天秤座の性格を知ろう★気になる性格、恋愛、行動パターン

    天秤座 性格夏の終わりの頃、南西の空にひらがなの「く」の字を裏返しにしたように並ぶ星三つ・・・これを天秤に見立てたのが「天秤座」。

    黄道12星座の中で唯一、生き物ではなく道具の形に見立てられたこの星座は、正義の女神であるアストレアが手に持っていたものと伝えられています。

    そんな正義の女神のシンボル天秤を戴いた天秤座は、美男美女が多く、12星座で1番エレガントで優雅な性格といわれています。

    でも本当にそうなのでしょうか?

    そんな天秤座の気になる性格、恋愛、行動パターンについてお伝えいたします。

     

    天秤座の性格を知ろう★気になる性格、恋愛、行動パターン

     



     

    天秤座の物語


     

    豊かな金の時代

     
    アストレアが生まれたころの地上は「金」の時代といわれて、ゼウスの父クロノスによって治められていました。

    春のような気持ちのよい陽気の中、人々は皆裸で平和に暮らし、種をまかなくても穀物は豊かなに実り、川にはいつもミルクやネクタル(神の酒)がたっぷりと流れ、人間も神も同等に幸せな人生を過ごしていました。

    この頃は神々も人間と一緒に暮らしていましたが、最初に神々の世界で争いが起こりました。

    それまで世界治めていたクロノスは地下に追われ、代わってゼウスが世界を支配することになったのです。

     

    四季が出現

     
    この「銀」の時代にゼウスは1年を春夏秋冬に分けました。

    四つの季節ができたことで人々は暑さと寒さをしのぐために家を建てたり、衣服を纏うようになりました。

    また、春に穀物の種をまき、秋に収穫をしなくてはならなくなりました。そのうちに貧富の差ができ、人のものを盗んだり、争ったりしはじめました。

    その姿を憂いたアストレアは、「天秤」を使って穀物を正しく計り人々に平等に分配しました。

    けれども、さらに「銅」の時代が訪れると、人々は武器を作り、地上に暴力と策略がはびこり始めます。

    そして「鉄の時代」に至ってとうとう人々は、親兄弟でも殺し合い奪い合うほどに堕落してしまいます。

     

    そして神々との決別

     
    それまで地上にいた神々は、これを見て人間と暮らすことをあきらめ、オリュンポスの山にて戻っていきました。

    最後まで留まり「正義」を守らせようとした女神アストレアも、その人間の姿にあきれ、とうとう天上の世界に帰ってしまったのです。

     

    天秤座の性格と行動パターン


     

    バランスと品位を重んじる紳士淑女

     
    最後まで正義を説いたアストレアの物語からもわかるように、天秤座は非常に公平でバランスの取れた性格です。

    物腰も優雅で上品、男性なら知的な紳士、女性ならエレガントな淑女といったイメージです。

    品位を重んじ、どんな時でも感情を露骨に表現することはありません。争いより妥協を選ぶ平和主義者です。

    交友関係も広く、誰とでも仲良くなれます。バランスがとれた言動のため、信用されやすく友人も多い傾向があります。

    下品なものや粗野な行動を嫌い、ロマンチックな側面もあります。

     

    仮面の下には策士の顔も

     
    反面、優柔不断で見栄っ張りでもあります。

    恥をかくことを嫌い、計算高い天性の策士です。

    気に入らないものに対しては自分の殻に閉じこもったり、周りを誘導して難を逃れようとします。

    バランスをとることを優先するため、責任が重すぎれば逃れようとしますし、心穏やかに暮らすためなら時折嘘を付くこともいといません。

    優雅で穏やかな仮面の下に、優柔不断でずるい顔を隠す・・・それが天秤座の姿。

    天秤座が幸運な人生を送るためには、いざというときにきちんと自分で決断をし、選択していくことを意識することをオススメします。

     

    天秤座の恋愛


     

    もてもてのアイドル

     
    いつもクールで、スマートな天秤座。

    さりげなく流行を取り入れたファッションで、会話もクレバー。男性なら女性たちの憧れ的な存在になっている場合も少なくありません。

    実際女性のエスコートも上手、彼がモテるがゆえに苦労しているという女性も多いことでしょう。

    女性ならばセンスよくエレガント、いつも穏やかに微笑んでいて、やはり周囲の男性の密かな憧れだったりするでしょう。

    基本的に人当たりが良いので異性からの評判も良く、よくモテます。

    そういう自分をよくわかっていて、倫理や習慣にこだわらない、自由な恋愛を求めがちです。

    どちらかというとロマンチックな恋愛を好み、すぐに結婚に結びつけるような価値観はあまり持ちません。

    けれども正義感や論理間にあふれているので、不倫の恋はやはり少ないのが天秤座。節度と品位を失わないのが天秤座の恋愛観と言えるでしょう。

     

    優柔不断で泥沼化も

     
    もてるうえに優柔不断で受身な性格なので、自分では意識していなかったのに気がついたら二股になってしまっていた、ということも他の星座に比べて多いようです。

    自分ではあまり結論を出さず、相手に委ねるズルイ部分もあるので、そうなるとドロドロの修羅場に陥ってしまうことも。

     

    まとめ


     

    いかがでしたでしょうか。

    天秤座が幸せな人生を歩むためには、相手に委ねるだけでなく主体性を持つこと、そしていざというときにはきちんと自分で判断して行動することが必要なのかもしれません。

    また天秤座の彼/彼女、友人に対しては、平和を好む彼/彼女を尊重して決断を急かさず、彼らが安心できるような安定した態度や行動を意識して信頼感を築くことが重要になりますね。

    天秤座やその周りの人たちが幸運な人生を過ごすために、ぜひこれらを意識してみてはいかがでしょうか。

     

    この記事の読んでいただいたあなたには、こちらの記事もおすすめです。

    >> 牡羊座の性格 <<
    >> 牡牛座の性格 <<
    >> 双子座の性格 <<
    >> 蟹座の性格 <<
    >> 獅子座の性格 <<
    >> 乙女座の性格 <<
    >> 天秤座の性格 <<
    >> 蠍座の性格 <<
    >> 射手座の性格 <<
    >> 山羊座の性格 <<
    >> 水瓶座の性格 <<
    >> 魚座の性格 <<

     

    42歳の小太りのおばちゃんが、27歳の向井理似の公認会計士に恋をしました。

    本人さえも、叶わぬ恋だとあきらめていましたが、1ヶ月後、交際することに。

    そのきっかけは、ある人からのアドバイスでした。


    わせて読みたい