【夢占い】血の夢の意味とは?診断6パターン

夢占い 血

夢を見ることは、あなたともうひとりのあなた(潜在意識)との対話です。

夢の言葉は独特であり、かつ全人類に共通するイメージが反映されています。

夢占いで、血の夢が象徴するものとはなんでしょう?

夢占いでは、血は生命の源であり、生命そのものの象徴でもあります。

血を飲む夢は、病気の回復や特効薬の登場を示します。

血を失う夢は、精神的、経済的ダメージを暗示したり、逆に経済的成功を示したりもします。

その他にも、夢占いにおける血は、自分の中から沸き起こる感情をあらわす場合もあります。

鼻血を出す夢は、誰かの噂話や誰かの好奇心の餌食になって悩まされる暗示になりますし、体のどこかが切れて血が出るかによって失うものが何なのか、解釈がさまざまに広がります。

手が切れて血が出る場合は、仕事に関するトラブルをあらわし、足が切れて血が出る場合は、あなたを支える人間関係が何かダメージを受ける暗示になったりします。

潜在意識がまだ現実にあらわれていない問題を、遠回しに出血する夢によってあなたに警告してくれている、と解釈しましょう。

服に血が着いている夢は、あなたの言動が誰かを傷つけているか、逆にあなたが誰かの言動に傷つけられている可能性を示します。

他人の血を浴びる夢は、経済的な成功や、運気の上昇を示す吉夢になるでしょう。

では具体的に、夢占いでは血の夢はあなたに何を伝えたがっているのでしょうか?

[続きを読む…]