【夢占い】花火の夢の意味とは?診断6パターン

夢占い 花火

夢を見ることは、あなたともうひとりのあなた(潜在意識)との対話です。

夢の言葉は独特であり、かつ全人類に共通するイメージが反映されています。

夢占いで、花火の夢が象徴するものとはなんでしょう?

花火を見るとどんな気持ちになるかを考えてみたら、花火が象徴するものが見えてきます。

夏の終わり、目を奪われる美しさ、壮大さ、でもすぐ消え去ってしまう儚さ、寂しさ、こどものころ食べたかき氷、線香花火、幼いころの思い出、夏休み、などが代表的なものではないでしょうか?

夢占いにおける花火は、美しいもの、儚いもの、一時的な感情、などを示し、現実としてはあまりよい意味を持ちません。

ただし、一生心に残るもの、すぐに連想する夏休みのあの解放感や昂揚感、生きていて良かったと思える様な充実感など、人生を彩る出来事も同時に象徴します。

また、打ち上げ花火と手持ち花火でも意味が違ってきます。

打ち上げ花火は、そこに至る労力や人を圧倒する迫力を示しますし、手持ち花火は、自分がコントロールできる範囲での華やかさや充実感を示します。

花火は美しいものですが、同時に、一時的なもの、すぐに消えてしまうもの、と言った儚さを宿命として持っています。だからこそ、人の記憶に残る出来事の典型です。

では、もっと具体的に、花火の夢を分析していきます。

[続きを読む…]