挫折しないで瞑想を続ける3つの方法

    瞑想 方法

    瞑想は、スピリチュアルな観点でも、ヨガなど健康の観点でも、効果的なものであるとして注目されています。

    瞑想は、心をリラックスさせ、血流を良くしたり、自分の力を引き出することができると言われており、興味のある方も多いのではないでしょうか?

    しかし、瞑想初心者にとって、瞑想は毎日決まった時間に行ったり、環境を整えたりしなければならず、続けることが難しいように思えるかもしれません。

    確かに、瞑想の種類によっては、まとまった時間を確保しなければいけないことや、瞑想を行うための環境を整える必要があるのも事実です。

    ですが、簡単に行える瞑想の方法も存在します。

    簡単に挑戦できる瞑想ならば、挫折することなく、瞑想を習慣として取り入れることができます。

    そこで、今回は挫折せずに続けられるような簡単な瞑想の方法をお伝えします。

     

    挫折しないで瞑想を続ける3つの方法

     



     

    隙間時間で行える!呼吸を整えるだけの瞑想


     

    瞑想を行う上で、どの瞑想の方法でも、呼吸法は大切になります。

    この方法は、呼吸法を意識するだけの瞑想の方法なので、仕事や家事の息抜きのような隙間時間でも簡単に行えます。

    普段は、特に意識をすることなく呼吸をしていると思いますが、この方法を行う時には、呼吸に意識を向けます。

    体勢は、座禅を組まず椅子に座った状態で行っても構いませんし、立った状態でも大丈夫です。

    まず、自分の呼吸に意識を向けます。

    次に、呼吸を腹式呼吸に切り替えます。もしも、腹式呼吸が難しいようであれば、胸にいっぱい吸い込むように深呼吸をする形でも問題ありません。

    意識をしながら、ゆっくりと呼吸を繰り返します。

    これを、二十回から三十回、繰り返します。

    呼吸をする感覚に意識を向け、何度も呼吸を繰り返すことで、少しずつ雑念が薄くなり、頭の中がクリアになっていく感覚を感じられれば成功です。

    この方法は、呼吸に意識を向けて、意識的に呼吸を繰り返すだけなので、会社でも自宅でも簡単に行えます。

    また、短時間で行えるので、プレゼンの前や試験前など緊張している時に行うようにすれば、心をリラックスさせて向かうことができます。

     

    自宅で簡単にできる!寝る前の十分間で瞑想をする方法


     

    良質な睡眠を得るためには、交感神経の働きを静めて、副交感神経を優位にすることが大切です。

    副交感神経は、リラックスしている時に優位になる神経なので、眠る前の僅かな時間に瞑想をすれば、良質の睡眠に繋げることができます。

    この方法を行う際には、まず部屋の照明を少し落とします。もしも、間接照明があるならば、メインの照明を落とし、間接照明に切り替えると良いでしょう。そして、可能なようであれば、蛍光灯よりも白熱灯のような温かみのある照明にしましょう。

    次に、ゆったりと座り、体をリラックスさせた状態にします。

    楽な状態で座ったら、目を閉じてゆっくりと呼吸をします。この時、呼吸に意識を向けるようにして、他のことは考えないようにしましょう。

    どうしても他のことが頭に思い浮かんでしまう人は、無理に頭をクリアにしようとせず、「これは後で考えよう」と、思い浮かんだことを頭の片端に追いやるようにしましょう。

    そして、ゆっくりと呼吸を続け、自分の中で10分くらい経ったところで目を閉じたまま、ゆっくりと三回深呼吸をして、意識を引き戻してから目を開けるようにします。

    これで、体はリラックスし、心もクリアにすることができます。

     

    通勤の電車内でもできる短時間の瞑想方法


     

    毎日のように電車で通勤をしていると、電車に乗っている時間を無駄に感じる方も多いのではないでしょうか?

    電車に乗っている間、新聞や本を読んだり、スマホでゲームやインターネットをすることもできますが、電車に乗っている時間を瞑想の時間に充てることもできるのです。

    瞑想は、静かな場所で行うことが多いものですが、この方法は雑音の多い電車の中でも行えます。

    電車に乗っていると、次の停車駅のアナウンスが放送されますよね?

    アナウンスは、次の駅に到着するまでの時間の目安にもなります。そこで、このアナウンスを利用します。

    まず、肩の力を抜き、背筋を伸ばしながら、体をリラックスさせます。もしも座れているのであれば、体の前で軽く手を組みましょう。

    次に、自分の呼吸に意識を向けて、ゆっくりと腹式呼吸をします。この時、腹式呼吸ができないようであれば、深呼吸でも大丈夫です。

    これを何回も繰り返していると、頭の中の雑念が払われ、クリアな心でゆったりと呼吸ができるようになります。

    瞑想をしていても、外界からの情報を遮断しているわけではありませんから、次の停車駅を告げるアナウンスを目安にすることで、短時間でも瞑想ができるようになるのです。

     

    まとめ


     

    いかがでしたでしょうか?

    瞑想は、特殊な技術や適した環境を整えなければできないものではありません。

    場所や時間にとらわれない瞑想の方法もあるのです。

    隙間時間を使って、瞑想にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

    たった2分で運命を変える方法とは?

    あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『話題のカード占術 マナ・タロット』をご存知ですか?

    自分の本質を知ることで2017年に起こる運命が驚くほど好転します。

    いい人に出会えるか、気になるあの人との近い未来の行く末など、あなたの運命を知ることができますよ。

    プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員初回無料で体験できちゃうんです^^

    運命を知りたい・変えたい方、今なら『全員初回無料』で体験できます!
    42歳の小太りのおばちゃんが、27歳の向井理似の公認会計士に恋をしました。

    本人さえも、叶わぬ恋だとあきらめていましたが、1ヶ月後、交際することに。

    そのきっかけは・・・ある人からのアドバイスでした。



    わせて読みたい