祝詞とは? そこには『おもてなし』の心があった!

祝詞とは

祝詞(のりと)と聞いてまず思い浮かぶのは、おそらく神社と神主さんだと思います。

地鎮祭や結婚式、ドラマや映画のヒット祈願を思い浮かべる人も多いでしょう。

では、祝詞とは実際どういったものなのでしょうか?

独特の節回しと難しい言葉から、呪文のように考える人もいるかもしれません。

今回は、祝詞への疑問、どんなものなのか、どんなときに使うのか、成り立ちなどを中心にお伝えいたします。

※ この記事では、祝詞を題材として『ことば』を表現するため、敢えて『言葉』ではなく『詞』としていますので、読みづらい部分があるかもしれませんが、ご了承くださいませ。
[続きを読む…]

アラフォー女性におすすめ!「ひふみ祝詞」を唱えて幸せになる方法

ひふみ祝詞

あなたは、今、自分の人生に心から満足していますか?

なんとなく幸せだから、これで満足しないと罰が当たりそう…なんて思って、自分の幸せや人生をあきらめていませんか?

今、それなりに幸せでも、もっともっと最高の幸せを望むことは可能ですし、それを叶えていくこともできます。

でも、そんな風に思えないときは、もしかすると、負のエネルギーに影響を受けているのかもしれません。

私たちは、怒りや悲しみなど人のマイナス感情だけでなく、否定するエネルギーに日々さらされています。

否定するエネルギーとは、「このままではいけない。」とか、「こうしなければいけない。」などといった、ありのままの自分の存在を否定するものです。

このような負のエネルギーは、意識的に解放していく必要がありますが、自分で行うのは難しく感じますし、お祓いなども信頼できる人が見つかるかわからないし、仮に見つかったとしても、時間的にも金銭的にも定期的に続けていけるか不安でしょう。

ですが、日本は言葉を大切にしてきた国ですので、誰でも唱えるだけで負のエネルギーを祓い、パッと清々しいエネルギーに変えてくれる「祝詞」というものがあります。

なかでも、日本古来からある「ひふみ祝詞」は、唱えることで負のエネルギー祓うだけでなく、本来の日本人らしい感覚を取り戻しながら、自然な形で人生をより良いものへと高めてくれます。

それでは、「ひふみ祝詞」がどのようなものなのか、どのように唱えると良いのかなどを見ていきましょう。

[続きを読む…]