運命と宿命の違いを知って生き方について考えよう

    運命

    みなさんは『運命』について、考えたことはありますか?

    実際に起こったことに対して、これは運命だったんだ、と思ったことはあるでしょうか?

    では、『宿命』については、どうですか?

    『宿命』は、『運命』よりも、言葉に重みがありますよね。同じような言葉ですが、少しニュアンスが違っています。

    今回は、『運命』と『宿命』とは、どういうものかを考え、その違いを理解し、これからの人生での心のあり方を、一緒に探っていきましょう。

     

    運命と宿命の違いを知って生き方について考えよう

     



     

    『運命』とは?


    『運命』とは何でしょうか?

    辞書を引くと、意志にかかわりなく巡ってくるもの、めぐりあわせ、などと書かれています。また、転じて、将来のなりゆき、などの意味もあるようです。

    ここで注目したいのは、将来のなりゆき、という意味があること。

    これは、私たちの人生の将来=未来、を表す言葉とも考えられます。

    私たちは、自分の未来について、詳しく知っているわけではありません。

    人生にはいろんな選択肢があり、そのどれを選ぶかによって、未来は少しずつ変わってくるはずです。

    そう考えると、『運命』とは、自分の意志で変えられるもの、つくっていくもの、と言えます。

     

    『宿命』とは?


    では『宿命』とは何でしょうか?

    辞書を引いてみると、前世から定まっている運命、などとあります。

    前世から定まっている、つまり、生まれる前から決まっている、私たちにはどうすることもできないものである、といえます。

    これは『運命』とは違い、『宿命』は変えられないもの、と考えられます。

    『運命』と『宿命』の違い、それは、自分の意志で変えられるか変えられないかの違い、といえるでしょう。

     

    それらの違いは?


    では、自分で変えられないものとは、何でしょうか?

    それは例えば、女であること、日本人に生まれたこと、産んでくれた両親などです。これが『宿命』です。

    対して、『運命』とは、通った学校、選んだ仕事、付き合っている友人など、私たちが生まれてからずっとつくってきた人生であり、これからつくっていく未来のことでもあります。

    『宿命』は生まれる前に決まったこと、『運命』は生まれた後に決めてきたこと、という違いなのです。

     

    考えが止まるとき その1


    では、『宿命』は自分では変えられないものなのだから、『宿命』について考えることは、無駄なことでしょうか?

    現在の私たちは、平和な時代に生きていますが、もしこれが戦争中だったなら、どうしてこんな世の中に生まれてきてしまったのだろう、と思ったかもしれません。

    どうせ変えられないからと、そこで考えることを止めてしまうのは、誰にでもあることです。

    しかし、これが『宿命』なのだと思うとき、私たちは現在の状況を分析したり、考え抜いたりすることをストップして、『宿命』という言葉に責任転嫁しています。

     

    考えが止まるとき その2


    また、生まれる前から決まっていたんだから、努力しても仕方がない、何をやっても無駄なんだ、という考えは、自分の意思を価値の低いものとみなしています。

    このとき、私たちの未来に関してある、たくさんの選択肢について考えることを、放棄してしまっています。

    たとえ苦しい状況であろうと、自分のありのままの姿を受け入れ、それを踏まえて生きていくこと。言い換えれば、どんなときでも、自分の自由な意志について自覚し、行動していくことがとても大切です。

    現在の自分自身もまた、私たちが無数の選択をしてつくってきた、過去の積み重ねであり、変わり続ける『運命』の一部なのです。

     

    影響しあう『運命』


    さて、私たちは、いろいろな人に囲まれて、現在を生きています。

    そして、彼らに対して、ときどき、あの人がこうだったら、などと考えることがあります。

    ですが、私たちがつくれるのは、自分という個人の『運命』だけであって、他人の『宿命』を変えることや、『運命』をつくることはできません。

    しかし、つくることはできなくても、『運命』に影響を与えることはできます。

    お互いに影響を与えあうことができるところもまた、『運命』と『宿命』の違いなのです。

    そして、全ての出会いは、私たちが思いどおりにつくってきた『運命』の結果なのです。

     

    希望のある『運命』


    こう考えてくると、『運命』はコントロールできるのだという、ポジティブな気持ちになりませんか?

    それと同時に、『宿命』に対して、受け入れる覚悟のような、あるいは対決する決意のような気持ちが湧いてきませんか?

    不満があっても変えられない『宿命』とは違い、どんなときでも、『運命』は私たちがつくっていくものです。

    確かに、ときには、悲しいことや辛いことも起こります。また、時間や環境など、さまざまな要因から影響を受けています。

    でも、常に現状を受け入れ、考え、行動し続けていれば、それ以上の喜びや幸せが起こりえるのではないでしょうか?

    その希望を忘れてはなりません。

     

    まとめ


    いかがでしたか?

    『運命』と『宿命』では、私たちの自由な意思の関わりかたにおいて、大きな違いがあります。

    どんなときでも、自分で選んだとおりの『運命』が、この瞬間もつくられています。

    自分の素直な気持ちを、より多く反映させた『運命』を、つくっていきたいですね。

    当たりすぎてこわい!不安だらけの人生を幸せに導くには

    私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが導かれる運命も、運命の人との出逢いも、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

    「カラー波動診断」では、スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージであなたの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

    あなたが進むべき道を知りたい方は、ぜひお試しください!


    わせて読みたい