賃貸契約する前に要チェック!風水で見る間取りの良し悪し

    風水 間取り

    引っ越しが決まったら、引っ越し先の間取りが風水的にどうなのか、ちょっと気になりますよね?

    風水では、様々な考え方や流派、解釈の違いなどがあります。

    中国古来の風水と日本で独自に発展した風水の違いなどで、考え方そのものにかなりの違いがあり、見方によっては「良い間取り」というものは、その都度変わってしまうことがあります。

    今回は、日本において間取りを考える際に頻繁に用いられる「鬼門」「裏鬼門」を中心に間取りを考えてみましょう。

     

    賃貸契約する前に要チェック!風水で見る間取りの良し悪し

     



     

    なぜ鬼門を気にするの? 鬼門・裏鬼門とは


    鬼門(きもん)とは、北東(艮=うしとら・丑と寅の間)の方位のことです

    陰陽道では、鬼が出入りする方角であるとして、万事に忌むべき方角とされています。

    また、鬼門の方角正真反対の方角である南西(坤、ひつじさる)の方角を「裏鬼門」と呼び、同様に不吉な方角とされています。

    どちらも中国から伝わったものとされていて、鬼門に関してはさまざまな説がありますが「丑寅」を時刻にあてはめると「丑三つ時」と言われる夜中の2時半ほどになります。

    昔から丑三つ時は、幽霊や妖怪などが現れる時刻だとされていたため、方角の丑寅と合わせて考えられるようになったようです。

    陰陽道においては「北と西は陰」、「東と南は陽」とされるため、北東と南西は陰陽の境となるので、不安定な方角になると説明されています。

    また、その正反対である裏鬼門は「魔が通り抜けていく出口」とされているので、鬼門同様間取りを考える上では「悪い物の通り道」とされて警戒されるようになったようです。

     

    このお部屋では鬼門はどちらになるの? お部屋に対する正しい方角の調べ方


    まずは、調べたいお部屋の間取り図を用意します。

    できれば、自分で用意した手書きの間取り図ではなく、不動産屋さんで正しく書かれた間取り図が良いでしょう。

    最初にお部屋の中心を探すのですが、ここで問題になってくるのが部屋の「欠け」と「張り」です

    日本の住宅事情では、そうそう真四角のお部屋などありません。

    お部屋全体を四角として考えた場合、どの部分が欠けていて出っ張っているのかを調べましょう。

    通常風水や家相おいては、「張り」と呼ばれるのはその面における3分の1以下の出っ張りの事を「張り」と呼びます。

    「欠け」も同様で、その面の長さの3分の1以下の出っ張りの事を指します。

    このように、「欠け」と「張り」がわかったら…

    • 小さな「欠け」「張り」は無視する
    • 部屋全体が大きくL字になっている場合は間を取る
    • 斜めの場合は間にそろえる

    ようにしてお部屋に斜線を引くと、中心が出てきます。

    風水 間取り
    出典元:http://www.reizan-fusui.jp/center.html

    こうして決まった中心から、今度は方角に合わせて十字に線を引くと「鬼門」「裏鬼門」がわかりやすくなりますね。

     

    何がNG? 鬼門・裏鬼門にない方が良いもの


    鬼門・裏鬼門の方角に何があるとNGな間取りなのでしょうか?

    こちらも所説あるのですが、一般的には「トイレ」「キッチン」「お風呂」「玄関」はNGだとされています。

    良くないものは、水気となじみやすいので、水回りの設備は良くない、ということですね。

    また玄関は幸運の入口となる、風水にとって一番大切な場所です。

    その玄関から一緒に良くないものが出入りする間取りは避けたいですね。

     

    気に入ったお部屋が良くない間取り…どうしたらいいの?


    家賃・立地・建物も気に入ったのに、間取りだけが風水的にNG…なんてこともよくありますよね?

    こんな時は、どうしたら良いのでしょうか?

    賃貸の場合なら、頑張って条件の合う良い間取りのお部屋を探し続けることもできますが、それでも限界はあります。

    そんな場合は、できれば古かったり、くすんだ印象のお部屋だけは避けて、鬼門・裏鬼門にある良くない設備を常にキレイに管理し続けることで、逆に運気が上がることもあります

    風水では、清潔で明るい雰囲気づくりが幸運を呼ぶとされています。

    方角による間取りの良し悪しも可能ならば選ぶべきですが、実際には賃貸のお部屋の間取りは、そうそう自由に選べるものでもありません。

    もし気に入った物件の間取りが悪くても、きちんとお手入れをすれば、ちゃんと意識している分だけ良い運気を運んできてくれるので、安心してください。

     

    寝室について


    一番大事な部屋というと、寝室ではないでしょうか?

    清々しい光がいっぱいあふれた朝の光と、朝の空気をお部屋のなかに招き入れるだけで、運気がアップします。

    寝室は、東や南西の間取りが良いと言われていますが、納得です。

    寝室を綺麗に掃除した日は、心まで浄化されたと感じます。

    部屋全体が透き通った光に包まれているような、透明感があり、なんだかワクワク、楽しくなります。

    夜はぐっすり快眠できて、良いことずくめです。

     

    玄関について


    風水では、良い気を旺気(おうき)と呼びますが、玄関は旺気(おうき)の入り口です。

    玄関の間取りは「東南」が吉とされていますが、住宅事情など、難しい場合もありますよね。

    でも大丈夫です。

    旺気は明るい場所を好みますので、明るく清潔な玄関から、あなたの暮らしへと旺気を迎え入れて、運気をアップさせましょう。

    玄関に、観賞植物を置くのも良いと言われています。

     

    浴室、バスルーム、トイレについて


    吉方位は東、南東と言われています。

    風水では、浴室のもっとも大事なポイントは、換気と掃除です。

    お風呂タイムは、良質なリラクゼーションの時間でもあります。

    お風呂に入ると、体がさっぱりし清潔になるうえに、スピリチュアル的にも、外からの邪気を洗い流すことで、波動も軽やかになり、綺麗になります。

    ちなみに、バスソルトには浄化作用があります。

    鬼門である北東は凶とされていますが、北東は位置的に寒いため、体が冷えるため良いとは言えないことからしても、理にかなっています。

    トイレは、マットレスを敷くことで冷え防止になりますし、そのうえ、邪気を取ってくれます。しっかり換気を行い、風通し良くしてください。清潔なトイレは気持ちの良いものです。

    金運は、キレイな場所を好むので、トイレをキレイにすると、金運がアップすると言われています。

    ちなみに、金運は西から入り、北で貯まると言われています。

    西にゴールドや黄色の物を置くと良いとされています。

     

    キッチンについて


    ポイントは、明るく風通しの良いこと。

    吉方位は、東、東南、西北です。

    西日が当たる場所は避けたほうが良いと言われています。

    風通の良い、心地いいキッチンで、楽しくクッキングをして、おいしくてヘルシーな食事をいただきたいものです。

     

    恋愛運、結婚運について


    風水では、桃花位(とうかい)に花を飾ると恋愛運、結婚運がアップすると言われています

    花を飾るだけで恋愛運、結婚運がアップするなんてステキですよね。

    桃花位と呼ばれている方角に花を飾るだけですので、とっても簡単です。

    桃花位の求め方はいくつかありますが、すべての人に共通する「流年」では2016年の桃花位は「南」です

    南に花を飾り、明るくポジティブな気持ちで花に接してあげてくださいね。

     

    まとめ


    風水における良い間取りと、鬼門・裏鬼門に関する考え方は、本当にたくさんの流派や考え方があり「これが絶対! 」というものはありません。

    今回お伝えしたものも、考え方のひとつです。

    特に賃貸では、間取りや方角を自由に選ぶのは難しく、こだわってしまうと、なかなかお部屋が決められない困った事態になってしまうかもしれません。

    条件の良い、明るい雰囲気のお部屋であれば、あまり鬼門・裏鬼門にこだわらず「キレイにお手入れすれば、大丈夫! 」と、逆に良い方向に考えるのもまた、開運法のひとつと言えるかもしれません。

    当たりすぎてこわい!不安だらけの人生を幸せに導くには

    私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが導かれる運命も、運命の人との出逢いも、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。


    「スピリチュアルの扉」では、スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージであなたの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

    あなたが進むべき道を知りたい方は、ぜひお試しください!


    わせて読みたい