千と千尋の神隠しに見る八百万の神とは

八百万の神
困った時、叶えたい願いがある時、神様にお願いした経験、ありますよね?

しかし、「願い事をしたのは、どの神様ですか? 」と聞かれて、日本人で答えられる人はそう多くありません。

クリスチャンに神の名を問えば、もちろん「イエス・キリスト」だと答えるでしょうし、イスラム教徒に問えば「アラー」だと即答するでしょうが、日本人は答えられない人の方が多いです。

神の名を答えられない日本人には「信仰心」がないのでしょうか?

そんなことはありません。

日本人には、生まれたときから自然崇拝の心が根付いています。

日本人は食事をする時に「いただきます」「ごちそうさまでした」と言います。

これは、神が与えた命をもらって次へ繋げる命のリレーに敬意を払い、感謝の気持ちをあらわした言葉です。

日本人が神の名を答えられない理由、それは「自然崇拝」にルーツがあり、私たちの思う「神様」は、すなわち「八百万の神」です。

森羅万象に神が宿るとの考えから、特定の神の偶像を持たないだけなのです。

人気アニメ「千と千尋の神隠し」には、八百万の神々が日々の疲れを癒すために湯屋を訪れる描写があります。

それぞれの神様に名前はありますが、それはあまり重要視されていません。

「八百万」とされる通り、数え切れないほど神様が存在するからです。

作中でも姿形の異なる神々が方々から集まってきています。

今回は、普段私たちが意識せずに願っている八百万の神とはどんな神様なのか、掘り下げてみていきます。

[続きを読む…]