ムーンパワー★新月に願い事をして幸せになる7つの方法

    新月 願い事

    願い事を叶えるのに、とても効果が高いとされている新月。

    それは、新月が『始まり』を意味しており、『浄化』のエネルギーが強いといわれているからです。

    しかし、願い事を新月に祈るときには、正しい方法でおこなわなければ、叶うものも叶いません。

    今回は、あなたが新月のパワーを味方につけて、幸せになるための方法と注意点を、7つに分けてお伝えいたします。

    ※更新情報 2017年のボイドタイム表を追加しました。[2016/12/29]

     

    ムーンパワー★新月に願い事をして幸せになる7つの方法

     



     

    新月へ願い事をする前に準備すること


    ● 新月の日時を確認する

    当然ですが、新月がいつなのか知っておかなければ、新月に願い事はできません。

    大切なのは、新月になる『タイミング』です。

    新月と聞くと夜だと思われがちですが、明け方や昼など、日時はバラバラです。

    直近の2015年と2016年の満月、新月、星座、ボイドタイムをまとめたカレンダーは、下記になります。

    ※2017年版も追加しました。

    後ほどお伝えする、星座、ボイドタイムの欄も要チェックです。

    満月新月ボイドタイム星座カレンダー20152016

    2017年ボイドタイム星座表1

    2017年ボイドタイム星座表2

    2017年ボイドタイム星座表3

    2017年ボイドタイム星座表4

    2017年ボイドタイム星座表5

    ● 紙を用意する

    新月へ願い事をするときは、心で願うのではなく、紙に具体的に書き出す形になります。

    紙はどんなものでも大丈夫ですが、保管しておく必要があることと、うっかり誰かに見られてしまったら恥ずかしいので、ほかの紙と混ざらないものにしておく方が良いでしょう。

    あなたの気分が上がるような色や形の紙であったり、風水を併用して、願い事の内容に応じた色の紙を使用するのもオススメです。

    たとえば、恋愛の願い事なら『ピンクでハート型の紙』、お金に関する願い事なら『黄色の紙』や、『領収書の裏』に書くのもアリです。

     

    ● 書くものを用意する

    基本的に決まりはないので、鉛筆でもかまいませんが、しっかりと書くことができる黒いボールペンなどが良いでしょう。

    少し面倒に感じるかもしれませんが、幸運をつかむための第一歩。どんなことにも準備は必要なのです。

     

    新月へ願い事をするときに守るべきこと、守ったほうが良いこと


    ● 新月のタイミング

    新月への願い事は、新月になる日時が、とても重要になります。

    新月から、できれば8時間以内、どうしてもむずかしい場合は、遅くても48時間以内に、願い事を書かなければなりません。

    新月から時間がたつほど、そのパワーは弱くなっていきますので、24時間以内をオススメいたします。

    そして、フライングは絶対にしないでください。

    フライングした願い事は、叶いません。

    新月の時間より前に、願い事を書き始めてしまったり、練習のつもりで下書きをするのもNGです。

     

    ● 願い事は2つ以上、10個まで

    たくさんの願い事をお持ちの人もいらっしゃるでしょう。

    しかし、欲張って数多く願っても、あなたにとってプラスにはなりません。

    どの願いが重要か、優先順位をつけることで、自分の心と向き合い、選択してください。

    今のあなたに必要なことほど、より真剣に、強い思いを持つことができる願い事だと、気づけるはずです。

     

    ● ボイドタイムを避ける

    『ボイド(void)』は、空白を意味していて、ボイドタイムは無の時間という意味になります。

    ボイドタイムとは、月と星座がメジャーアスペクト(占星術で重要な角度のこと。0度、60度、90度、120度、180度)を取ってから、次の星座に移るまでの間の、メジャーアスペクトを取らない時間帯の事です。

    月が角度を取るということは、ほかの天体(星座)との関係性が生まれるということになります。

    ですので、それがなくなるボイドタイムは、月のパワーが届かない『無の時間』といわれ、ボイドタイムに願い事をすると、願いが叶いにくいとされているのです。

    ただし、あなたに『ボイドタイムなんて関係ない! 絶対大丈夫! 』と思える確信を持って、的確に願い事を書けたのであれば、問題はありません。

     

    新月の日のお天気は関係ある?


    宇宙や星に願い事をするときに、一番多い質問がお天気に関することです。

    『せっかく新月にお願いしようと思ったのに、雨が降っちゃった』

    気持ち的に、ちょっとがっかりしますよね。

    でも大丈夫。

    お天気によって月のパワーがなくなることはありません。

    安心して、願い事をしてください。

     

    願いを叶えるために大切なポイント


    ● 自分が主体であること

    新月への願い事は、基本的に『自分が主体である』ことが、大前提となります。

    誰かの幸せではなく、自分が幸せになるために必要な願いです。

    だからといって、ひとりよがりな願い事や、人の不幸を願ってはいけません。

    宇宙や天体のパワーというのは、すべての人に等しく降り注いでいるものです。

    新月のパワーも、あなた自身が幸せになることによって、ほかの人も幸せになれる、相乗効果のようなものがあります。

    もしも、人の不幸を願うようなことをすれば、その不幸はあなたにも返ってくると思った方が良いでしょう。

     

    ● 現実味のある願い事か

    新月への願い事は、新月から満月へ、そしてまた新月へという、月の満ち欠けによる、1ヶ月周期です。

    基本的には、1ヶ月先に叶えたいことを、お願いします。

    あなたの願い事に無理はありませんか?

    1ヶ月で実現可能な願いですか?

    『自分の力だけでは実現できないから、新月にお願いするんじゃないか』

    もちろんそのとおりです。

    ここで大切なのは、あなた自身、その願いが叶うことを、信じることができますか? ということです。

    たとえば、『アイドルの○○さんと、恋人になりたい』という願いだとします。

    『でも、そんな少女漫画みたいなこと、あるわけない』 と、心の中で『でも』や『あるわけない』という否定が生まれる場合は、叶いません。

    『いつかわたしもアイドルになって! 』など、『いつか』 『そのうち』と、漠然としすぎる願い事は、あなたにはまだ早すぎる願い事となります。

    まずは、心に抵抗なく願えることから始めて、それを手に入れたら次に進むといった具合に、少しずつハードルを上げていきましょう。

    新月への願い事は、『願い事に見合う自分』であることも必要なのです。

     

    ● 本当にあなた自身の願い事ですか?

    意外と多いのが、実はあなたの願い事ではない願い。

    たとえば、親戚から『まだ結婚しないの? 』と言われたり、義理の親から 『早く孫の顔が見たい』と言われるなど、周囲から受けるプレッシャーや、すりこみにより生まれた願いを、自身の願いと勘違いしてしまうことがあります。

    数ヶ月間連続で、同じ願いを書いているのに、願いが叶う気がしない、叶った瞬間を思い描くことができない、といった場合、いま一度あなたの心に、『本当に願っていること? 』と、問いかけてみてください。

     

    願い事の書き方


    書き方として大切なのは、1文に1項目の願い事を、自分主体の肯定文(アファメーション)で書くことです。

    一般的に願い事を書くときは、『○○が~しますように』という書き方が多いですよね。

    ですが、新月に願い事をするときは、既に叶っていることを想定して、マイナスとなる言葉を使わずに、肯定文にするのです。

    たとえば、

    『今度のプレゼンが成功しますように』(主体が自分になく、肯定文ではない)

    『私は今度のプレゼンで失敗をしません』(失敗などマイナスの言葉を使用)

    『私は今度のプレゼンで成功して、昇進します』(1文に2項目の願い事が入っている)

    ではなく、

    『私は今度のプレゼンで大成功します』

    『私は念願どおり、チーフディレクターに昇進します』

    という感じです。

    また、お願いをするような文体だと、お願いをしている自分が叶う事になってしまうので、

    『私は就職試験に合格したい』(『合格したいと思っている自分』になることが叶ってしまう)

    ではなく、

    『私は希望どおりに、○○商事で働いています』

    となります。

    書けるかぎり具体的に、叶った姿を思い浮かべながら書いてください。

    また、ポジティブな修飾語を付けると、良いイメージを思い浮かべやすくなるので、より願いが叶いやすくなるでしょう。

     

    願い事を書いた紙の保管方法


    願い事を書いた後の決まりは、特にありません。

    保管しておく場所も、あなたが覚えておける場所であれば、どこでも問題ありません。

    お財布に入れると良い、という人もいるようですが、持ち歩かなくても大丈夫です。

    途中で見直す必要もありません。

    恥ずかしくなければ、人に見られたとしても大丈夫です。

    願い事が叶いにくくなるので、願い事を書いた新月の、次の満月から、24時間以内に破いて捨てる、という説もありますが、これもあまり気にする必用はありません。

    満月を越えてしまえば、捨てても構わないですし、そのまま保管しておいて、いつか以前の願いを振り返ったとき、願った内容、叶ったこと、叶わなかったことを見つめ直し、あなたの幸福の道しるべとしても良いのです。

     

    月と星座のパワー


    各星座には、得意とする分野があります。

    次の新月が、どの星座のものなのか、を知ることによって、叶いやすくなる願い事を知ることができます。

    ● 牡羊座

    自立、勇気、直感力、自己肯定、エネルギッシュ、情熱的、頭皮、顔、脳

    ● 牡牛座

    基礎作り、忍耐強さ、審美眼、発達した五感、官能性、安定感、のど、首、咳、甲状腺

    ● ふたご座

    好奇心、人間関係、知性、順応性、軽快さ、ユーモア、手首、肩、肺、呼吸器、神経系

    ● 蟹座

    家族団らん、成長、感受性、母性愛、共感能力、乳房、胃、膵臓、潰瘍、腫瘍

    ● 獅子座

    恋愛、想像力、決断力、プライド、情熱、冒険、背中、炎症、心臓、循環器

    ● 乙女座

    順応性、効率アップ、洞察力、整理整頓、誠実さ、大腸、腸、消化吸収、下痢、便秘

    ● 天秤座

    チームワーク、外交的、パートナーシップ、結婚、平和的、腎臓、腰、糖尿病

    ● 蠍座

    権力、カリスマ性、過去を断ち切る、腸、泌尿器、排泄器官、月経前症候群、生理、性器

    ● 射手座

    高等教育、不注意改善、正直者、楽観的、自由、熱狂、腰、肝臓、坐骨神経痛、大腿部

    ● 山羊座

    責任感、有能さ、野心、ゴール、社会性、伝統、骨と関節、歯、皮膚、リウマチ

    ● 水瓶座

    博愛精神、客観性、希望、独創性、未来志向、個性、足首、ふくらはぎ、血液循環、痙攣

    ● 魚座

    至福の喜び、心の浄化、優しさ、芸術、霊感、瞑想、風邪、足、くるぶし、リンパ腺、中毒症状

     

    それぞれの星座が、得意とする分野に特化して、願い事の優先順位を決めるのも良いでしょう。

    >> 満月の願い事のやり方もくわしく知っておきたい <<

    >> 月と人体のバイオリズムの関係を知っておきたい <<

     

    まとめ


    少し専門的な要素があるので、面倒と感じる部分もあるかもしれませんが、基本的に『月はあなたの味方』です。

    次の新月の日時をチェックして、小さな願い事から始めてみてはいかがでしょうか?

    少しでも多くの願い事が叶って、あなたに幸せが訪れますように。

    たった2分で運命を変える方法とは?

    あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『話題のカード占術 マナ・タロット』をご存知ですか?

    自分の本質を知ることで2017年に起こる運命が驚くほど好転します。

    いい人に出会えるか、気になるあの人との近い未来の行く末など、あなたの運命を知ることができますよ。

    プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員初回無料で体験できちゃうんです^^

    運命を知りたい・変えたい方、今なら『全員初回無料』で体験できます!
    42歳の小太りのおばちゃんが、27歳の向井理似の公認会計士に恋をしました。

    本人さえも、叶わぬ恋だとあきらめていましたが、1ヶ月後、交際することに。

    そのきっかけは・・・ある人からのアドバイスでした。



    わせて読みたい


      コメントをお書き下さい

      1. YUKI さんのコメント:

        恋愛のおまじない「準備はボイドタイムにおこなう」についての質問です。
        1.上記の方々の質問を参考し、結論として、「準備は新月から満月の前日のボイドタイムまでにする」のは、
        その間の各ボイドタイムを避けて、願いを紙に書いておくことですか?
        たとば次の新月は9月1日 18:03から、ボイドタイムは9月3日 7:14~9:57、9月5日 9:31~21:56…(等)でもあり、願いを紙に書くのが9月3日 9:57後~9月5日 9:31までの間に大丈夫ですか?

        2.「満月の当日、月光が紙にあたるようにしながら、ゆっくりと開きます。」ということですが、
        満月は9月17日 4:05、ボイドタイムは9月17日 4:06~13:23だから、願いは13:23以後にするべきですか?
        また、この場合、満月になっても昼間だから月光が見えない。そうしたらやはり夜にする方がいいですか?
        住む所が月光に見えない場所であれば、どうすればいいですか?満月がある方に向かって願っても行けますか?

        • serendipity さんのコメント:

          満月の記事()に対してのご質問ですね。

          わかりにくい内容になっておりましたので、記事の方を更新いたしました。
          1.新月から満月までの間に存在する複数のボイドタイムのうちのどこかで、願いを紙に書くというのが正解になります。
          2.満月の当日はボイドタイムを避けてください。(13:23以降)また、月光が当たる時間帯、場所、天気の条件をクリアすることをおすすめしますが、そうでなくとも効果はあります。