人付き合いが面倒くさいを克服する4つのコツ

    人付き合い 面倒

    あなたは『面倒くさがり屋』ですか?

    気が付くと『面倒くさい』という言葉を頻繁に使っている人は、『やらなきゃいけない』ことをたくさん抱えているのかも知れません。

    特に『人付き合い』に対して『面倒くさいなぁ』と感じる人が多いのは、『人付き合い』が『やるべきこと』を最も気にしなくてはならない場所だからです。

    今回は、その『面倒くさい』という気持ちを乗り越える方法をご紹介します。

     

    人付き合いが面倒くさいを克服する4つのコツ

     



     

    ルーティンワークの時間を測る


     

    『人付き合い』と『ルーティンワーク』は、一見何の関連もないように見えます。

    しかし、『突発的なもの』と『固定されているもの』という見方をしてみると、密接に関係していることがわかります。

    例えば、

    ・突然、大事なお客様が家に来ることになった
    ・仕事絡みの人と付き合いで食事に行くことになった
    ・かしこまった席への招待状が来た

    このようなことは日常茶飯事ですが、予定が発生した瞬間、以下のように考えてしまうことがあります。

    ・ 失礼のないよう、部屋を綺麗にしておかないと
    ・ 仕事が残っているのが気になるが、付き合いなので行かなければ
    ・ 服装や持ち物に気を配らなければ

    こんな風に考え始めると、途端に『面倒くさい』という気持ちが湧いてきます。

    そこで、ルーティンワークにかかる時間を把握しておくと、予定の準備に対する『面倒くささ』を和らげることができるのです。

    ここで言うルーティンワークとは、普段、何度も行なっている行動を言います。

    ・ 食事の準備
    ・ 掃除
    ・ 着替え
    ・ 通勤、通学
    ・ 毎日必ず行う仕事
    ・ 風呂

    これらの時間が正確にわかれば、もし例のような予定が発生しても、

    ・ 掃除は15分でできるから、すぐ終わる
    ・ あの仕事が入っているが、2時間あれば目処がつく
    ・ 普段の着替えは10分でできるから、多めに設定して20分もあれば大丈夫

    具体的な数字で予定を捉えることで、『面倒くさい』という気持ちを和らげることができます。

    人と会う前に『歯みがきが面倒』、『髪を乾かすのが面倒』と思った時も、具体的な時間を思い出せば、その時間だけの我慢だ、と考えられるでしょう。

     

    日程の調整は遠慮せず提示する


     

    人と会う約束をする際、『面倒くさい』と思うポイントとして『日程の調整』が挙げられます。

    自分の予定表を凝視しては、謝りながら他の日程を提示したり、繰り返し変更することもあるでしょう。

    この場合、なかなか都合が付かなくて申し訳ない、という気分に陥り、『面倒くさい』という気持ちもどんどん増していきます。

    そこで、確実に空いている日程は、必ず自分から提示するように心がけましょう。

    相手に合わせる、という姿勢は歓迎されますが、後に待ち構えている『面倒くささ』を回避するなら、なるべく自分のスケジュールを提示し、都合がつかなければ別の機会に、というぐらいの気持ちで臨む方が、精神的な負荷はかかりません。

    また最近では、インターネット上で自分の空いている日付や時間帯を、カレンダー形式で伝えられるツールが普及しているので、うまく活用し工夫することで、日程調整にまとわりつく『面倒くささ』を和らげることができます。

     

    人からどう思われているかを気にしない


     

    『人と会うこと』そのものが『面倒くさい』と思ってしまう背景には、以下のような理由が潜んでいます。

    ・ 自分の振る舞いが、周りからどう見られているか気になる
    ・ 話した内容で相手を傷つけていないか、退屈させていないか気になる

    これらの『気にしすぎ』によって、精神的に疲れる経験を繰り返してしまい、『面倒くさい』という感情ができあがっている可能性があるのです。

    気にしすぎてしまう人に、『気にするな』という言葉は逆効果です。

    このような場合は、目の前の事柄に集中する方法を採りましょう。

    例えば、

    ・ パーティは緊張するが、料理がとても美味しい、隠し味はなんだろう
    ・ 今話した内容で相手が沈黙した、この話はやめて別の話にしよう
    ・ 向かいの席の人が楽しそうではない、隣の人はとても楽しそうだな

    つまり、何か気になることが発生しても、自分の感情にフィードバックしないように心がけます。

    『自分のせいだ』『自分が解決しなければ』という考えに傾きそうになったら、『暑い』『寒い』『静か』『騒がしい』などの身体感覚に意識を向けましょう。

    すると周りがよく見えるようになり、適切な振る舞い方ができるようになるため、『面倒くさい』が少しずつ減っていきます。

     

    報酬、ご褒美を設定する


     

    『面倒くさい』を乗り越えた先に嬉しいことが待っていると、人は驚くほどやる気を持つことができます。

    嬉しい感情の回数を増やすことで、『面倒くさい』と感じる回数を減らし、判断基準を徐々に変えていきましょう。

    ・ 立食パーティで3人と話ができたら、帰りにケーキを買う
    ・ お客様が帰ったら、映画のDVDを好きなだけ観る
    ・ 取引先との会合が終わったら、ずっと行こうと思っていた店に行く

    日頃から、ご褒美になることをリストアップしておき、『面倒くささ』が発生したらリストを確認します。

    今回はこれがご褒美だ、と決めることで、意識の対象を『面倒くささ』から『ご褒美』に移してしまいましょう。

     

    まとめ


     

    いかがでしたか?

    人はなるべく『義務』を背負いたくないものです。

    それでも発生してしまう『義務』に、うまく工夫を凝らしてみると、人生で何度も遭遇する『面倒くささ』との付き合い方がわかってきます。

    面倒くささを減らすことで、人付き合い本来の楽しさを味わえるよう、少しずつ実践していきましょう。

    当たりすぎてこわい!不安だらけの人生を幸せに導くには

    私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが導かれる運命も、運命の人との出逢いも、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。


    「スピリチュアルの扉」では、スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージであなたの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

    あなたが進むべき道を知りたい方は、ぜひお試しください!


    わせて読みたい