HSPかも? 5分でわかる感性が豊かな人のコントロール方法

感性が豊か

人はみな異なる性質を持っていて、自分が思うことと相手が思うことは決して同じではありません。

表現力があって人の気持ちに敏感な人は、感性が豊かな人かもしれません。

感性とは、「感覚に伴う感情や衝動のこと」を言います。

感性が豊かな人は感情表現がわかりやすく、音楽や芸術などへの造詣も深く、趣(おもむき)や余韻(よいん)といったものを大切にします。

ただ、人が気づかないような小さなことにも感動を見つける一方で、感性が豊かなあまり少々の生きづらさもあるようです。

感性が豊かな人にとっては、ひとつひとつの体験が大きいため、疲れやすいのです。

また、言葉を大切にしていますから、他人の何気ない言葉に傷つきやすく、深読みしてしまうこともあります。

想像力も豊かであるため、色々な状況を想定してあれこれと考えてしまい、取り越し苦労をすることも多いようです。

そんな自分に対して、もっと無頓着になりたいと思うこともあるのではないでしょうか?

一方、感性が薄い人は、他人への共感力が低いため、衝突が起きやすい特徴を持っています。

感性が豊か過ぎても、薄すぎても、悩みはあるでしょう。

感性は生まれ持った性質でもありますから、意図的になくすことはできません。

しかし、コントロールをすることは可能です。

感性が豊かな人は少し感性を下げて、感性が薄い人は少し感性を上げてみましょう。

そうすれば、自分にとってより快適な感情を生み出すことができます。

今回はその方法をご紹介していきます。
[続きを読む…]