上昇する時期に活動することで、安定した一年をすごしてください。

 

【2019年】水星人プラス(+)2019年の運勢を占う

 



 

2019年 水星人プラス(+)の全体運


2019年の水星人プラス(+)の全体運は、不調です。

2019年は大殺界の「陰影」という運気に支配されるため、やることなすことうまくいかなくなってしまいます。

とくに2018年が好調だっただけに、2019年の不調は耐えがたいものとなるでしょう。

この一年は、すべてのことが衰退の一途をたどります。あがいたところで徒労に終わるだけです。

「陰影」という運気に支配された場合は、現状維持を心がけ、冬の季節が去るまでジッと待つほかありません。

もし悩んだときは、幸運期に入っていて相性のいい金星人プラス(+)と金星人マイナス(-)の人に相談をすると、いいアドバイスがいただけるでしょう。

また、土星人プラス(+)と土星人マイナス(-)の人は、ともに大殺界中のため、関わらないほうがお互いのためとなります。

干支では、寅年・午年・申年生まれの人が困ったときに助けてくれる強い味方となってくれます。

反対に、子年・丑年・亥年生まれの人は、水星人プラス(+)の運気をさらに低迷させてしまうでしょう。

尚、水星人プラス(+)と相性がよくないといわれる未年生まれの人は、大殺界のときに限り、運気を安定させ、あなたを助けてくれる強い味方となります。

また、辰年生まれの人とは、「陰影」の運気を強めてしまうため、関わらないほうがいいでしょう。

運気のいい月は、4月・6月・9月。運気の悪い月は、1月・11月・12月です。

相性のいい人と幸運な時期を見極めて、「陰影」という一年を乗り切りましょう。

 

2019年 水星人プラス(+)の恋愛運


2019年の水星人プラス(+)の恋愛運は、低迷した運気となります。

水星人プラス(+)の人は、華やかでモテるタイプが多いため、異性に不自由することが少なく、また、恋愛に溺れることもないため、プレイボーイ・プレイガールの人が多いです。

2019年は、この水星人プラス(+)の性質に起因する失敗が多くなり、大きなトラブルに発展するかもしれません。

別れた相手がストーカーと化したり、軽い気持ちで関係をもった相手が実は既婚者で、相手の家族にバレて賠償請求されたりと、散々な目にあう可能性が高いでしょう。

残念ですが、この一年は恋愛を控えたほうが平和な一年を送ることができます。

また、交際中の人や既婚者の人は、パートナーと別れる可能性が高まります。

既婚者で、子供も大殺界に入っている場合、子供の成績低下ぐらいならかわいいもので、イジメられたり、その反対にイジメに加担してしまうなど、辛い問題が多くなるかもしれません。

家庭内も暗くなることが増えそうですが、雑談をする機会を増やしてみるなどして、改善の工夫をしてみましょう。

また、凶意を遠ざけるためには、ボランティアや募金、お墓参りなどの「陰徳」を積むことがオススメです。

 

2019年 水星人プラス(+)の仕事運


2019年の水星人プラス(+)の仕事運は、不調です。

水星人プラス(+)の人は、もともと仕事運の強い星の元に生まれており、自ら事業を興せば有能な部下や後継者に恵まれ、その事業は繁栄し続けると言われています。

水星人プラス(+)は、合理的な性格で、お金にも目ざとい性格でもあるため、どんな職業でも成功する可能性を秘めた星人なのです。

しかし、2019年は「陰影」という運気に支配されるため、その持って生まれた性質が影を潜めてしまいます。

経営者であれば経営不振に悩まされ、会社員であれば会社に大きな損害を出してしまうかもしれません。

新入社員の人も、実際に入社してみると上司との相性が悪かったり、会社の方針が合わなかったり、先行きが不安になる可能性が高いです。

しかし、転職したくとも大殺界に入ってしまっている影響で、下手に動くと状況をさらに悪化させてしまう可能性が高まります。

2019年は、自分から大きな変化を起こすことは止めて、2022年に訪れる幸運期を待つのが無難でしょう。

 

2019年 水星人プラス(+)の金運


2019年の水星人プラス(+)の金運は、低迷した運気となります。

水星人プラス(+)は、六星人のなかで、もっとも恵まれた財運の持ち主です。他の六星人ほど努力をしなくても、お金が貯まる星人です。

ただし、この恵まれた金運は、大殺界に入ると一気に急落します。

それこそ、お金を盗まれたり、所有していた株や不動産が暴落するなど、かなり大きな額の損失が出る可能性が高くなります。

水星人プラス(+)の人は、お金に執着の強いかもしれませんが、「陰影」の一年はその執着心を和らげ、寄付をするなどして、人のためにお金を使うようにしてください。そうすれば、大殺界の凶意を遠ざけることができるでしょう。

 

2019年 水星人プラス(+)の健康運


2019年の水星人プラス(+)の健康運は、不調です。

「循環器系」に注意が必要な一年となります。人間ドックなどで一度しっかり検査をしたほうがいいでしょう。

また、大殺界に入ると免疫力も落ちるため、普段ではかからないような病気にもかかりやすくなります。

水星人プラス(+)の多くは、精力的に働く星人です。ムリのきくタイプともいえますが、、2019年はペースを落として、生活をしたほうがいいでしょう。

どのみちこの一年は、今まで通り頑張ったとしても、仕事でもプライベートでもいい結果を出すことが難しいです。のんびり好きなことをしていたほうが、精神衛生上もいいでしょう。

 

2019年 水星人プラス(+)の人間関係運


2019年の水星人プラス(+)の人間関係運は、低迷した運気です。

もともと水星人プラス(+)の人は社交性はありますが、情に薄く、人間関係に重きを置きません。孤独に強いといえるタイプです。

また、基本的に人を信用していないため、騙されることが少ない星人でもあります。

そんな水星人プラス(+)ですが、大殺界のときは、なぜか人恋しくなってしまい、自ら社交の場に出向くことが増えます。

しかし、大殺界中に出会った人は、あなたにとってプラスに働くことはなく、むしろマイナスに働きます。

また、そんな精神状態のため、普段は目ざとい水星人プラス(+)の人も、あっさり相手に騙されて、とんでもないトラブルに巻き込まれやすいです。

この一年は寂しさが募るかもしれませんが、積極的に交際範囲を広げることは控えて、ひとりでも楽しむことができるように工夫しましょう。

 

2019年 水星人プラス(+)のレジャー運


2019年の水星人プラス(+)のレジャー運は、不調です。

残念ながら、2019年はとてもレジャーやスポーツを楽しめる運気ではありません。

出先ではトラブルに巻き込まれる可能性が高いため、できるだけ外出を控えることをオススメします。

とくに、外出中に金銭の損失が起こりやすく、スリにあったり、財布を落としてしまう可能性が高いでしょう。

もしどうしても出かける場合は、「北東」の方角は避けるようにしてください。

また、スポーツでも大きなケガをしやすい運気です。大きなリスクがともなうスポーツは、避けたほうが無難です。

 

2019年 水星人プラス(+)の幸運なもの


  • ラッキーアイテム:車
  • ラッキーカラー:赤色
  • 幸運な方角:南東

 

まとめ


水星人プラス(+)の2019年の運勢はいかがでしたでしょうか?

水星人プラス(+)の人は、好調な2018年とは異なり、低調な運勢となってしまいそうです。

2019年からの三年間は、低迷した運気のなかをすごすことになります。

すべて自分で決めて運命を切り開いていくことができなくなるため、フラストレーションがたまることでしょう。

しかし、大殺界という三年間は悪いことばかりが起きるわけではありません。

「種子」から「安定」までの九年間を生きていくための「休息」と「準備」の期間でもあります。

大殺界の間をどのようにすごすかで、次の九年間が決まるといっても過言ではありません。

六星占術を利用して、運気のバイオリズムや相性のいい相手・悪い相手を知り、冬の時期である大殺界を乗り切っていきましょう。

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は
誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだタロットカードからあなたの運命の人をズバリ診断する
『神秘のタロットカード』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、
いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら『初回限定無料』

診断してもらえます。

あなたの運命の人は一体誰なのか?知りたい方は是非やってみて下さい




わせて読みたい