【夢占い】デートの夢の意味とは?診断6パターン

夢占い デート

夢を見ることは、あなたともうひとりのあなた(潜在意識)との対話です。

夢の言葉は独特であり、かつ全人類に共通するイメージが反映されています。

夢占いで、デートが象徴するものとはなんでしょう?

恋人初期段階のころは、デートをして意外な面を見つけたりしながら、同じ時間を過ごすことでより親密になっていきますよね。

お互いを深く知り、関係を深めていくために外せない過程が『デート』です。

スケジューリングして時間を共有する、気持ちを共有する、相手の新しい面を発見する、互いに思いやるなど、実は、異性との関係に限らず、人間関係全般に置いて必要な手続きはすべて『デートをする』ことの中に凝縮されています。

デートをする夢占いでは、あなたが持っている上で述べたような人間関係のスキルをどのくらい持っているかどうか、恋愛運や、恋人が出来たときうまく関係を深めることができるのかを知ることができます。

異性との関係に限らず、あなたが周囲に対してどういう気持ちで接しているかは当然として、周囲からどのように見られ、どういう位置づけになっているかもデートの夢占いで知ることができます。むしろ、恋愛運よりも人間関係一般を示すことのほうが多いくらいです。

デートは楽しいものですが、基本一対一で向き合うので誤魔化しが効きません。

ときに気持ちがすれ違ったり、ふとした沈黙が不安になったり、どうしていいかわからないハプニングに見舞われます。その際に、意外な一面が見えたりしますが、それを乗り越ると、また新しい関係が見えてきます。

デートの夢は、あなたに何を伝えたがっているのでしょうか?

[続きを読む…]

男友達からのデートの誘いを角を立てずに断る方法

男友達、デートあなたは、なんとも思っていない男友達から、急にデートに誘われて困ったことはありませんか?

クラスメイトやサークル仲間、同僚など、これからもお付き合いしていかなくてはならない相手だと、断り方も慎重に選ばなくてはなりません。

相手の方を傷つけず、スマートにお断りしてあなた自身にも負担がかからないようにしたいものです。

そこで、今日は男友達からのデートを角を立てずに断る方法をお伝えします。 [続きを読む…]

あの頃のトキメキを!夫婦デートを盛り上げる4つのアドバイス

夫婦 デート

恋人時代のデートは、デート当日を向かえるまでに、わくわくした気持ちが大きく膨らみ、楽しみな半面、上手くいくかどうか不安に思えたりもするものです。しかし、その不安さえも、スパイスとなり、デートでの喜びを大きくする事もしばしばあります。

ですが、二人の関係性が恋人から夫婦に変わると、デートで感じる感覚も異なることが多くなります。

例えば、恋人時代と同じようなデートコースを選んだとしても、『ときめき』を感じられなくなったりします。

夫婦になれば、恋人時代よりも二人で過ごす時間が増えますから、二人でいることが当たり前に思えてしまったり、お互いの嫌な面も知ってしまったことで、純粋にときめくことが難しくなるのです。

それでは、夫婦になってもデートで『ときめく』ためにはどのような工夫をしたらいいのでしょうか?

今回は、夫婦デートを盛り上げるための工夫についてお話します。 [続きを読む…]

彼氏が会いたいと思う女性の5つの共通点から学ぶコト

彼氏 会いたい

デートの帰り道なのに、次の約束をしてくれない。

大好きな彼氏からのお誘いがなかなか無い、こちらから誘うのも・・・。

こんな悩みから、あなたも、おさらばしませんか?

そんなコトでやきもきしたり、ぐずぐず落ち込んでいる時間はありません。『会いたい! 』と思われる女性になればいいだけなのです。

恋愛ウンヌンの難しい駆け引きや、テクニックは必要ありませんし、知っておくだけで、彼氏との距離もうんと縮まります。その上、会いたいと誘ってくれる回数も倍増すること間違いなしです。全てはあなた次第です。

しかも、なんと、彼氏がいない方にも必見で、知っておきたいNG言動、魅力をアップさせるモテる秘訣もお伝えします。

男性が誘いたくなる、会いたくなる女性とは?? [続きを読む…]

脈ありサインを見逃すな!! 男心の達人になる4ステップ

脈ありサイン 男

職場に気になる男性がいる。同じクラスに気になる男性がいる。そんな彼の脈ありサイン、知りたくありませんか?

男心というのは女性が考えているより、はるかに『単純』です。男性の脈ありサインは、わかりやすいものが多く、相手が自分に好意を持っているのか比較的判断しやすいです。

しかし、自分が気になっている男性に限ってこれはどうなの? と勘ぐってしまうことも多いことでしょう。

そこで、男性が出す脈ありサインを事前に学び、相手との関係をより親密なものにしていきましょう。 [続きを読む…]