3分でわかる手相★女性なら誰もが気になる結婚線の見方

    結婚線の見方

    手相占いに行ったことはありますか?

    手相には、持って生まれた運命と、これからの未来が刻まれています。

    そして、手相は日々刻々と変化をしています。

    つまり、手相は未来がリアルタイムで変化していく人生の設計図であるといえるでしょう。

    中でも女性が気になる結婚線は、手相占いに行かなくても自分で見ることができます。

    自分が持つ結婚線を調べて、幸運を手に入れましょう。

    今回は、すぐにわかる結婚線の見方についてお伝えします。

     

    3分でわかる手相★女性なら誰もが気になる結婚線の見方

     



     

    結婚線でわかること


    結婚線を見ることで

    • 婚期はいつなのか
    • その人がどのような結婚観を持っているのか
    • 結婚後の幸福度はどのくらいなのか

    といったことがわかります。

    近年は、男女ともに晩婚化が進み、結婚という道を選択しない人もいます。

    今の彼氏との結婚を迷っている人は、結婚線を見ることで、今が婚期なのかどうかの参考にすることができるかもしれません。

    彼氏がいない人も、結婚線からみる婚期を参考にして、出会いを意識することもできるでしょう

    それでは実際に結婚線を見ていきましょう。

     

    結婚線の場所


    手のひらの小指側を見てください。

    陰陽の思想では、女性は右手の手相を見るといわれています。

    ただし、左のほうが濃く見える場合は、左をみても決して間違いではありません。

    小指の付け根の線から、感情線の間を見ます。

    その中の間にある線が結婚線と言われており、何本も線がある人は結婚のチャンスがその数だけあると見られます。

    その線の位置が感情線の近くにあれば早婚、小指の近くにあれば晩婚となります。

    ほぼ真ん中にある人で30歳頃の結婚であるといわれています。

    結婚線がないからといって、結婚できないというわけではありません。

    具体的な結婚生活のイメージができていないというだけのことですので、心配しないでくださいね。

    早く結婚したい場合は、ペンで結婚線を書き足すことも有効です。

     

    上向きの結婚線


    結婚線が外側から内側に向かって上に伸びている場合は、結婚後も仕事を続けていくことを表しています

    家庭だけに収まることが向いていないため、専業主婦にはなりません。

    家庭と仕事を両立しけいける人ですから、結婚が決まっても寿退社はせずに仕事を続けましょう。

    仕事でもキャリアを積んで家庭とのバランスを取ることで、幸せな結婚生活を送ることができます。

     

    下向きの結婚線


    結婚線が外側から内側に向かって下に伸びている人は、結婚運が下がっている状態といえます。

    結婚自体に良いイメージが持てていないのかもしれません。

    もし、その状態で結婚を考えている彼氏がいる場合は、その彼との結婚に不安を感じていることを表しています。

    そのまま結婚に至ったとしても、幸せとはいえない結婚生活を暗示している場合もあります。

    2人の関係をもう一度考え直してみると良いでしょう。

     

    結婚線の先端が2本に分かれている


    結婚線が2本に枝分かれしている場合、離婚線の可能性があります。

    結婚後2人の気持ちが離れ、別居をするか離婚することを暗示します。

    小さな枝分かれの場合は、単身赴任などで一時的に別々に暮らすことがあるかもしれません。

    ただし、これはあくまでも警告であり、必ず離婚するというわけではありません。

    問題はしっかり話し合って解決していくことで絆を深めていくことができます

    また、枝分かれの2本の線の上が長い場合、子だくさん線とも見分けがつきづらい場合があります。

    その上の線からさらに線がいくつか出ている場合は、あなたが授かる子供の数や、妊娠の回数などを表している場合もあるのです。

    離婚線であると判断せずに、円満な結婚生活を思い浮かべましょう

     

    2本の線が1本に統合されている


    枝分かれしていた線が先端へいくにつれて1本に統合される結婚線は、障害を乗り越えて幸せな結婚を手に入れることを暗示しています。

    家族の反対があったり、遠距離恋愛をしていたりで、一時期は離れている期間があったとしても、紆余曲折を乗り越えて結婚に至ります。

    決して、2股恋愛から1人に絞って結婚するという意味ではありませんから、安心してくださいね。

    2人の間に立ちはばかる障壁を乗り越えて、幸せな結婚を手に入れることができます。

     

    結婚線が途中で分かれてまた1つの線に戻る


    1本だった結婚線が2つに枝分かれし、また1つの線に戻っている場合は要注意です。

    言葉だけを見ると、一度は離れた心がまた戻るように思えますが、これは不倫線といわれています

    ただの性格の不一致で離婚となる場合は、協議離婚で円満に別れることができます。

    しかし、夫婦どちらかの不倫によって離婚となるようなケースでは、泥沼離婚とも成りうる凶を表す相です。

    もしこの手相であったなら、マーカーでなぞって1本の線に変えてしまいましょう。

    韓国では、手相の整形も流行っているそうです。

    そこまでしなくても、マーカーで相を変えるだけでも、未来は変えられるのです。

     

    結婚線の先端に星印がある


    結婚線の先端にアスタリスク*のような星がついている場合は玉の輿を暗示する最強の結婚線であるといえるでしょう。

    経済的にも精神的にも安定した幸せな結婚を手に入れることができます。

    アスタリスクだけでなく、結婚線が薬指まで届くほど長い結婚線を持っている人も同様です。

    人も羨むような結婚ができる相ですから、積極的に出会いの場へ行き、その幸せを自分の手でつかんでください。

     

    まとめ


    今回は、代表的な結婚線の特徴についてお伝えしましたが、いかがでしたか?

    結婚線の見方はわかりましたか?

    結婚線を見るポイントは、線の先端にあります

    まずは手のひらを見て、自分にはいつどんな結婚が待っているのかを占ってみましょう。

    たとえ結婚線が薄くても、吉相でなかったとしても、幸運は自分の手でつかむものです。

    必要以上に不安にならずに、幸せをつかむための参考にしてみてくださいね。

    当たりすぎてこわい!不安だらけの人生を幸せに導くには

    私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが導かれる運命も、運命の人との出逢いも、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

    「カラー波動診断」では、スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージであなたの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

    あなたが進むべき道を知りたい方は、ぜひお試しください!


    わせて読みたい