人生どん底からの脱出を成功させる5つの秘訣

    人生どん底日々過ごしていくうちに人は様々な壁にぶち当たることがあります。この「壁」は誰にでも訪れるもので、避けては通れない道でもあります。

    『味方は誰もいないのか』
    『自分は生きてる価値などないのではないか』

    そんなことを悶々と考えてしまうほど自分が追い詰められてしまうこともあるのです。

    そんな人生どん底とも言える精神状態とうまく向き合い、それを乗り越えていく方法をここではお伝えします。

     

    人生どん底からの脱出を成功させる5つの秘訣

     



     

    今の自分は何故こんなにも辛く苦しいのかを考えてみる


     

    急に辛くなったり、悲しくなったり、一体どうしてこんなに落ち込んでいるのか、そこには必ず原因があります。

    『仕事がうまくいかない』
    『人間関係につかれた』
    『信じていた人に裏切られた』

    人それぞれの苦悩と悲しみがあり、それは、他人には理解されないことかもしれません。自分自身でも何が原因でこんなに苦しいのか、と考えることもあるのではないでしょうか。

    しかし、そんな時こそ、冷静に自分の今の姿を分析してみてほしいのです。

    実は、心に余裕がないときほど、この作業が難しいのです。

    気持ちが落ち込んでいるとき、冷静になることは、なかなか難しいのです。ですが、ここが踏ん張りどきなのです。何故こんなに辛いのか自分自身が理解しているか、していないかで大きく変わってくるのです。

     

    あなたは一人ではないということ理解してください


     

    落ち込んでいるときほど、自分が孤独に感じるときはありません。

    誰も味方なんていない。
    誰も理解なんてしてくれない。

    そう考えてしまうのは仕方ないことなのです。

    しかし、それはずっと自分の足元を見ているようなもの。自分の足元をみてばかりいては怖くて歩き出すことなどできないのです。

    あなたは決して一人ではありません。
    孤独ではありません。

    あなたを心配して、ただ無償にあなたの幸せを願っている人があなたの周りには必ずいます。苦しい時ほど周りの愛には気付けないものです。

    ですが、少しだけでいいのです。

    その足元をみている目線を少し上にあげてください。その少しの努力であなたの視界は必ず変わってきます。

     

    自分という存在を信じてあげよう


     

    どん底にいるときは、なぜか楽しいことをする気も起きず、ご飯もいつもより味気なくなるものです。

    ずっとこれから先、暗闇を歩いていかなくてはいけない気持ちになり、いつまでも晴れることのない、心のモヤモヤと戦っていかなくてはいかないのか・・・と思い悩んでしまうかもしれません。

    しかし、あなたは自分自身の素晴らしさを見失ってはいませんか? 自分は駄目な人間だと卑下してはいませんか?

    あなたは、他の誰にも代えられない、唯一無二の存在なのです。
    あなたの代わりは他にはいないのです。
    あなたはこのどん底で終わるような人間ではないのです。

    暗く長い暗闇はいつまでも続くわけではありません。今辛く悲しい日々も、振り返って『ああ、こんなことで悩んでいたな』と笑える日は必ず来るのです。あなたはこの壁を乗り越える力を持っているのです。自分自身を蔑み卑下する必要はないのです。

    わたしは乗り越えられる。
    こんなところで立ち止まってはいけないのだ。

    と自分に言い聞かせるのです。

     

    時が解決してくれると肩の力を抜く


     

    どうしても苦しく、何を考えても自分の気持ちがマイナスに向かっているときは、一旦休むのです。悩んで考えてしまう脳を休めてあげるのです。

    人の感情というのは時間と共に落ち着く傾向があります。

    どうしても辛いときは、時間が解決してくれるさ! と、肩の力を少し抜くことが必要です。それだけで、心に少しばかりの余裕ができます。

    その少しばかりの余裕は時と共に少しずつ広がり、あなたの心をふと軽くし、今の苦しみを乗り越える力をつけてくれるのです。

     

    あなたの悩みはちっぽけでもなく、壮大でもない


     

    苦しい状況に陥ったとき

    『この世で一番苦しいのは、わたしなのではないか』
    『こんなちっぽけなことでくよくよ悩んでいる自分は、なんて情けないのだ』

    などと考えてはいないでしょうか?

    誰かの苦労と比べては絶対にいけません。

    下を見てもキリはなく、上を見てもキリはないのです。

    誰かと比べたところで、あなたの苦しみは良い方向へは向かいません。あなたの苦悩はあなただけのものなのです。人の頑張れる範囲は、人それぞれで、考え方や思考もそれぞれ違うのです。あなたは、あなたであって、他の誰でもないのです。

     

    まとめ


     

    いかがでしたでしょうか?

    人生どん底は、多かれ少なかれ誰しもが通る道です。

    そんなとき、一刻も早く気持ちを楽にする方法は、ほんの少しの自分自身の考え方次第なのです。

    どうか人生の壁にぶち当たったらこの5つのポイントをどうか思い出してください。その少しの考え方の変化で暗闇に光が差しあなたの道しるべとなってくれるでしょう。

    42歳の小太りのおばちゃんが、27歳の向井理似の公認会計士に恋をしました。

    本人さえも、叶わぬ恋だとあきらめていましたが、1ヶ月後、交際することに。

    そのきっかけは、ある人からのアドバイスでした。



    わせて読みたい