六星占術で占う火星人プラスの7つの性格

    火星人 プラス 性格

    あなたは、自分の運命星を知っていますか?

    六占星術は、中国の算命学、易学などを元に提唱されている占星術です。

    火星人プラスの2016年は、3年間続いた大殺界が明けました。

    12年周期の始まりの年、『種子』に入ります。

    種子は今後の12年間のベースとなる種まきの年です。

    春の訪れを喜びつつ、火星人プラスの性格を見ていきましょう。

    ※更新情報 2017年の火星人プラス(+)の運勢を追加しました。[2017/1/1]

     

    六星占術で占う火星人プラスの7つの性格

     



     

    感情を表に出さない


    火星人プラスの人は、あまり心の中を他者には見せません。

    本心では、色々な思いや考えを巡らせているのですが、それを口に出すことはありません。

    そのため、周囲からは何を考えているのかよくわからない人だと思われることが多いでしょう。

    人見知りが激しい性格をしているので、友人が多いとはいえません。

    自分の世界を崩さないため、頑固で変わり者と見られることもあります。

    しかしながら、一度仲良くなるととことん信頼するので、長く深く付き合える友人となるでしょう。

     

    マイペース


    火星人プラスの人は、マイペースな性格で人に振り回されることがありません。

    他者からあれこれ詮索されるのを嫌い、自分の世界を大切にします。

    そのため、自分のテリトリーにデリカシーなく入り込む人とは付き合おうとしません。

    人からの評価も気にせずふるまうため、一見するとわがままで自分勝手にも見えるでしょう。

    それでも動じずに自分の信念を持つ、一本筋の通った性格であるといえます。

    それでいて行動はフィーリングを大切にし、自分の感性を信じて動きます。

     

    勘が鋭い


    火星人プラスの人は、勘が鋭く人やものごとの本質を見抜く目を持っています。

    そのため、火星人プラスの人に嘘は通用しません。

    すぐに見破られてしまいますので誠実な態度で接するようにしましょう。

    逆にいえば、人のことを見た目や印象だけで判断することもないので、上辺だけの浅い付き合いにはなりません。

    一度信じると、相手を裏切ることはないでしょう。

    人から理解されにくい性格である一方、一度心を開けば生涯その相手を信頼します。

     

    我慢強い


    火星人プラスの人は、やると決めたら最後までやり通す我慢強い性格をしています。

    中途半端な状態で諦めるということをしません。

    軽い気持ちで始めたことでさえも、志なかばで投げ出すようなことはせずやり遂げます。

    目標に向かって努力する姿勢には目を見張るものがあります。

    その忍耐力で目的を達成するまで努力を続けます。

    そのため、仕事では大きな責務を任されることがあるでしょう。

     

    買い物が好き


    火星人プラスの人は、貯金が苦手な人が多いようです。

    ショッピングが大好きで、今必要でないものをつい買ってしまうことがあるのではないでしょうか。

    買い物をして帰ってくると、家に同じものがあったということも少なくありません。

    モノに関しては移り気な性格をしているので衝動買いも多く、すぐに別の物が欲しくなって無駄遣いをしてしまいがちです。

    後先考えることなくお金をつかってしまう節がありますので要注意です。

    お金を持っているとあるだけ使ってしまうので、財形貯蓄や定期預金などをして手元にお金を持たないようにすると良いかもしれませんね。

     

    会社勤めはあまり向かない


    感受性が強くお金にあまり執着を持たないため、ルーティンで働いてただお給料をもらうという仕事には向きません。

    お金のためではなく、自分のアイデンティティを確立できるようなプライドを持ってできる仕事に就いたときに力を発揮します。

    天職と感じたら、寝る間も惜しんで徹底的にその仕事を究めていくでしょう。

    元来知識欲旺盛な性格をしているため、アーティスティックな世界が向いています。

    組織にいると息がつまりそうになる火星人プラスですから、芸能関係など自己表現できる職場が向いているでしょう。

    水商売は誘惑が多く、身を滅ぼしかねませんので注意してください。

     

    幸運期の結婚で良き妻となる


    結婚は、運気の良いときに決めましょう。

    そうすれば、家庭に落ち着き生涯幸せな結婚生活を送ることができます。

    子供に恵まれないのが火星人マイナスの人の特徴であるのに対し、火星人プラスの人は子供を産み育てることが人生の課題になります。

    本来自由な性格をしている火星人プラスですが、子を持つことによって、良き親、良き妻となることができるでしょう。

    しかし、大殺界中に結婚をすると必ずといっていいほどうまくいきません。

    幸運期での結婚が絶対条件になりますので気を付けてください。

    ※2017年の火星人プラス(+)の運勢もチェックしてみてね!! >> ?本物の愛情をゲット! 2017年の火星人プラス(+)の運勢

     

    まとめ


    奇人変人といわれることも多い火星人プラスですが、シャイな一面がありものごとの本質を捉える洞察力を持っています。

    火星人プラスの女性は、一生懸命な性格であるあまり無理をしてしまう人が多いです。

    肩肘を張らずに一息ついてから行動するようにしましょう。

    2016年は大殺界も明け、一発逆転の年となりますので楽しみにしていてください。

    初めはついてないと思うようなことでも、最終的には幸運が巡ってきます。

    『種子』は今後の12年間の種まきの時期となりますので、幸運な基礎を築いていってくださいね。

    当たりすぎてこわい!不安だらけの人生を幸せに導くには

    私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが導かれる運命も、運命の人との出逢いも、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。


    「スピリチュアルの扉」では、スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージであなたの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

    あなたが進むべき道を知りたい方は、ぜひお試しください!



    わせて読みたい