傷心を癒す方法11選と心を軽くする失恋ソング5曲

    傷心を癒やす

    長く付き合っていた人に別れを告げられたとき、気になる人に彼女がいると知ったとき、立ち直れないほど心が傷ついてしまうことがありますよね。

    人は誰でも必ず『別れ』を経験します。

    初めて付き合った相手とそのまま幸せな結婚をする人も中にはいますが、多くの場合、出会いと別れを繰り返して運命の相手とめぐり遭います。

    できれば経験したくない別れも、実は自分の成長のために必要なものです。

    とはいえ、そのときは仕事も手につかないくらいショックで悲しいものですよね。

    どうにかして傷心を癒す方法は無いのでしょうか?

    自分の心を押さえつけることなく、気が済むまで泣いて愚痴をこぼしていいんです。友達に話を聞いてもらうのも良いでしょう。

    そのうちに、足が外へ向くようになりますから、ジムやエステでリフレッシュして、次の恋に備えましょう。

    別れを経験すると心が傷ついて痛みますが、その痛みはいつか消えます。

    傷跡として残ったとしても、いつか『あのときこうだったな。』と懐かしく思う日が必ずやってきます。

    むしろ、その想いは貴重なものであったことを後で知ることになるでしょう。

    辛い思いをした分だけ、真剣で身を焦がすような恋ができたということなんです。

    傷心から私たちはたくさんのことを学びます。

    人生の伴侶と出会ったときに初めて、試練はこの日のためにあったのだと思える日が来るのです。

     

    傷心を癒す方法11選と心を軽くする失恋ソング5曲

     



     

    傷心を癒す方法11選


    恋人と別れたとき、好きな人にフラれたとき、心に大きな傷を負いますよね。

    好きな気持ちが大きかった分だけ、立ち直るのに時間がかかります。

    仕事は手につかず、誰にも会いたくない、何もしたくないという気持ちになるかもしれません。

    それでも、いつまでも辛い気持ちのままでいては、心がつぶれてしまいます。

    1日も早く気持ちを切り替えるために、傷心を癒す方法11選をご紹介します。

     

    1.涙が枯れるまで泣く


    人間は悲しい気持ちになったり、嬉しい気持ちになったり、何らかの感情を刺激されると、涙が流れるようになっています。

    涙に限らず、自分の中から何かを発すると、ストレスや不快症状を放出できます。

    大きな声を出すと気持ちよかったり、トイレに行くとすっきりしたりしますね。

    気が済むまで涙を流すことで、マイナスの気持ちを発散することができます。

     

    2.思い出の品を整理する


    写真や手紙、プレゼントなどの思い出の品があると、つい楽しかったことを思い出してしまうという人は、思い切ってそれらを手放してしまいましょう。

    断捨離が苦手な人は難しいかもしれませんが、思い切って捨ててしまうと、その想いが断ち切れることがあります。

    品物であれば、売ってお金にしてしまうのもアリです。

    連絡先もいっそ削除してしまえば、また連絡がくるかもしれない・・・なんていう未練もなくなるかもしれません。

     

    3.冷静に感情を見つめる


    失恋のショックを受けたときは、自分は何が悲しくて、なぜ泣いているのかわからずにふさぎこんでいることが実は多いです。

    自分の感情を客観的に見ることで、実は大したことないなと思えることもあります。

    例えば、もし浮気をされて別れに至った場合、悲しいのか、悔しいのか、怒りの気持ちなのかを見つめてみるのです。

    そうすると、別れて良かったと思えることもあるでしょうし、次の恋愛に活かせることもあります。

     

    4.明るい色の服を着る


    何も手につかないときは、ファッションにも気が回らないかもしれません。

    そんなときは、あえて明るい色の服を選んで着ましょう。

    明るい色を身にまとえば、心も明るくなります。

    色でなくともお気に入りの服や新しい服に袖を通すこともオススメです。

     

    5.家族や友達と過ごす


    たとえ1つの恋を失ったとしても、あなたが持ち合わせているものはその恋だけでしたか?

    きっと大切な家族や友達がいてくれたはずです。

    傷心しているときは、全てを失ってしまったような気持ちになります。

    しかし、周りをよく見回してみてください。

    大切なものが他にもあなたのそばにあるはずです。

     

    6.趣味や仕事に没頭する


    失恋した事実は変えることができなくても、気持ちを紛らわせることはできます。

    そういうときこそ、無心で集中できる趣味や仕事を持っているなら、あなたは幸せです。

    人生を充実させるものは恋愛だけではありません。

    恋愛一筋ではなく、普段から趣味や仕事を持っていると、たとえ傷心になろうが心のバランスが取りやすくなるのです。

     

    7.旅行に出かける


    傷心旅行という言葉に抵抗感を持つ人もいるかもしれませんが、旅に出ることは大いに癒し効果があります。

    リフレッシュできることはもちろん、新しい世界を見て、あらゆるものに出会うことで自分の悩みが小さいものだと感じられるようになります。

    美味しいものを食べたり、海や温泉に入ったり、美しい景色を見ることで、心と体が新しい気持ちで満たされます。

    傷心したことは、新たな出会いに1歩近づいたということだと気づきましょう。

     

    8.水泳をする


    他のことをしていても、どうしても別れた恋人のことを考えてしまうという人にオススメなのが、水泳です。

    悲しい思いを全て水に流すように、何も考えずに泳ぐ事に没頭してください。

    水泳をすると血圧が整い、体のむくみが取れてスッキリしますから、心も軽くなります。

    泳ぐことが苦手な人は、数を数えながらウォーキングしてみると良いでしょう。

     

    9.スパやエステに行く


    傷心して心が痛むときには、ささくれた心に潤いを与えてあげる必要があります。

    『失恋をすると髪を切る』という人がいますよね?

    このようにいつもとは違う自分をあえて作り出すことで、心も『生まれ変わり』ます。

    スパやエステでトリートメントを受けることでも、『生まれ変わり』効果がありますので、ぜひ試してみてください。

     

    10.ヨガで自律神経を整える


    ストレス耐性と自律神経は、大きな関わりがあります。

    傷心すると、大きな心理的ストレスを感じます。

    自律神経が乱れやすい人は、失恋のショックから胃痛や不眠といった心身症を引き起こしてしまうことがあります。

    ヨガは自律神経を整える効果が得られますので、傷心によって体の不調が起きやすい人には良いでしょう。

    深い呼吸が傷心を癒すのです。

     

    11.抱えている想いを文字に書き出す


    心の中で生まれる行き場の無い感情は、文字に書き出すことである程度発散することができます。

    日記でも手紙でもメモでも良いので、思うまま感じるままに書き出してみましょう。

    ただし、手紙は渡さないことが前提です。SNSへのアップも厳禁です。

    なぜなら、思うままに書き出した感情は、ときに支離滅裂で自分にしかわからないものだからです。

     

    傷心を癒す失恋ソング5曲


    楽しいときも、切ないときも、いつも感情に寄り添ってくれるのは「音楽」ではないでしょうか。

    傷心しているときに聴くと、感情が爆発してしまうかもしれませんが、気が済むまで浸りましょう。

    感情を抑えることなく、発散させることが傷心を癒す鍵になります。

    傷心を癒す失恋ソング5曲をご紹介します。

     

    1.『One more time, One more chance』山崎まさよし


    切ないメロディラインに乗せて、日々の中にも好きだった人の面影を探してしまう気持ちが響きます。

    まだショックの中にいて、とても立ち直ることなんてできないという気持ちのときに浸れる1曲です。

     

    2.『サンキュ。』Dreams Come True


    爽やかな曲調が失った恋の喪失感を余計に助長させます。

    それでいて、寂しい気持ちに寄り添ってくれる人がいることの救いも感じられる1曲です。

     

    3.『会いたくて 会いたくて』西野カナ


    恋する女子のリアルな想いが等身大の言葉で表現されています。

    その気持ちに共感して、曲の中の主人公と自分の悲しみを重ねて聴き入れる1曲です。

     

    4.『366日』HY


    たとえ叶わなくても、その人が存在してくれているだけでいいと思えるほど、苦しくも一途な愛が歌われています。

    忘れられない恋を思い出してしまう1曲です。

     

    5.『First Love』宇多田ヒカル


    別れを選んだ恋人たちは二度と会うこともなく、過ごした時間はいずれ過去の遠い日の記憶に変わっていきます

    そう思えるまでは胸の痛みのままに、恋の余韻が寂しさに変わる切なさを感じられる1曲です。

     

    感情の役割とは


    別れを告げる側も告げられる側も、とても辛い気持ちになるものです。

    そのときの感情は、寂しさ、不安、悲しみ、場合によっては怒りかもしれません。

    どれも人を不快にさせる感情のように思えますが、実はこれらの感情も立ち直るために大切な役割を果たしてくれています。

    ですから、決してその感情を押さえつけたり、封じ込めたりしてはいけません。

    傷心を癒すには、これらの感情をバランスよく感じることが近道です。

    例えば・・・

    • 寂しさを感じることで、本当は自分が相手にどうして欲しかったのかがわかります。
    • 不安を感じることで、問題を未然に防ぐ準備ができます。
    • 悲しみを感じることで、別れを受け入れて執着を手放すことができます。
    • 怒りを感じることで、自分はどんな行動を取るべきなのかがわかります。

     

    このように感情は、私たちの行動に警鐘を鳴らし、あるべき道を気づかせてくれる役割があります。

    とはいえ、1つの感情に偏りすぎても、立ち直るまでに時間がかかります。

    人には誰にでも『思考のクセ』というものがあります。

    自分の思考のクセを理解しておくだけでも、心持ちは変わってきます。

    すぐに不安になってしまう人は、根拠のない漠然とした不安は考えない。

    すぐに怒りの感情が沸き、カッとなってしまう人は、深呼吸をして感情を放す。

    こういった意識づけを普段からしておくと、感情をコントロールしやすくなるので良いでしょう。

    ただ、感情を内に閉じ込めたままでいると、神経を伝わる信号として、いつまでも発散されぬままさ迷い続けてしまいます。

    うまく外へ放出できない人は、ノートやメモに書きなぐるだけでもいいので、表出化させることが大切になってきます。

    若くしてこの世を去った詩人『山田かまち』のストレートな感情表現は、その例としておすすめです。

     

    詩人『山田かまち』に見る感情表現の力強さ


    山田かまちは、エレキギターの練習中、17歳の若さで感電死したと言われています。

    氷室京介ともバンドを組んでいたと言うかまちは、詩人であり、画家であり、ロッカーでした。

    書籍『山田かまちのノート』には、恋の情熱や苦しさ、葛藤が痛いほどストレートに表現されています。

    思ったことや感じたことを包み隠さずに書き出すことは、傷心を癒すというだけでなく、他にも効果があるように思えてなりません。

    かまちは、予備校で出会った佐藤真弓さんという女性に恋をしていました。

    彼女へのどうしようもない恋心を、そのまま日記に綴っていました。

    何も知らない人が見たら、ストーカー的だと思うくらい、かまちは彼女に夢中です。

    そんなに想われていることを知らなかった佐藤真弓さんは、後日このことを知り、驚いたそうです。

    かまちの情熱的な想いを知って、彼女の心に響くものがあったのかもしれないですね。

     

    まとめ


    彼女は今でも独身を貫いているそうです。

    誰でも一度は経験したであろう失恋・・・

    今、まさに傷心に気を落としている人もいるでしょう。

    ただ、無理に歩き出す必要はありません。

    今は苦しくても、必ずいつか心の痛みは消えていきます。

    前を向けるまでは、気が済むまで泣きましょう。

    辛くても、傷心を癒す方法はいくらでもあります。

    暗いトンネルの中にいるように思えても、これは運命の人に出会うための通過儀礼に過ぎません。

    それを念頭に置いて、今の気持ちを乗り越えてください。

    たった2分で運命を変える方法とは?

    あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『話題のカード占術 マナ・タロット』をご存知ですか?

    自分の本質を知ることで2017年に起こる運命が驚くほど好転します。

    いい人に出会えるか、気になるあの人との近い未来の行く末など、あなたの運命を知ることができますよ。

    プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員初回無料で体験できちゃうんです^^

    運命を知りたい・変えたい方、今なら『全員初回無料』で体験できます!
    42歳の小太りのおばちゃんが、27歳の向井理似の公認会計士に恋をしました。

    本人さえも、叶わぬ恋だとあきらめていましたが、1ヶ月後、交際することに。

    そのきっかけは・・・ある人からのアドバイスでした。



    わせて読みたい