鬼門の方角に玄関があった場合の対処法

    鬼門 玄関

    風水で『鬼門』という言葉を良く耳にしますが、鬼門について説明できる人は、意外に少ないのではないでしょうか?

    『鬼門』とは、家の中心から見て、北東の方角を指し、日本の家相では、とても重要な位置づけにあります。

    『鬼門』というのは、『陰』と『陽』の切り替わり地点に当たり、『気』(自然のエネルギーや波動)が乱れ、悪い気が溜まりやすいため、いわゆる鬼や魔が付け入りやすい方位とも言われています。

    鬼門の玄関は凶相と言われ、不幸・災難を招く『家運尻すぼみ』の相と言われています。

    しかし、現在住んでいる家やマンションの玄関が鬼門だからといって、改築や引っ越しはなかなかできないですよね?

    では、一体どうしたら良いのでしょうか?

     

    鬼門の方角に玄関があった場合の対処法

     



     

    玄関を常に整理整頓する


     

    鬼門は悪い気が溜まりやすいという考えの他に、艮(うしとら)の神様が通り抜ける道、つまり良いエネルギーの通り道であるという考えもあるそうです。

    その通り道が汚れていたり、散らかったりしていては、運気が下がって当然ですよね。

    玄関を整理整頓し、清潔な状態を保つことで悪い気がそこに留まることを防ぎましょう。

    また、玄関の拭き掃除に塩水を使ったり、ラベンダーのアロマオイルを数滴たらしたお水を使うことで、その場を浄化することができます。

    また、靴を出したままにしておくのは運気を下げますので、必ず靴は靴箱にしまい、常に玄関がスッキリした状態を保つようにしてください。

     

    浄化を助けてくれる物を置く


     

    青龍や麒麟の置物は『鎮』の作用があり、凶作用を抑えてくれる働きがあります。

    また、水晶も浄化作用が強いので、玄関の4隅に水晶を置くというのもおすすめの方法です。

    ただし、水晶が悪い気を吸い溜めこむので、水晶を流水にさらす、満月の光にあてるなどして、定期的に水晶を浄化することを忘れないようにしてください。

     

    照明で明るくする


     

    太陽の光を入れて、玄関に悪い気が溜まらないようにするのが一番なのですが、そうもいかない場合は、太陽光に近い色合いの照明をつけるようにしてください。

    人工的な光の色より、自然に近い色合いのほうが、良い運気を招くことができます。

     

    お香やアロマなどで良い香りを立てる


     

    良い香りをさせることも、場の浄化に役立ちます。

    鬼門である北東の方角には、樹脂系のアロマオイルが適しています。

    例えば、フランキンセンス・ベンゾイン・イリスなど、少し重厚な香りのアロマオイルがおすすめです。

     

    植物の力を借りる


     

    お庭がある方は、南天を玄関わきに植えると良いです。

    また、お庭がない場合も、植木鉢で置けば大丈夫です。

    南天は『難を転ずる』という言葉から名前がついたと言われており、とても浄化作用の強い植物です。また、白い花のつく植物も良いとされています。

    でも、アパートやマンションにお住いの場合は、大きな植木鉢は置けませんよね?

    そんな時は、玄関に観葉植物を置いたり、生花を飾れば大丈夫です。

    北東の玄関におすすめの生花は、モンステラです。

    ハワイの植物で、魔除けと金運アップの効果があります。

    常に水をやり、元気な状態を保ってあげることで、観葉植物や生花から出される良い気が玄関に満たされます。

    ただし、枯れた状態のものは逆効果となってしまいますので、必ず手入れを怠らないようにしてください。

     

    魔除けのお札を貼る


     

    お札を貼るというのは、悪気や邪気などの異質なエネルギーを家に入れないために『結界』を張るというのと同じことです。

    北東の鬼門と西南の裏鬼門に魔除けのお札を貼ることで、北東と西南を結ぶ鬼門ラインに『結界』を張ることができ、異質なエネルギーの侵入を防ぎます。

    設置する位置は目線より高い位置が好ましく、1年に1度取り換えるとさらに効果的です。

     

    鏡を置く


     

    鏡には、引き込んだ良い気を増幅させ、悪い気を跳ね返す働きがありますので、鬼門の玄関に鏡を置くのもおすすめです。

    ただし、鏡を置く際に気をつけなければいけないことが2点あります。

    まず『合わせ鏡』はNGです。

    これは、気が散漫し、流れを乱す原因となります。

    特に、金運の低下につながりますので、ご注意ください。

    そして、玄関の正面に鏡を設置することもNG。

    また玄関からは『気』が入り込むとされていますので、入ってきた良い気が反射されてしまいます。

    風水では『気』の流れは左回りだとされていますので、外から見て玄関の右側に向かって気が流れているということになります。

    玄関に入って右側に鏡を置いて、気の流れを助けてあげましょう。

     

    まとめ


     

    いかがでしたでしょうか?

    確かに玄関が『鬼門』に当たると、なんだか悪いことが起こりそうで不安になりますよね。

    でも、常に場を清潔に保ち、気の流れを正常にすることで、対処はできますので、何も恐れることはありません。

    むしろ、過度に気にすることで『悪い気』と波長が合ってしまい、『凶』のエネルギーを引き寄せてしまうことがありますので、要注意です。

    陰気は陰気を呼ぶので、どんどん『気』が低下し、『運気』を落としていきます。

    過度に意識せず、『ポジティブな気持ち』でいることが何よりも大事です。

    当たりすぎてこわい!不安だらけの人生を幸せに導くには

    私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが導かれる運命も、運命の人との出逢いも、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。


    「スピリチュアルの扉」では、スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージであなたの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

    あなたが進むべき道を知りたい方は、ぜひお試しください!



    わせて読みたい