ストレスからくる吐き気を軽減するためにできるコト7つ

    ストレス 吐き気

    吐き気の原因はさまざまあります。

    中でも、ストレスからくる吐き気は、抜本的解決法が見つからず、苦しい思いを繰り返す人も多いでしょう。

    現在の社会で、ストレスをなくすことは不可能に近いです。

    しかし、ストレスを軽くすることで、吐き気も軽減する、『うまく付き合っていく』ことは可能なのです。今回は、その方法をご紹介しましょう。

     

    ストレスからくる吐き気を軽減するためにできるコト7つ

     



     

    背筋を伸ばす


     

    まずは体の状態から確認しましょう。

    お腹に負担がかかっていませんか?

    猫背気味の姿勢が続くと、腹部が圧迫され、吐き気が増幅されやすくなります。普段から背筋を伸ばしておくと、呼吸の流れが円滑に行われ、吐き気を引き起こす肉体的な要因を減らすことができます。

    ポイントは、無理をしないことです。

    背筋を伸ばすことを頑張りすぎると、体が緊張して逆効果になってしまいますので、気が付いた時にスッと伸ばしてみることから始めてみましょう。

     

    口呼吸、浅い呼吸をやめる


     

    今度は呼吸の流れに意識を向けてみます。

    普段、あなたは『口呼吸』をしていますか? それとも『鼻呼吸』ですか?

    吐き気が気になる人は、なるべく『鼻呼吸』を心がけると良いでしょう。

    口呼吸を続けていると、呼吸自体が浅くなって、空気の出入りのバランスが崩れてしまいます。特に、鼻で吸うことを意識し、長めに吐くことを心がけましょう。自律神経の調子が整っていきます。

     

    薬指のツボを刺激する


     

    吐き気の軽減に効果をもたらすツボが、薬指に存在します。

    薬指の爪の生え際、小指側の部分が『関衝』と呼ばれるツボです。反対側の親指と人差し指で、薬指をはさみ、深呼吸をしながら圧を加えてみましょう。

    ・ 圧を加えて5秒息を吐く
    ・ 圧を継続したまま7秒息を吸う
    ・ 圧を緩めながら息を長めに吐ききる

    右と左、どちらでも構いません。自分の体が楽に反応する方を選びましょう。外出先で突然の吐き気に襲われた時などに、役立ちます。

     

    リラックススポットを見つける


     

    ストレスによる吐き気は、外出先で起こることが多いです。

    さらに、吐き気との付き合いで苦労するのは、外出先での周囲の目です。

    周りの迷惑になるかも知れない、という思考が働くと、余計にストレスがかかり、悪循環になってしまいます。

    二次的なストレスを回避するには、周囲の目を遮断し、リラックスできる場所を見つけておくことです。

    例えば、

    ・ 会社のトイレ
    ・ 休憩スペース ・学校の保健室
    ・ 駅のベンチ

    落ち着くと感じる場所なら、どこでも構いません。

    住んでいる街や、職場の周辺で、リラックススポットの目星を付けておくと、いざという時でも安心です。

     

    直前に考えていたことは『考えなくていいこと』


     

    吐き気は体からの訴えです。

    例えば、仕事について考えていて吐き気が起こった場合は、『仕事のことは考えなくていい』と判断して構いません。もし余裕があれば、『何が』ストレスになっているのかを特定してから、考えをやめてみましょう。

    ・ 小さなミスを放置したまま、プロジェクトを進めていくことが不安
    ・ メンバーの気持ちをうまくまとめられない自分に、責任を感じる
    ・ 取引先が、話をきちんと聞いてくれないことで、怒りがたまっている

    『不安』がストレスになっている場合は、『もし◯◯になったら取り返しがつかない』 などの考えが、パターンとなって表れます。

    この考え自体に問題はありませんが、吐き気が起こった時点で、不安のレベルが振りきれてしまったのだと判断しましょう。

    『自責』や『怒り』についても同じです。

    吐き気が起こったら、これ以上自分を責める必要はない、これ以上怒る必要はない、と判断します。体を壊してまで、問題と向き合う必要はありません。

     

    自分の休め方を知る


     

    吐き気の根本を特定できたら、日頃の休み方もわかります。状態によって対処法は異なります。

    例えば、

    ・ 不安感が強い → 心身ともに休める温泉、足湯、十分な睡眠
    ・ 自己否定感が強い → 自分にご褒美、一人で散歩、ひなたぼっこ
    ・ 怒りが強い → スポーツ観戦、旅行、遊園地

    ポイントは、『無理をしていないか』を常に意識することです。

    自己否定型の人が大勢の友人と遊園地に行くと、逆効果になる可能性があり、怒り型の人が一人でいると、イライラする事柄を考え続けてしまう傾向があります。

    『休む』というのは、自分が楽になり、楽しいと思うことをするという意味です。散歩も遊園地も、『休む』うちに入ります。

     

    良くならなければお医者さんへ


     

    吐き気は、体が発している警告でもあります。

    本来ならば、医者に診察してもらって治療するものですから、今までお伝えした対処法が効かない場合は、無理をせず、医療機関に相談しましょう。

     

    まとめ


     

    いかがでしたか?

    ストレスによる吐き気は、すぐに治せるものではないため、気持ちが塞ぎがちです。

    しかし、体が『自分を大事にしようね』と教えてくれているサインでもあります。

    その声に耳を傾けて、自分を慈しむことを忘れなければ、だんだんと楽になっていくはずです。

    たった2分で運命を変える方法とは?

    あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『話題のカード占術 マナ・タロット』をご存知ですか?

    自分の本質を知ることで2017年に起こる運命が驚くほど好転します。

    いい人に出会えるか、気になるあの人との近い未来の行く末など、あなたの運命を知ることができますよ。

    プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員初回無料で体験できちゃうんです^^

    運命を知りたい・変えたい方、今なら『全員初回無料』で体験できます!
    42歳の小太りのおばちゃんが、27歳の向井理似の公認会計士に恋をしました。

    本人さえも、叶わぬ恋だとあきらめていましたが、1ヶ月後、交際することに。

    そのきっかけは・・・ある人からのアドバイスでした。



    わせて読みたい