【5分で読める】ブッダが説く仏典ダンマパダを徹底解説!

ダンマパダ

仏教徒ではなくとも、輪廻転生涅槃(ねはん)という言葉は多くの人に知られています。

しかし、仏典を実際に読んだことがあるという人はかなり少ないのではないでしょうか。

仏典には、ブッダの教えが説かれています。

それも、難しい内容ではなく、日常生活で至らない点の反省を促し、よりよい人生を送るための指針となるような教えです。

もし「今の人生に疲れた・・・」と感じている人がいたとしたら、ぜひ読んでいただきたい1冊といえるでしょう。

ダンマパダは、中村元氏によって親しみやすい表現で訳されており、『ブッダの真理のことば 感興のことば』というタイトルで書籍が発売されています。

後代の解釈として多くの注釈がついているので、仏教初心者でも理解しやすい内容になっています。

中でも注目して頂きたいのが『苦しみ』と『恨み』についての章です。

『苦しみ』と『恨み』は、人間が抱く感情の中でもマイナスのエネルギーをともなうもの。

それら負の感情を消化する術を知らずに過ごすのは、辛いものです。

ダンマパダでは、心の持ちようによって、それらの苦しみを克服できると説かれています。

人間界に生まれたからには、魂の修行のために色々な辛い経験もしなければなりません。

こと生、老、病、死における人間の恐怖は、計りしれないものがあります。

[続きを読む…]

チベット仏教の教えがわかる5つのポイントとチベットの現状

チベット 仏教 教え

チベットに伝わるチベット仏教を知っていますか?

インドより伝承された仏教は、チベットで大きく発展し、高度で充実した中身に高い価値があると世界各地で関心が高まっています。

しかしながら、チベットは現在中国の統治下にあり、チベット人は現在も難民となることを余儀なくされています。

チベット仏教の教えを理解するためには、チベット人の考え方やこうした歴史的背景も理解する必要があります。

それは、チベットは宗教国であると言われるほど、チベット人と宗教は切っても切れないものとなっているからです。

50年に渡る亡命生活をもってしてもアイデンティティーを持ち続けるチベット人は、チベット仏教の教えを体言していると言っても過言ではないでしょう。

チベット仏教とは何かを5つのポイントにまとめ、チベットの現状を折りませながらお話したいと思います。

[続きを読む…]

これぞ、神の力! 仏教に伝わる6つの神通力

神通力

神通力には、6つの種類があることをご存知でしょうか?

神通力とは、“じんつうりき”とも“じんずうりき”とも読みますが、仏教において、お釈迦様をはじめとした仏様が持つといわれている力のことです。

神通力には、生まれながらに持っているものや、禅定という、瞑想して真理を悟る修行をすることで得られるものなどがあります。

なかでも、六神通(ろくじんづう)と呼ばれる6つの能力は、人智をこえる、超人的な能力です。
[続きを読む…]

輪廻転生という意味がわからなかったので、調べてみました。

輪廻転生 意味

転生とは、死後に別の存在として生まれ変わること。

輪廻とは、人が何度も転生し、また動物なども含めた生類に生まれ変わること、また、そう考える思想のこと。

ヒンドゥー教や仏教などインド哲学・東洋思想なのですが、この『輪廻』と『転生』は区別しておらず『輪廻転生』。つまり、死んであの世に還った霊魂(魂)が、この世に何度も生まれ変わってくることを言うそうです。

では、どうして何度も生まれ変わってくるのか?

というところまで調べてみると、その根源には『魂の成長の為』というのがあるそうです。 [続きを読む…]

【大特集】輪廻転生って、本当にあるの? 輪廻転生に関する3つのこと

輪廻転生

『あなたは英国の貴族ね』と、以前スピリチュアルな話が大好きな友人に言われたことがあります。深い意味は全くないとは思いますが、その時はなんだか上品な気分になり嬉しかったことを覚えています。

皆さんは輪廻転生についてどう思いますか? [続きを読む…]