【5分で読める】ブッダが説く仏典ダンマパダを徹底解説!

ダンマパダ

仏教徒ではなくとも、輪廻転生涅槃(ねはん)という言葉は多くの人に知られています。

しかし、仏典を実際に読んだことがあるという人はかなり少ないのではないでしょうか。

仏典には、ブッダの教えが説かれています。

それも、難しい内容ではなく、日常生活で至らない点の反省を促し、よりよい人生を送るための指針となるような教えです。

もし「今の人生に疲れた・・・」と感じている人がいたとしたら、ぜひ読んでいただきたい1冊といえるでしょう。

ダンマパダは、中村元氏によって親しみやすい表現で訳されており、『ブッダの真理のことば 感興のことば』というタイトルで書籍が発売されています。

後代の解釈として多くの注釈がついているので、仏教初心者でも理解しやすい内容になっています。

中でも注目して頂きたいのが『苦しみ』と『恨み』についての章です。

『苦しみ』と『恨み』は、人間が抱く感情の中でもマイナスのエネルギーをともなうもの。

それら負の感情を消化する術を知らずに過ごすのは、辛いものです。

ダンマパダでは、心の持ちようによって、それらの苦しみを克服できると説かれています。

人間界に生まれたからには、魂の修行のために色々な辛い経験もしなければなりません。

こと生、老、病、死における人間の恐怖は、計りしれないものがあります。

[続きを読む…]

鈍感な女性に教える4つのダメ男の見極め方

鈍感な女性

好きな人と恋人同士になれると嬉しいものですよね。

しかし、最初は相手への好きという気持ちによって、相手の嫌な部分が見えていなくても、時間が経つことで自分の思っていた相手とは違うなんてこともあります。

ただの勘違いで済む程度ならばいいのですが、ダメ男だとわかっていても別れられなくなってしまったり、別れても相手がストーカーになってしまうなどする場合もあります。

ダメ男に引っ掛からないようにするためには、日頃から観察眼を磨くことが大切です。観察眼にあまり自信がなかったり、そうしたことに鈍感な女性でも以下のポイントに注意することでダメ男に引っ掛かる確率を下げることが出来ます。

今回は、ダメ男の見極め方についてお話します。 [続きを読む…]

そうだったのか!? 天上天下唯我独尊から学ぶ4つの真理

天上天下唯我独尊

私たちの生活の中に深く根付いた仏教、そこから生まれた言葉は数多くあり、日常何気なく使っているものもたくさんあります。その中でも特に有名なもののひとつに、仏教の開祖仏陀(以下ブッダと表します)が言ったといわれている『天上天下唯我独尊』があります。

この言葉は現在『自分がこの世で一番偉い』という意味合いにとられ、傍若無人に振舞う若者などが服に刺繍しているという印象が強いのですが、一切の衆生を救うとしたブッダが本当にこのような傲慢な意味で言ったのでしょうか。

仏教には大乗仏教や上座部仏教などがあり、そこからまた様々な宗派に分かれています。そしてその数だけブッダの言葉も解釈があるのです。

今回は大乗仏教の観点からみた『天上天下唯我独尊』のお話をしたいと思います。 [続きを読む…]

無財の七施を行い、自分も周りも幸せにする7つの方法

無財の七施
仏教の教えは、実践して初めて奥深い真理を体得することが出来ます。この実践を『行(ぎょう)』と云います。

行と云えば、とかく難行、苦行を連想しがちですが、決してそればかりではありません。ここでご紹介する『無財の七施(むざいのしちせ)』は、私たちが日常生活において誰にでも実践できる仏道修行です。

人々が人間形成に努めて安らぎの境地に至る道として『六波羅蜜の行(ろくはらみつぎょう)』があります。その中の一番が『布施』です。

『無財の七施』は『雑宝蔵経(ぞうほうぞうきょう)』の中で布施について説かれているものです。布施というと、金品を施す『財施』ばかりを考えがちです。

しかし、金品を施すばかりが布施ではありません。『無財の七施』は誰にでも出来る布施としてしばしば紹介されています。

私たちの日常生活においては、お金がなくても物がなくても、周りの人々に喜びを与えていく方法があることを説いたのが『無財の七施』です。

このような身近な奉仕を実践することによって、自己を磨き人々の心を和ませることが出来るのです。 [続きを読む…]