リーダーシップを発揮する7つの方法

    リーダーシップ

    『思ったように部下が動いてくれない』
    『ぐいぐいチームメンバーを引っ張っていくはずができていない』
    『そもそも自分に自信がないからうまく指示できない』

    など、理想と現実の自分にギャップを感じ、うまくリーダーシップを発揮できず悩んでいる方がいるのではないでしょうか?

    もしそうなら、これから説明する7つの方法を、コミュニケーションの中に取り入れる事で、悩みを改善できると思います。

     

    リーダーシップを発揮する7つの方法

     



     

    笑顔を心がける。


     

    リーダーシップが必要な場面を考えた時、時に厳しくしなければならず、また個人的には様々な悩みや苦労が伴うでしょう。

    しかし、厳しそうな顔、いつも怖い顔をしている人には、萎縮してしまい誰も本心からはついていこうと思いません。

    笑顔の人には人が集まるし、時に厳しい事を伝える際、いつも笑顔の人が伝える方がメリハリがつき浸透しやすい。その点を考えても、まずは、『基本は笑顔』でいる心がけをしておくこと。

    人として気持ちよい存在でいれるよう心掛けることが、まず第一歩です。

     

    話をしっかり聞き、本心を探る。


     

    リーダーはよく、目標や想いを熱弁しがちですが、本来は、チーム(仲間、後輩、部下等)の表情を見ながら、とにかく話を聞く努力をすることが必要になります。

    一人ひとり個性があり感じ方が違う為、こちらから一方的に話しても全員には伝わりません。

    まずは親身になって聞く。そして相手を受け入れる姿勢で取り組み、彼らの言葉の裏の本心を探る。

    そうしていくうちに、相手からも

    『この人の事を知りたい』
    『この人と話したい』
    『この人についていきたい』
    『この人からもっと教わりたい、学びたい』

    等と思われるような存在になっていくこともまた、リーダーシップを発揮する為の土台となります。

     

    お願い・指示をしたら、さらにもう一度繰り返し言葉にしてもらい、共有する。


     

    こちらから一方的に話すのではなく、こちらから伝えたことをもう一度言葉にしてもらい、そこに対する意見や感じたこと、なども聞いていく。それをチーム全体で共有する時間をつくるよう心がけよう。

    そうすることで、インプットとアウトプットができ、チームのメンバーも動きやすくなります。

    もちろん、その後の感謝の言葉を忘れずに。

     

    チームメンバーとの距離感を大事にし、親身になりすぎてぶれないようにする。


     

    メンバーを想うがゆえに、コミュニケーションを大切にしていくと、もちろん『情』がわくことがほとんどだろう。

    時に、個人的な事情まで知りすぎてしまうことがある。そこで様々な判断に迷いが出てくる、他のメンバーと平等に接することができなくなる、などの不都合が出てきてしまってはいけない。

    チームとして向かうべき方向、意図、というものをぶらさないためにも、距離感を常に意識し、縮めすぎないよう注意しなければなりません。

    時にそれは孤独でもありますが、そこに『信頼関係』が築けていれば、あなたはすでに様々な状況を乗り越えられるリーダーシップを発揮することが出来るようになっているでしょう。

     

    メンバーの強みと弱みを理解し、強みを伸ばす。またそこに責任を持たせてやりがいをもたせる。


     

    そろそろリーダーシップを発揮できつつある頃、チームとして、至らない点ばかりを見て指摘や指示をしてばかりいると、結果は出せてもチームのあちらこちらで不満が出ていることが多くなる可能性大です。

    それでは、真のリーダーシップを発揮した結果とはいえません。

    チームの一人ひとり、個性を理解し、強みと弱みをリストアップする。

    それがわからなければ、まだまだコミュニケーション不足です。

    強みを活かし、そしてそこに責任感を持たすことで、必ず彼らは『やりがい』を見出してきます。そういうメンバーが増えれば、チームは必ず輝きだすでしょう。

    そして

    ・弱みを強みに転換できないか?
    ・無理なのであれば、誰か他でフォローができないか?

    と、チーム全体でフォローしあいながら。動けるしくみを常に考えておくのがリーダーシップを発揮する為に必要なこと。

    あなたが、今、そのチームのリーダーではなくても、強み弱みをみることを習慣とし、仲間を褒める、励ます、というような形で仲間の強みを伸ばすことを心がけていれば、気付けばチームメンバーとの信頼がさらに強まっているでしょう。

     

    質問形式で気づかせる


     

    何故できなかったのか?
    要因はなんなのか?
    ネックになっていることを解決するには何が必要なのか?
    それがあれば、いつまでにどうしていけば解決するのか?

    など、それはどうして? から質問し、細かく分析し、答えを本人の口から出るよう導いていく心がけをする。相手が自分の言葉で気付いていけるように。

    解決策や指示をこちらから与えてばかりでは、最終的にやらされ感になり、ひとつにまとまることもないでしょう。

     

    出来たときは、褒める。


     

    出来て当然、というスタンスでいると、長い目で見て、人は必ずモチベーションが下がります。

    責任感を持ち、やりがいを持ち、前に進んで何かできた際にはおもいっきり褒めましょう。そして、喜びを『共有』する。

    そうすることで次のステップにチーム全体であがっていくことができるのです。

    継続、という点まで考えられた時点で、あなたはきっと立派なリーダーシップを発揮する、真のリーダーになっていることでしょう。

     

    まとめ


     

    いかがでしたか?

    結局のところ、すべて『コミュニケーション』に集約されると思いませんか?

    ・とにかく相手のことを想いながら過ごしていれば、必ず、相手も応えてくれる。
    ・目指すべき方向を見失わず、軸をぶれないよう心がけながら、チームのメンバーをとにかく大切にする。
    ・想うだけでなく、行動として大切にする。

    そうすることで、メンバーは必ずあなたを信頼し、あなたを筆頭に一致団結し、あなたは自然に真のリーダーシップを発揮することができるでしょう。

    そうして、真のリーダーになれるのです。

    まずは、小さな心がけから、7つ実践できるよう、日々無駄にせず、目標を持ちながら過ごしていけば、誰にでもリーダーシップを発揮することができるはずです。

    当たりすぎてこわい!不安だらけの人生を幸せに導くには

    私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが導かれる運命も、運命の人との出逢いも、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

    「カラー波動診断」では、スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージであなたの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

    あなたが進むべき道を知りたい方は、ぜひお試しください!



    わせて読みたい