もっと自分を出したい! 引っ込み思案を改善する4つの方法

    引っ込み思案

    子どもの頃には人見知りをしてしまい、知らない人の前だと緊張して何も話せなくなるような子でも、成長過程で様々な経験をしていくうちに人見知りが治ることもよくあります。

    ですが、大人になっても、内向的な性格や緊張しやすい性格によって、引っ込み思案が続く場合もあります。

    引っ込み思案だと、大勢で話す時になかなか会話の中に入れなかったり、会話に入れないことによって疎外感を覚えたりすることもあります。

    また、他の人から「自分の意思がない人」や「無愛想な人」と思われてしまうこともあります。

    それでは、どうすれば引っ込み思案を改善することができるのでしょうか?

    そこで今回は、引っ込み思案を改善する方法についてお話ししたいと思います。

     

    もっと自分を出したい! 引っ込み思案を改善する4つの方法

     



     

    自分の意見がなければ発言しにくい!自分の意見を持つようにしよう


     

    会社での会議でも、中のいい友達との会話でも、話をしていると意見を求められる場合が多くあります。

    こうした時に他の人と異なる意見を述べると、その場の空気が壊れたり、批判されたりすることもありますが、何も意見を言わずにいると「何も考えていない人」だと思われてしまうこともあります。

    『協調することが求められすぎている』今の時代には、周囲と合わせることが楽だと考える人も多いかもしれません。しかし、自分なりの考えを持っていないと困る場面だってあるのです。

    ですから、引っ込み思案を改善するために、まずは『自分の意見を持つ』ようにしましょう。

    テレビでニュースを見た時、ただ見流すのもいいかもしれませんが、そのニュースに対する感想を自分なりに考えてみたりするのも、自分の意見を持ちやすくなるための練習として効果的です。

     

    ちょっとした質問をすることで引っ込み思案を改善!


     

    会話の最中に、自分も会話に混ざりたくて発言するタイミングをうかがっていても、なかなかタイミングを見つけられなかったり、なんと発言したらいいのか困ってしまって、引っ込み思案になってしまうこともあるでしょう。

    会話を発展させるためには、質問することが効果的です。

    ですから、気になったことをすぐに質問できるように習慣づけることが、引っ込み思案の改善に役立ちます。

    例えば、レストランに行った時に名前だけではどんな料理なのか判断しづらい料理があったとします。

    この時、どんな料理なのかわからないからと注文することを避けるのではなく、店員さんに「これはどんな料理ですか?」と聞いてみましょう。店員さんは接客が仕事ですから、質問に丁寧に答えてくれます。

    こうした質問の練習は日常生活の中でも行いやすいので、引っ込み思案の改善として行うといいでしょう。

     

    引っ込み思案は改善できる!親しい人との会話で練習しよう


     

    大勢と話したり、知らない人と話すのが苦手でも、だれでも家族や親しい友人など話しやすい人はいます。そうした人々と話す時には、肩の力を抜いて自然に会話ができているはずです。

    大勢での会話や、知らない人との会話が苦手で引っ込み思案になってしまう人の場合は、会話という行為への苦手意識を薄めることが効果的です。そのためには、積極的に親しい人と会話をするようにしましょう。

    親しい人が相手ならばリラックスをして会話ができますし、心を楽にしたままの会話を重ねているうちに、会話に対する苦手意識は薄くなります。それができるようになると、大勢の人や知らない人と会話をする時にも緊張感が小さくなります。

     

    聞き上手になれば話し上手にもなれる


     

    引っ込み思案だと、なかなか会話に参加できず、会話に参加しているというよりも会話が行われている場にいるだけという状態になってしまうこともあります。

    人の話を聞くというのは大切なことではありますが、黙って聞いているだけだと

    「本当にちゃんと聞いているのか」
    「実は話を聞いていないのではないのか」

    と思われてしまうこともあります。

    自分から発言することが難しくても、黙ったまま話を聞き続けるのは、マイナスになってしまいます。そこで、引っ込み思案の改善策としておすすめなのが、『聞き上手』を目指すことです。

    話を聞くだけだとしても、黙って聞くのではなく、「うんうん」「それで?」など声に出す相槌をするようにすると、ちゃんと話を聞いていることが相手にも伝わります。

    そして、これを続けていくうちに、単調な相槌ではなく、「それで、その後はどうなったの?」などさらに会話を発展させることができる相槌を打てるようになり、発言もしやすくなります。

     

    まとめ


     

    いかがでしたでしょうか?

    引っ込み思案は、質問をするように心がけたり、親しい人とのコミュニケーションで練習を積み重ねることによって改善できます。

    また、質問をすることに慣れれば、会話の中でも発言できるようになるのに加えて聞き上手にもなれます。

    あなたの人生の転機・宿命知りたくないですか?

    あなたの宿命や人生の転機は生年月日と血液型から分かります。

    当たると評判の占い「神言鑑定」では、あなたの運命を良い方向へ導いてくれます。あなたに最適な鑑定結果をアドバイスしてくれます。

    スピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージが、あなたの運命を劇的に変えてくれるかもしれませんよ。

    運命を知りたい・変えたい方は、特別企画『初回無料鑑定』で体験してみて下さい!


    わせて読みたい