新年の目標は覚えていますか? 三日坊主の4つの撃退法

三日坊主

『三日坊主』という言葉で思い出すのは『赤ちゃん』です。

赤ちゃんは退屈したり、飽きたりすると愚図って泣き出します。抱っこして視点を変えてあげたり、おもちゃを渡して他に注意を向けたり、ジュースを飲ませてあげたり、あるいは疲れて眠くなるまでそのまま泣かせておいたり、親がいろいろ工夫してなだめたり、すかしたりして泣き止ませます。

私達の脳の源は、そこから出発しています。

社会生活の規制で自立心が芽生えてくるので自分をコントロールできるようにはなりますが、社会的規制の少ないプライベートな面では、コントロールできない赤ちゃん脳に支配されることも間々あります。その典型ともいえるのが、飽きっぽくて長続きしない『三日坊主』です。

新年の目標を立てて『三日坊主』に終わっても、社会生活は何ら影響も受けずに送っていけます。本人も『また、ダメだったか』ぐらいで忘れしまうことも多いでしょう。

でも、『どうしてもやり遂げたい』という強い目標があるならば、この自分の赤ちゃん脳を自分でなだめたり、すかしたり、だましたりしながらでないと、なかなか達成できません。その撃退法をみていきましょう。 [続きを読む…]