古代マヤ文明の叡智、マヤ暦占いとは?

マヤ暦占い

『自分らしさ』って何でしょう?

私はどうしてこの時代に生まれ、何をして生きていくべきなのか・・・

見えない壁にぶつかるたびに、繰り返し答えを求めて思い悩む日々。

マヤ暦占いは、『0の概念を発見したのはマヤ文明』と言われるほど、熟達した時間、天文学、数学などの叡智を凝縮し、他の占いにはない過去、現在、未来にわたる『本当のあなた』を知ることができる、きわめて学術的な占いです。

マヤ暦占いは、きっとあなたを、アセンションへと導いてくれるでしょう。

今回は、そんな神秘的で神聖な占い、マヤ暦占いのエレメンツをお伝えします。

 

古代マヤ文明の叡智、マヤ暦占いとは?

 



 

マヤ暦占いの基礎


 

マヤ暦には細かく言うと、『20』と『13』というサイクルがあります。

そのうち、20というサイクルは『宇宙では20の異なった叡智を持つ神が交代で支配している』との考えからきています。

20という周期に従い、その叡智が宇宙に流れている、そして、人々の誕生日にはその叡智が影響し、性格や人生を形成していると定義づけしているのが、マヤ暦占いです。

マヤ暦占いでは、人は生まれながらに『刻印』を持っており、その刻印を知ることは『人生の道しるべ=あなたのガイド』となって、性格や得手不得手、天職、人間関係、健康や幸運の引き寄せ方までも教えてくれるとされているのです。

では、次に『13』についてお話しします。

マヤ暦では260日を1サイクルとしています。その260日のうち一日一日に固有のエネルギーが宿ると考えていたマヤ人は、人は生まれた日の持つエネルギーに大きく支配されると考えていたのです。

20の神々が260日を交代で支配していることから、13の周期を編み出したというわけなのです。

 

マヤ暦占いの鍵『Kin(キン)』ってなに?


 

Kinはマヤ暦でいうところの『日』のことです。また同時に『人』のことも表します。

1日を『Kin1』と表現し、それは魂の番号として使われます。

人の場合は、誕生日がその番号になります。つまり、260のKinが存在します。

『人はその日を選び生まれてくる』との考えから、マヤ暦占いは、あなたの本質や、相手の本質について具体的に理解できるので、指針を図るのにとても役立つのですが、では何を根拠にその本質を見るのか、それがKinという一人一人に与えられた『刻印(シンボル)』です。

組み合わせにより相性を見たり、相手の考え方や行動の理解が深まったり、自分自身の使命、仕事のヒント、今向き合わされているテーマなど、たくさんの生きる指標が散りばめられているのがKinなのです。

ここでは、それぞれのKinの求め方、計算式の説明等は割愛しますが、様々なサイトで無料算出してくれるサービスがありますので、ぜひそちらを活用してください。

 

あなたのガイドマップに


 

マヤ暦占いの一番の魅力はKinを知ることで、あなたがあなたらしく、無理せずに幸せでいられるための水先案内人が得られる、ということではないでしょうか?

日々の経験から何が得られているのか、そしてどの道へ進むべきなのか、さらにそれは今動き出すべきなのか・・・

マヤ暦占いでは、顕在意識のエネルギーと潜在意識のエネルギー、潜在的能力の3つをあなたのKinとして表現します。

潜在意識のエネルギーは、あなたの本質であり、その影響によって顕在意識のエネルギーが表面化しているわけです。

潜在能力は全部で13種類に分かれ、あなたから放たれる波動が周囲に与える影響や、人間関係、運気を上げるためのキーワード、適職を読み取ることができます。

 

メンターとなる『ガイドKin』


 

メンターとなってあなたの人生を導いてくれる相手を『ガイドKin』と呼びます。

目標を与えてくれたり、選択に迷ったとき正しい道を示してくれる存在です。時に、それは反面教師となり、失敗や正しくない姿を見せてくれる場合もあります。

このようにガイドKinは、ひとつひとつに指導をするのではなく、あなたがその姿勢から感じ取れるヒントを、行動や言動で与えてくれるのです。

マヤ暦占いで知ることのできる、あなたにとって影響の大きな存在です。

 

共に学びあう『反対Kin』


 

『反対Kin』は、あなたとは真逆に近い感性を持った相手ですが、その分、互いに欠けている部分を補い合える存在です。

互いに見えにくい相手で、共感しにくいかもしれませんが、そのぶん持ち合わせていない知識や情報を得られる貴重な存在です。

違う考えや価値観を気づかせあえる存在は、とても大切です。

マヤ暦占いで見いだせる反対Kinとはそのような相手であり、共同研究やビジネスパートナーとしては最適です。

 

惹かれあう存在『神秘Kin』


 

『神秘Kin』は、互いに惹かれ合い、恋愛や結婚に発展する可能性が高い相手です。

強く惹かれ合う反面、時に非常に苛立ちを感じるという表裏一体的な、まさに神秘的な存在です。

相手にダメージがあるときには、よみがえらせるパワーもはたらくので、その点も不思議な存在であるといえます。

 

ルイトモな存在『類似Kin』


 

あうんの呼吸で、一緒にいてここちよい存在、それが『類似Kin』です。

気を使う必要もなく、敵対することもない、親友や長年連れ添った夫婦は、この類似Kinが多くいます。

 

出会えたら超ミラクルな相手『鏡の向こうKin』


 

大変コアでなかなか出会うことができない相手が、『鏡の向こうKin』です。

鏡の向こうとは、『もう一人の自分』ともいえる、互いに共鳴してようやく引き出し合える潜在能力を表面化してくれる存在です。

出会いそのものがとても稀なことですが、それでも出会えたのなら、それはまさにシンクロニシティーそのものといえます。

『あなたたちは何も間違えていない』と、宇宙がサポートしてくれる生き方をしている証です。

気になる相手がいたら、ぜひマヤ暦占いで確認してみてください。

 

こちらも出会えたら違う意味で超ミラクル『絶対反対Kin』


 

鏡の向こうKinと同じく、超ミラクルな出会いが、この『絶対反対Kin』です。

自分とは正反対の価値観や思想、ベクトルを持ち、自分だけでは決して見いだせない部分を気づかせ教えてくれるありがたい存在です。

マヤ暦占いの中では、ある意味最も大切な存在が、この絶対反対Kinです。お互いが優れた指導者のような相手です。

 

パワーあふれる『絶対拡張Kin』


 

Kinナンバー19の倍数、19、38、57、76、114、133、152、171、190、209、228、247の13個が、『絶対拡張Kin』

このナンバーの持ち主は、世に何かしらのことがらを広めるパワーを持ち、同時に使命もかせられています。

『日』であれば、その日にスタートを切ったこと、その日に決意したことが広まったり高まったりしやすい、ということになります。

 

まとめ


 

いかがでしたでしょうか?

あまりにも奥が深く、また神秘的で理解を深めるにはかなりの学習が必要とされるマヤ暦占いですが、すこしでもその魅力をお伝えできたでしょうか?

誰にでも、自分の感情を持て余してしまう瞬間というのはあるものです。

しかし、マヤ暦占いを通じて、人生の流れとわが身に起こる出来事の意味を理解することで、もっとナチュラルに、もっとポジティブに生きることができます。

そして、もっと自分や周囲の人々を愛しく思えるようになり、人生そのものを丁寧に生きようと感じられるようになるでしょう。

2017年 アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

六芒星占術』では、2017年にあなたに起こる運命の日を鑑定し、幸せになる方法を、1000文字以上の鑑定結果メッセージと運勢図で分かりやすく教えてくれます。今なら、全員初回無料鑑定してもらえます^^

2017年の運命を知りたい方はこの機会に無料で体験してみて下さい!



わせて読みたい