オススメします! 喧嘩した相手と仲直りする方法3つ

    仲直りする方法

    仲の良い友人、恋人とは、いつまでも楽しく過ごしたいですよね。

    しかし、時には喧嘩をすることもあるでしょう。

    そういう時、あなたはどうやって仲直りをしますか?

    喧嘩をするたび、仲直りする方法を必死に考えては悩んでばかりだったり、なかなかうまく仲直りできず、そのまま喧嘩別れになってしまった人もいるかも知れません。

    今回は、そんな最悪の状況を迎える前に、スムーズに喧嘩を終わらせ、円満に仲直りをする方法をご紹介しましょう。

     

    オススメします! 喧嘩した相手と仲直りする方法3つ

     



     

    先に謝る


     

    誰もがわかっていることですが、仲直りするには『謝る』ことが一番です。

    しかし、この『謝る』という行為は、なかなか簡単にはいきませんよね。

    子どもにしろ大人にしろ、『謝る』=『負ける』というイメージが無意識のうちに成立してしまっているのが原因です。

    ・ 謝ってしまったら、自分の意見を曲げたことになってしまう
    ・ 謝ってしまったら、相手の意見を全部受け入れたことになってしまう
    ・ 謝るなんて情けない
    ・ 向こうから先に謝って欲しい

    このような考えが浮かぶことで、仲直りをしたい気持ちはあっても、先延ばしになってしまうのです。

    ここで、もし相手が先に謝ってくれた場合を想像してみましょう。

    相手が少し寛容な態度を見せてくれたことで、あなたは『自分も少し言い過ぎた』と反省するはずです。

    こちらも仲直りをする方法をずっと模索していたとしたら、なおさら反省は深くなっていきます。

    意見を無理に通そうという気持ちも、喧嘩した時ほど大きくはないはずです。あなたが先に謝っても、それは同じです。

    『謝る』ことは『負ける』ことではありません。

    一番恐れることは、『負ける』ことではなく、大事な友人や恋人との関係が『壊れる』ことです。

    相手の行動を待つよりも、早めに謝るよう心がけましょう。

     

    伝える言葉を絞る


     

    謝ればいいとわかっていても、なかなか謝る気持ちにならないという方もいるでしょう。

    喧嘩は、互いに意地の張り合いになってしまっている場合が多いです。

    もともとの主張から離れ、気持ちを傷付け合ってしまうのが問題と言えます。

    まずは状況を整理しましょう。

    自分の感情や相手の態度などを振り返ることで、ピリピリした空気、不機嫌な表情など、余計な情報を削ぎ落とします。対面した際、相手に苦痛を与えずに済むので、話に耳を傾けてくれるようになります。

    例えば、友人が、待ち合わせ時間に30分遅れた場合を考えてみましょう。

    ・ 友人と連絡が取れない
    ・ 30分後、友人が到着
    ・ 遅れてきたのに反省の色が見えなかった
    ・ 謝罪を要求したら謝ってくれたが、不機嫌になった
    ・ 怒っているのはこっちだと指摘した
    ・ そんな言い方をしなくてもいいじゃないか、と相手が怒った

    このような状況は少なくないでしょう。それではまず、自分が何に対して怒っているのかを冷静に分析します。

    ・ 遅れた上に、連絡もないことが許せない
    ・ 楽しみにしていたのに、ないがしろにされた気分だ
    ・ 反省しないことが信じられない
    ・ 相手が不機嫌になるなんておかしい

    次に、相手の立場を想像しながら、別の見方ができないか考えてみましょう。

    ・ 仕事の関係で、やむを得ず遅れてしまったのかも知れない
    ・ 携帯電話の充電が切れてしまったのかも知れない
    ・ 相手は相手なりに反省していたのかも知れない
    ・ 謝罪をしたのに自分が怒っているから、相手も不機嫌になったのかも知れない

    ここまで整理できれば十分です。少しでも相手の状況を想像できれば、こちらも言い過ぎたかも知れない、という歩み寄りができるようになります。あとは、何を相手に伝えるかを絞り込めばOKです。

    ・ 遅くなったことは仕方ない
    ・ 本当は、ないがしろにされたようで悲しかった
    ・ 一度謝ってくれたのに、こちらもずっと不機嫌で悪かった
    ・ 今度からは、お互い連絡がすぐできるようにしておこう

    ポイントは、怒りの気持ちをぶつけるのではなく、怒りの裏にある本当の気持ちを説明することです。最終的に、自分にも相手にも解決策を提示できるので、意地の張り合いは自然と消えていきます。

     

    手紙を書く


     

    すぐに感情的になってしまい、意見をうまく伝える自信がないという人は、上記のようにまとめた意見を、手紙で伝えると良いでしょう。

    書いている途中で気持ちが整理されるので、冷静になるのにはちょうど良い方法です。

    書いた手紙は、渡しても渡さなくてもどちらでも構いません。

    渡す予定だったけれど、書いたことですっきりして、口頭できちんと意見を言える場合もあります。渡す場合は、何を書いたかをきちんと覚えておきましょう。

     

    まとめ


     

    いかがでしたか?

    人生で一度でも喧嘩をしたことのある人なら、喧嘩中の重苦しい気分を十分に理解しているでしょう。

    仲直りする方法はわかっていても、なかなか行動に移せないのは誰でも同じです。

    そして、相手も同じことを考えているのです。

    その苦しみから早く抜け出して、大事な人たちと穏やかな時間を過ごせるよう願っています。

    たった2分で運命を変える方法とは?

    あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『話題のカード占術 マナ・タロット』をご存知ですか?

    自分の本質を知ることで2017年に起こる運命が驚くほど好転します。

    いい人に出会えるか、気になるあの人との近い未来の行く末など、あなたの運命を知ることができますよ。

    プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員初回無料で体験できちゃうんです^^

    運命を知りたい・変えたい方、今なら『全員初回無料』で体験できます!
    42歳の小太りのおばちゃんが、27歳の向井理似の公認会計士に恋をしました。

    本人さえも、叶わぬ恋だとあきらめていましたが、1ヶ月後、交際することに。

    そのきっかけは・・・ある人からのアドバイスでした。



    わせて読みたい