ギブアンドテイクを実践し、オンリーワンの存在になる4つの方法

    give-and-take

    ビジネスの基本を端的に表す言葉として、ギブアンドテイクという言葉を挙げるビジネスパーソンは多いようです。

    しかしながら、なぜ、テイク&ギブではないのかとか、この方法を駆使したらなぜオンリーワンになるのかという部分まで理解している方は少ないようです。

    確認の意味も含めて今回、紹介してみましょう。

     

    ギブアンドテイクを実践し、オンリーワンの存在になる4つの方法

     



     

    ビジネスの世界におけるギブアンドテイクのニュアンス


     

    ビジネスの世界においてのギブアンドテイクは、言葉そのもののイメージとはニュアンスが少し違います。

    通常時は、読んで字のごとくギブ(与える)とテイク(もらう)『与えてからもらう』という意味で使用されています。
    ビジネスでもそう認識している方も多いのですが、自社の利益を念頭におかず、お客様や関係会社の利益を最優先で考えよ。というテイク&テイク(与えてまた与える)と認識している方もいらっしゃる反面、中にはテイク&ギブ(貰ってから与える)というのが、本当の意味でのギブアンドテイクなのだ。などとも表現されていて、その定義が定まっていない感があります。

    しかし、最近になってピッタリな類義語が用いられるようになってギブアンドテイクの定義がようやく定まってきた感があります。その類義語とは、ウィン・ウィンと言う言葉です。

    貸し借りどうのこうのではなく、最終的に両方にとって最適なビジネスを行うこと、ギブアンドテイクを同時に精算するという感じの意味です。この類義語の登場でギブアンドテイクという言葉は、よりビジネスパーソンにとって身近な言葉になったのです。
     

    尊重がギブアンドテイク(ウィン・ウィン)をつくる


     

    『相手を尊重する。』という資質はビジネスにおいて大切なスキルです。

    『自分が相手を嫌うと相手も貴方を嫌う。』『自分が相手を尊重すると相手も尊重してくれる』という感情の比例関係は、ビジネスの世界以外でも対人コミュニケーションの基本とされている事です。まず、ギブアンドテイクの関係が成立つためには、互いに価値を認め合っているかどうかの前段階として、この人という人間が好きか(尊重できるか)、という根本的な部分が成立っている必要があるのです。

    相手を好きになれなくて、この成立ちに及ばないと思っている人は、勘違いに気がつく必要があります。相手を好きになる必要はありません。尊重できるかどうかがキーポイントなのですから・・・。

    どうしても上手くいかない方は、一旦、好き嫌いは置いておいて、嫌いになるポイントに目を向けないで、尊重できるポイントを今までの付き合いの中から探してみる事をお勧めします。視点を変える事で認識していなかった(認識が薄かった)ポイントを見出せる可能性があります。
     

    プラスのエネルギー(前向きさ)を届ける


     

    相手を尊重する場合、対峙する自分自身の状態に配慮することは当然であるといえます。その様な場合の前には自分自身に対して、次の事を自問自答してみてください。

    『私は、プラスのエネルギーを対峙する人に届けているかどうか。』
    プラスのエネルギーを構成するのは、笑顔や元気・キビキビ感です。そして最も重要なのは前向きかどうかです。

    熱心に真摯に物事にあたる姿勢は、周囲にプラスのエネルギーを与えてくれます。その様な人にのみギフトが送られるのかもしれません。また、話を聞いている事を相手に伝える頷きというリアクションも忘れてはならない重要なキーワードです。

    ギブアンドテイクはまず、自分の中から・・・と言われる由縁でもあります。
     

    他人を褒める


     

    人を褒めることに馴れていない文化で育っている我々にとって相手を認め、褒めることが、ギブアンドテイクの最大の障壁となる可能性があります。馴れていない人は、どうしてもあなた目線(YOUメッセージ)で褒めてしまいます。

    例えば、イチローに対して『野球が上手だね。』といっても褒めたことにはなりません。何を言ってるの? 当たり前でしょ。という感覚です。そこで、『アウトコースに来た球を逆らわずにライト方向へヒットなどとは凄いですね。』という様に詳しく褒めなくてはならなくなります。しかも、こう褒めたとしても相手のツボには届かないケースが生じてしまいます。

    つまり、YOUメッセージは、褒めるという行為がポイントにはまらなければ、効果を発揮しない褒め方なのです。そこで、褒めるときには私目線(Iメッセージ)やみんな目線(Weメッセージ)で相手を褒めることも方法のひとつです。

    例えば、イチローに『今日のプレーで私は勇気をもらいました。』とか『あなたのプレーを良くみんなで話題にしてやる気を高めています。有難うございます。』という様にです。そうするとあなた目線ではないので、イチローも『そんなことありません。』と否定する事は出来ません。

    YOUメッセージはここ一番にとっておいて、IメッセージやWeメッセージを活用する事をお勧めします。
     

    まとめ


     

    いかがでしたか?

    ギブアンドテイクは、相手の事を思いやる(考える)事が非常に重要で、それができれば、他人と差別化する事ができます。

    今回、そのポイントをご紹介しましたので、ぜひ、実践してみてください。

    当たりすぎてこわい!不安だらけの人生を幸せに導くには

    私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが導かれる運命も、運命の人との出逢いも、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

    「カラー波動診断」では、スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージであなたの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

    あなたが進むべき道を知りたい方は、ぜひお試しください!



    わせて読みたい