『なんのために働く』のかわからないあなたへ贈る7つのヒント

    なんのために働く

    働かないで遊んでいる人に、ある人が、『何で働かないのか? 』と尋ねたところ、逆に『なぜ働くのか? 』と聞き返されました。

    『お金を儲けるためだ』と答えると『何でお金を儲けるのか』とまた聞かれました。

    『遊んで暮らすためだ』と答えると、働かないで遊んでいる人は『だから俺は今、遊んでいる』とニヤリと笑ったという笑い話があります。

    人はなんのために働くのでしょうか?

    こんな単純な理由でないことは分かるけど、うまく考えられなくなった方に、働くことに関する自分なりの答えを探すヒントを紹介します。

     

    『なんのために働く』のかわからないあなたへ贈る7つのヒント

     



     

    『なんのために働くのか』を多面的に考えてみよう


     

    『なんのために働くのか? 』と問われると、たいていの方が『生活のため』と回答するでしょう。

    しかし、この答えに満足していては水面下にあるもっと別のニーズには気付かないで過ごしてしまいかねません。なんのために働くのかの答えは無数にあるはずです。

    さらに掘り下げて考えていくように心がけてください。お金・やりがい・充実感・誰かのためなど、色んな理由が見つかるはずです。

    自分の考えを思いつくままにノートに書いてみるのも方法の1つです。そして、働くことで多くの報酬を得ていることを実感しましょう。この実感こそが継続のエンジンになるのです。

     

    仕事の最小単位にフォーカスしてみよう


     

    なんのために働くのか自分に問いかける際には、セットで今の仕事をしていて、どの様なスキルが溜まっていっているのかにもフォーカスしてみると、仕事の幅広さを実感できるかもしれません。

    我々は、仕事を行う際には

    ①現在勤務している会社でしかできない仕事のスキル
    ②どこの会社でも通用する仕事のスキル

    の両方を体験し、磨いています。

    例えば営業の仕事です。現状の会社での商品(物やサービス)を売る仕事は、その会社でなければできないスキルですが、営業の電話やプレゼンテーションの技術は別の会社に行っても活用できるスキルといえます。

    このどこの会社でも通用する仕事のスキルにフォーカスを当てて日々の業務から棚卸をしてみることをお勧めします。そうすることで、日々の成長を実感し、次の成長のヒントが見つかるかもしれません。

    目的の追及ばかりに目を向けないで成長に目を向けるとなんのために働いているのかのバリエーションが広くなり、新たな目標が見つけやすくなります。

     

    考えるメンタルにあるかどうか確認してみよう


     

    なんのために働くのかというある種哲学的で、カチッとした明確な答えが出ないかもしれない問題に目を向ける時には、自分自身が考えるメンタルにあるかどうかセルフチェックをしてみるのも良い方法です。

    思い詰めて考え込んでしまっても、より良い答えが導き出せるわけもありませんし、脳の無意識下に更なる負担を課すだけで何のメリットもありません。その様な場合はむしろ、遠くの事より直近の目標にフォーカスしてみる方が建設的といえます。

    自分のメンタル面に不安や懸念が生じている時は、この様な問題を考える前にリフレッシュする手段を選定し実行するようにしましょう。メンタル面が安定していないと良い答えが導き出せないことを認識しておきましょう。ある意味、『なんのために働くのか』などと一切の迷いなく働くことが答えなのかもしれませんし。

     

    休暇・余暇を利用してみよう


     

    対岸に立って初めて感じることがあります。

    仕事と余暇は表裏一体。なんのために働くのか分からなくなった時は休暇や余暇をうまく利用してみるのも良いかもしれません。

    この様な時の休暇や余暇は頑張っている人と一緒に過ごしたり、がんばっている人を見れる場所に行ってみるのもポイントです。

     

    お札をスケッチしてみよう


     

    近年、お札を使う機会が減ってきています。

    あなたの中でお金が数字化・デジタル化されすぎてしまってお金の価値が薄れてきていると感じたらお金をスケッチしてみると良いかもしれません。特に裏側をスケッチしてみましょう。

    表面は何となく特定の人物像があったりしてイメージがつきやすいかもしれませんが裏面となると覚えている人は少数のようです。お金をスケッチしながらお金を従来の認識価値に戻していくことで働くことが見えてくる場合もあります。

     

    得ること以外に目を向けてみよう


     

    仕事をする意義を何かを『得る』ことにばかり目を向けがちになりますが、仕事の大半はチームで行われているものですし、その目的は誰かを豊かにしていることという側面があります。そのことに目を向けてみるのも仕事を考えるうえで重要なことです。

    自分の他者への貢献を認識することが更なる自己成長につながるヒントなのかもしれません。

     

    楽しい仕事ではなく仕事を楽しくするマインドを持ってみよう


     

    自分に合う仕事と働く意義をマッチングさせようとする方がいらっしゃいますが、まずはいましている仕事をもっと楽しくする方法を考えてみることが意外に新鮮で近道かもしれませんので試してみましょう。

    そこに意識を向けることで自分なりの『仕事の流儀』や『情熱』を感じられるようになるかもしれません。

     

    まとめ


     

    いかがでしたか?

    なんのために働くのか考えることは仕事観を養う上で大変重要なことです。今回紹介した方法をいろいろ試しながらいろんな角度から働くことをとらえてみましょう。

    最後に重要なポイントを。

    それは、『答えよりも、そのプロセスに意義がある』という事を認識しながら進める事です。

    当たりすぎてこわい!不安だらけの人生を幸せに導くには

    私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが導かれる運命も、運命の人との出逢いも、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

    「恋愛の未来予言」では、スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージであなたの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

    あなたが進むべき道を知りたい方は、ぜひお試しください!



    わせて読みたい