対人関係が苦手な人は◯◯をすれば大丈夫です。

    対人関係 苦手

    人それぞれ、持って生まれた性質や性格があり、それが、その人の特徴として存在しています。誰とでも話ができる社交的な人もいれば、人と話をするのは苦手な人もいて当然です。

    その中でも、実は、対人関係が苦手という人が非常に多いのを知っていましたか?

    人と話をすると、とても気を遣ってしまって、後でどっと疲れる人もいます。また、自分の話をするのが苦手な人は、人の話を本気で聞き過ぎて疲れることもあるようです。また、なかなか信頼関係を築くことができなくて、対人関係が苦手な人もいます。一概に対人関係が苦手といっても、その内容も人それぞれ違っているのです。

    ここでは、そんな苦手な対人関係にもう悩まなくて済むよう、ある方法を紹介します。一度試してみて下さい。あなたの対人関係に良い変化をもたらすでしょう。

     

    対人関係が苦手な人は◯◯をすれば大丈夫です。

     



     

    視線が気になる


     

    例えば相手から見られる視線、自分が相手のどこを見て良いのかわからない。これは、視線の問題で、人によっては、視線恐怖症になってしまって、人の目が見れないという人もいます。

    ここまで来ないうちに、自分が苦手な視線について、過去の対人関係で苦手だった場面を思い出してみて下さい。もしかしたら、トラウマの相手が人の顔をじっと見過ぎてしまう癖のある人なのかも知れません。また、あなたの方も『人の目も見て話をするように。』と言われ続けて育ってきた人ではありませんか。

    人は話をする時、じっと顔を見つめられるが、苦手です。

    ビジネスマナーの講座では、人の話を聞く時には、鼻を中心に視線を向けて話を聞くことが良いとされています。

    あまりにも目を見つめすぎたり、顔のパーツや、たとえばほくろが気になって、ほくろばかり見てしまうというような、一点集中型の視点は避けた方が良いです。

    逆に、相手にじっと見られる場合には、一度、視線を下に移すなど、自分の方から、間を置くようにすると緊張も途切れます。

     

    どもってしまう


     

    あがり症のように精神的な症状のために、しゃべっている時に、どもる人がいます。どうしても、友好的な人間関係を築きたい時には、初めに自分の癖を話しておくのもあなたにとってメリットがあります。なによりも安心して話をすることができるようになります。

    この『安心』感は、対人関係を苦手でなくなるようにする、とっても良い方法なのです。

    話が飛躍しますが、顔面神経麻痺の病気をしたことがある人は、発音しにくい言葉が出てくるそうです。このような場合には、ゆっくりと発音したり、自分の苦手な言葉を使わないように工夫しています。どうしてもどもってしまう場合は、参考にしても良いかもしれませんね。

     

    信頼関係を築くには


     

    対人関係が苦手という人には、誰とでも気軽に信頼関係を築くことができない性格が関係している場合があります。

    これは、あなたが小さい時に、何らかの形で、母子間の愛着を築く時期に、愛着の対象を奪われたということが関係していると言われています。例えば、幼い時に、母親が病気だったとか、離婚をして、父方で育ったなどです。また、下の兄弟が生まれてそちらの世話に母親がかかりっきりで、母親をとられたというようなことも関係してきます。

    この場合、大人になって行く過程で、自分で新たに信頼関係を築く努力をしていきましょう。信頼のできる人と友達になったり、結婚をしたりということが、自分の人間関係の捉え方や対人関係の持ち方を変えてくれます。出産を機にという人もいるかも知れませんね。

     

    対人関係が苦手な訳を知る


     

    先ほどお話した、信頼関係を築くということは、対人関係の苦手を克服する上でとても基本になることです。その信頼関係とはどうやってできるのでしょうか?

    対人関係が苦手な人は、人との距離の取り方が苦手ともいえるでしょう。たとえば、知り合ってから、いつまで経っても、ものすごく距離感のある人や、初対面なのにものすごく近い距離感で接してくる人もいますね。

    このどちらもが、相手からは、ちょっと敬遠されがちな。普通は、知り合いになり、段々と親しくなっていって、対人関係の距離を縮めて行くものなのです。これは、とても自然に行える人もいれば、意識的にしている人もいるでしょう。

    相手との親しさという距離感の相違が、対人関係のトラブルを生じさせたり、違和感を与えるものとなるのです。距離感が同じなら、信頼関係も築きやすいでしょう。

    相手との波長を合わせましょう。

     

    気を遣い過ぎる人か、気を遣われたい人なのかを知る


     

    人に気を遣い過ぎて疲れるという人もいます。

    かたや、気を遣ってもまったく疲れない自然体での気遣いができる人もいます。それは、その人のもともとの人柄なのでしょう。

    気を遣ってぐったりするという人は、実は、自分が気を遣ってもらいたい人ともいえるのです。

    人に気を遣うのは、自分が愛されたいがために、気を遣っているという人は、無理をしてまで、気を遣うけれども、見返りを求めてしまい、その見返りが無いために、腹が立ったり、がっかりしたり、傷ついたりして、疲れてしまいます。

    人に愛されたいとばかり思わなくても、自分のことは、自分が好きになれば良いのです。

    気配りについても、ある程度、大人としての気配りをして、気遣いはそれほど無理にしなくても大丈夫です。あまりに気を遣われるとそれが嫌という人も中にはいるでしょう。

     

    まとめ


     

    いかがでしたか?

    対人関係が苦手な人は、なぜ対人関係が苦手なのかということを考えて、自分がどうするのが、一番心が安らぐのかを考えてみるから始めてましょう。

    1点、注意事項です。

    無理をせずに努力するよう心がけて下さい。無理をすると、対人関係が苦手な人は、いろいろと墓穴を掘りやすく、それを察知して、その点をついてくる人が職場などでは、必ずいます。

    これは、職場の人間関係が密な職場ほどありがちなことです。それならば、職場での対人関係は、失礼が無い程度にしておいて、付き合い程度で済ますというのもアリです。

    プライベートでは、相手との距離感を大切に、自然に波長を合わせるように、信頼関係を築いていって下さい。対人関係が苦手な人は、無理をするあまり、思いがけなく、相手のすべてを信頼してしまうという逆の失敗も起こりがちなもの・・・。後で傷つくこともあります。

    でも傷つくことを恐れていては、信頼関係は築けませんから、失敗を経験として、相手との距離感に注意して、対人関係の苦手を克服して下さい。

    当たりすぎてこわい!不安だらけの人生を幸せに導くには

    私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが導かれる運命も、運命の人との出逢いも、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

    「カラー波動診断」では、スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージであなたの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

    あなたが進むべき道を知りたい方は、ぜひお試しください!



    わせて読みたい