出世街道まっしぐら!? 会社の中で存在感を出す9つの方法

    存在感人とコミュニケーションをとることが苦手、あたりさわりのない関係が好き、そういった人が現代人には多いと言われています。

    しかし、会社で存在感を出す、ということは、会社に必要とされるチャンス、つまり、昇格のチャンスを得ることになります。また、自分の働きやすい環境をつくりだしていくことが出来ます。

    長い時間を費やす仕事。チャンスをつかんでいくことは必要だと思いませんか?

    ここでは、そういったチャンスをつかむ、つまり、会社で存在感を出す方法をお伝えします。

     

    出世街道まっしぐら!? 会社の中で存在感を出す9つの方法

     



     

    社員の名前を一人一人覚える


     

    自分が会社の中で存在感を出したい、と思ったら、会社の人の名前を全部覚えるつもりでいましょう。

    社長、役員、はもちろん、一緒の部署、関わりのある部署の人の名前を覚えることから始めます。

    いったいどういう人なんだろう?
    どういう仕事をしてきた人なんだろう?

    ということまでも興味をもって、知っておくといいと思います。

    覚えてほしければ、こちらが先に覚える。その意識から始まります。

     

    声掛けの最初に、相手の名前をつける。


     

    ○○さん、おはようございます!
    ○○さん、お疲れ様です!
    ○○さん、お疲れ様でした!

    など、必ず、前に名前を入れます。

    毎日そうして名前がついて呼ばれると、気持ちいいものです。相手の中に、必ず印象に残ります。

     

    何かを頼まれたら「ありがとうございます!」と言ってみる。


     

    『頼まれごとは、試されごと』 と言います。

    なんで、こんな面倒くさいことを頼まれなきゃならないんだ! と嫌々するよりも、「頼りにしてくれているんだな」と受け取りましょう。

    頼んだらミスをする、ちゃんとやってくれるか不安になる人には、頼み事はしません。

    上司から、仲間から、お願いされたら「承知しました、ありがとうございます」と言ってみましょう。

    必ず、いつかそれをみてくれている上司が「この人の為に、力になってあげたい」と思うようになります。

     

    いつも笑顔で応える


     

    仕事を続けていると、人間ですから疲れます。

    疲れてくると、無表情になったり、もっとひどいと眉間にしわがよります。

    会社全体が忙しく、みんながそういう表情だとしたら、どんな時でも、穏やかな顔、いつでも笑顔で応えてくれる、そういう存在はみんなの癒しとなります。

    簡単なようでとても難しいこと。

    いつでも笑顔で応えれる、そういう強さを持つにはどうすればいいのか?

    というような思考で仕事をしていると、きっとあなたは、ずっと笑顔でいれる強さを身につけるでしょう。

     

    会社の理念をよく理解しておく


     

    どんな仕事も「作業」として行ってしまうと、そのうち飽きてきます。辛い仕事を乗り越えることがさらに嫌になります。

    嫌な顔で、疲れた顔で仕事をすると存在感が出るどころか、影が薄くなります。

    どんな仕事も、会社の理念にのっとって、背景を考え、実行していくと、単なる「作業」にはなりません。

    心をこめて仕事をしていくと、必ず、誰かがみていてくれます。結果もついてくるでしょう。

     

    周りの社員・スタッフの良いところをいつも観察しておく


     

    人は、認められたい、と思っているものです。

    その反面、日常生活で誰かから「褒められる」ことは、少ないのが現実です。

    そんなときに、会社の人の「良いところ」を観察していると、必要な時、その本人にそれを的確に伝えることができます。

    そうした喜びは、その人にとって元気のもとになりますし、あなたに対して悪い気がしません。

    必ず、相手も自分の良いところをみてくれるようになるでしょう。

    それを、自分の気の合う人だけ、にするのでなく、全員の良いところを観察しておく、というのは、それだけで自分を認めてくれる人が増える、ということになるのです。

     

    感謝の言葉をしっかりと伝える


     

    仕事は成果を上げれば上げるほど、やればやるほど「当たり前」の事として扱われます。

    けれども、上司や部下、もちろん同僚が何かをしてくれた時、それは「当たり前」ではありません。

    感謝の言葉はしっかりと伝え、出来ることなら「○○さんのおかげで、こう出来ました」とその人の上司に伝えておくことが大事なのです。

     

    この仕事は誰にとってプラスなのか? を考えながら仕事をする


     

    自分の成績の為だけに仕事をすると、たとえ成果を出しても嫉妬の対象となるだけです。

    存在感を出すには、どんな仕事も意図を持ち、これが成果を出せば、自分ではなく、他の誰かにとってプラスになる。その意図を必ず持ちながら行うことです。

     

    成果があったことに関しては、しっかりと「やった」という報告・アピールをする


     

    押しつけがましかったり、自慢げだったりすると、日本人の場合は嫌がられますが、理念に基づいた上で仕事をし、成果が出た分に関しては、黙っていないでアピールするべきです。

    その「成功例」が他の人にとって「刺激」となる。

    それは、会社がいい方向へ動くということです。

    いつでも「発信型」でいられるようになれば、もうその頃には、会社の中でしっかりと「存在感」が出てくるでしょう。

     

    まとめ


     

    いかがでしたか?

    やることは、とても小さなことですが、実際にこれを実行続けるのは案外難しいものです。

    やらなくてもいいことをしっかりやること。

    それが出来たあなたは、出世街道まっしぐら! に違いありません。

    当たりすぎてこわい!不安だらけの人生を幸せに導くには

    私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが導かれる運命も、運命の人との出逢いも、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。


    「スピリチュアルの扉」では、スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージであなたの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

    あなたが進むべき道を知りたい方は、ぜひお試しください!



    わせて読みたい