【夢占い】火の夢の意味とは?診断5パターン

夢占い 火

夢を見ることは、あなたともうひとりのあなた(潜在意識)との対話です。

夢の言葉は独特であり、かつ全人類に共通するイメージが反映されています。

夢占いで、火の夢が象徴するものとはなんでしょう?

火は、人々を温めるものであり、料理をするときにも欠かせないものです。

太古の昔から人々は炎を囲み、共同体や家族の集まる場所の中心に置かれていました、

炎は豊かさの象徴であり、また周囲を燃やし尽くす武器にもなります。

情熱の炎、火消しに追われる、火の車、対岸の火事など、火にまつわる慣用句も数多くあることからも、それだけ人々が『火』に対していろんなイメージを抱き、自分の内面を見たり、将来起きることを予見していたのでしょう。

火は人類の発展と共にあり、火の力を自分のものにすることで私たちは豊かに、そして、強く、あるいは、恐怖に直面したりします。

火のある場所には、必ず人間の感情があり、目的があります。そして、その感情は好ましいものからネガティブなものまで千差万別です。

夢占いにおける火は、非常な吉運を示す場合と真っ逆さまに落ち込むようなトラブルを象徴する場合とあり、解釈が両極端になりがちです。

火の夢は、火の勢いや色、燃え方、何が燃えていたか、そのときあなたがどうしていたかを細かく見ることによって、とても詳しい未来の予見が得られます。

あなたの夢に訪れた火は、あなたに何を伝えたがっているのでしょうか?

[続きを読む…]