ロジカルシンキングは、実践しないと身につかない。4つのトレーニング方法

    ロジカルシンキング トレーニング

    ロジカルシンキング(logical thinking)とは論理的思考という意味で、本などの知識だけあっても実際に身につけるのは実践なくしては難しいです。

    明快に構造化し、誰をも納得させられ、さらに調和を図るのがロジカルシンキングですが、難しいトレーニングや特殊な才能は必要ありません。

    特に、主張がヘタで、同じ失敗を繰り返したり、交渉がうまくいかないなどの悩みを抱えた方には、最もおすすめで、論理的に主張できるロジカルシンキングのトレーニングを行えば、相手にうまく伝えられ理解を得られる様になり、トラブルの現象や交渉も成立、何より信用が勝ち取れます。

    ロジカルシンキングのトレーニングは正しく行うことで身につき、仕事上だけでなく日常生活にも大いに役立ちます。

    また、ロジカルシンキングは合理的であり、目標に最短到達し、不測の事態も予想が立てられるので対処も大いに可能となってきます。定説や過去の習慣、理論にも筋道を立てて考えれば太刀打ちできるので、問題の有効な解決を導き出すこともできます。

    ビジネスシーンにも日常にもすぐに使えるたった4つだけの簡単な思考のトレーニングの方法でロジカルシンキングを実践して成果を上げてください。



    ロジカルシンキングは、実践しないと身につかない。4つのトレーニング方法

     

    ロジカルシンキングを知る(理解)


    思考停止に陥ることは、ロジカルシンキングの実践の阻害になります。

    成功体験、失敗体験に入り込んでしまえば、抜けられなくなってしまうため、自分の古い体験にとらわれないワンパターン化から脱却し視野を広げてください。

    『~しなければいけない』『~でなければならない』という固定観念が視野の広がりの邪魔をしますので、柔軟な発想のためには頑固な思い込みの縛りから離れましょう。

    ロジカルシンギングの実践では、根拠と結論をはっきりと示すことが大事ですので、憶測や勝手な評価は禁物で、事実かそうでないかをしっかりと見極め把握しておきましょう。

    話は筋道を立て、順序建てて、結論は先で理由を後に言うことが効果的です。

    実際の発想の仕方(下地)


    目的は一つですので、見失わないようにすることが、ロジカルシンキングの実践を成功させます。

    目的と手段は混同はしないようにし、手段に行き詰まったら目的を見直し立ち返りましょう。

    目的が決まったら、つぎに枠組みから考え、中身を埋めてみることで詳細なところにも目が行き届き、重複や漏れも探すことができます。

    枠組みが決まらなければ、仮説を立ててそこから考えてみましょう。すると、イメージが目的につながっていくはずです。

    そしてなにより大事なのは『優先順位』を決めて『管理』をする事で、期限や締切に遅れないためには、すぐ処理できることは後回しに、時間がかかるトラブルが予測されることを先に処理することで、すっきり作業工程も頭も整理されます。

    ロジカルシンキングには、データや結果を集めて検証することも必要ですので、自分の思い込みや囚われに左右されないために冷静な目も養いましょう。

    今までの自分の知識にとらわれず、ゼロからの思考だけでシナリオを組み立てるなどの考え方やトレーニングもありますが、いずれにも仕事前の段取りがロジカルシンキングの成功には重要となって結果の明暗も分けることとなります。

    情報整理が鍵を握る(思考法)


    ロジカルシンキングを使えば、情報の整理が容易に明確になりますので、たいへん相手に伝わりやすくなります。

    たとえば、リサーチ結果を集計するにあたっては、データを整理しわかりやすくして、相手の理解を促すために表現する中でロジカルシンキングの効果が現れます。代表的な手法にはマトリックス構図、ロジックツリー、プロセス構図、連関図などがあります。

    自分自身も図や表に表しまとめることで、より一層の理解と整理ができます。もちろん自分の理解だけでもなく会議の進行もスムーズにいき、プレゼンも簡素なものとなり、好感度はあがります。

    図や表を使うことは無駄な文章や表現、話が抑えられますので、何よりも要点を明確に伝えたいロジカルシンキングには欠かせないツールなのです。

    情報発信の実践(アウトプット)


    聞いている相手にとって、のらりくらりと話だけが長いポイントのない中身では気持ちもそれてしまいます。

    考えを体系建てて話すことで、進行もスムーズにいき、多くの相手に話が伝わります。プレゼンテーションだけでなく、指示や契約、取引のシーンでも明確に伝えたいことが伝わります。実際の要点は3つです。

    ①結論を簡潔に話す

    最初に結論を簡潔に話すトレーニングをすれば、ムダ話が削ぎ落とされ相手にも要点がはっきり伝わります。
    対面でスピーチトレーニングしたい場合は相手が話す前に『最初に結論を言ってから理由を言ってください』と要求することがロジカルシンキングの効率良いトレーニングです。

    ②理由を2つから3つあげる

    結果の次に理由を2,3項目を作って掲げていきましょう。

    ③理由の中身をひとつづつ話す

    その理由の内容を一つづつ説明していきます。
    これは結果の次の重要点をおさえることで筋道がそれない方法となります。
    理由を話したあとは理由にもれがないか、重複していないかを検証しましょう。

    この3つの要点だけでロジカルシンキングのトレーニングもうまくいき、実践に大いに役立ちます。
     

    まとめ


    いかがでしたか?

    ロジカルシンキングを身につければビジネス上だけでもなく日常にも使えます。ビジネス上ではすぐに使えて仕事の効率も上がります。

    まずはロジカルシンキングをよく知り、発想の仕方を自分の枠を取り払ったゼロからのものとして情報を明確にできるよう整理します。

    話の組立は結論を先に述べてそのあとに3つの理由をあげて、3つの説明をして漏れと重複を確認することとシンプルで簡単です。

    ロジカルシンキングのトレーニングは難しいものではなくコツさえ身に付けるだけすぐにさまざまなシーンで活躍します。

    当たりすぎてこわい!不安だらけの人生を幸せに導くには

    私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが導かれる運命も、運命の人との出逢いも、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

    「恋愛の未来予言」では、スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージであなたの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

    あなたが進むべき道を知りたい方は、ぜひお試しください!



    わせて読みたい