【夢占い】歌う夢の意味とは?診断9パターン

夢占い 歌う

夢を見ることは、あなたともうひとりのあなた(潜在意識)との対話です。

夢の言葉は独特であり、かつ全人類に共通するイメージが反映されています。

夢占いで、歌う夢が象徴するものとはなんでしょう?

実は、歌というのはとても素直に、ストレートに潜在意識と共鳴する優れた媒体です。

詩や映像も潜在意識への直接通路を持っていますが、歌もその時代の空気を瞬間冷凍して時空を超えて人に届けることができるもので、言葉だけでは伝わりにくい心の宇宙を、そのままの形で相手に届けることができます。

そんな歌を人に直接届ける『歌う』という行為は、夢の中では現実世界よりももっと強力に、あなたの少し先の未来や心をあなたに届けてくる大切なメッセージとなります。

歌うという行為を夢占いで見た場合、どんな歌を歌っているか、上手に歌えたかどうかが占うポイントになります。

そして、その歌声がどのように響き、誰に聞いてもらったかで、夢占いのバリエーションも広がっていきます。

誰かの歌声が聞こえる夢も、自分が歌うのと同じような意味合いを持ち、場合によってはもっと強いメッセージである場合もあります。

歌の歌詞や曲調が明るいか暗いかも、歌う夢占いでは重要な判断材料になります。

歌う夢は具体的に、何をあなたに伝えたがっているのでしょうか?

 

【夢占い】歌う夢の意味とは?診断9パターン

 



 

うまく歌う夢


あなたが歌をうまく歌えた夢占いは、現実でも自己表現がうまくいっていて、周囲に受け入れられている暗示になります。

歌ったあと気持ちがすっきりした夢であれば、あなたが自分を表現することで周囲は励まされたり、勇気を持てている証拠です。積極的に気持ちを発信していくことをオススメします。

また、何かを表現するお仕事をされているかたにとっては、飛躍のチャンスです。

普段、うまくコミュニケーションが取れていないと思っている人がこの夢を見た場合、少しずつ自分を表現できるようになる暗示ですので、安心してください。

 

うまく歌えない夢


うまく歌えない夢占いは、今、あなたが自己主張すればするほど、周囲は困惑してしまう暗示になります。

余計なことを言ってしまったり、何気ない一言に尾ひれがついてまったく違う話になって広がってしまったり、いろいろと困ったことになる可能性がありますので注意してください。

夢占いでは、歌うということは、そのまま『自己表現』という意味になります。それがうまくいかないということですから、仕事におけるプレゼンテーションや、異性への告白、プロポーズ、何かの立候補といった自分を売り込む行為は、当面控えたほうがいいでしょう。

うまく歌えなくても、歌ったあとすっきりする夢であれば、あなたの内部に溜まっていた未消化のものが外に排泄されて、運気が好転する場合もあります。

そして、歌っても声が出なかったり、モヤモヤし続けている場合は、今は感情の出口を人に向けず日記を着けたり、他のことで発散する工夫が必要になります。

歌ったあとすっきりするかどうかは、『運勢が上向きか下向きか』を知る重要な手がかりになりますので、思い出してみてください。

 

明るい曲を歌う夢


明るい曲を歌う夢占いは、今、あなたのエネルギーの向きが外に外に広がっていて、人に気持ちを届けやすくなっている状態を示しています。

歌は、歌を聞いている人よりも歌っている人にもっとも大きく影響を与えるということをご存知でしょうか?

明るい歌は誰よりも歌っている本人を勇気づけ、前に進む原動力となります。

できれば、その歌の歌詞を思い出したり、実際に口ずさんで見ると、潜在意識から無限のパワーを引っ張り出すきっかけになるかもしれません。

 

暗い曲を歌う夢


暗い曲を歌う夢は、明るい夢と違い、エネルギーの向きが自分の内部に深く入り込むのに成功している暗示です

歌の明るさや暗さは、運勢に影響をもたらすものではなく、ただ単にエネルギーの向きが違うだけです。

明るい部分だけ、見たい部分だけを見て生きようとすれば、いつかバランスを失います。

自分の心の暗い部分を見つめることによって、バランスの取れた人生を歩むことができますし、暗い未消化な感情を浄化させてあげることで運気アップにつながります。

曲調が暗くても何も心配することはありません。

 

ひとりで歌う夢


ひとりで歌う夢占いは、今、あなたは周囲のことよりも自分自身と向き合うことが必要であることをあらわしています。

人は、周囲と調和しながら生きること以上に、自分自身と調和して生きることが必要です。

今、あなたは不必要に自分の気持ちを人にわかってもらおうと頑張っていませんか?

人にわかってもらう前に、自分自身が本当にその感情を受け入れて消化しようとしていますか?

ひとりで歌う夢を見て、その歌がうまく歌えてすっきりしたのであれば、あなたはようやく次の段階に進める準備ができたことになります。

もしひとりで歌っていて声が出なかったり、うまく歌えなかったりした場合、人に発信するよりも、まず自分が自分の感情を受け入れ、理解しようと努めることが先になります。

自分が理解できないものを、人に理解させることは不可能です。

順番を間違えないようにしてください。

 

大勢の前で歌う夢


コンサートやライブなど大勢の前で歌う夢占いは、あなたのエネルギーが今にも外に溢れ出し、そのことによって多くの人の心を動かすチャンスが近づいていることの暗示です。

たとえ夢の中であれ、コンサート会場で歌う夢などは滅多に見られるものではありません。

この夢を見た場合、あなたが何かを伝えようとしているというよりも、あなたの存在自体に何か人に伝えられることがある可能性を秘めています。

まずは身近な人から始めて、少しずつ表現の場を広げていってください。

大勢の人があなたを待っているかもしれません。

 

合唱などを歌う夢


大勢の人と一緒に歌う合唱などの夢は、今、あなたが孤独で、誰かと一緒に歩みたいと切望しているあらわれです。

とくに合唱の夢は、現実では得られない一体感を夢の中で実現する逆夢メカニズムが働いたものと考えてよいでしょう。

今の孤独は何のためにあるのか、どうして孤独に陥ったのか、少し考えて見てください。

孤独というのはとても耐えがたいものである一方で、ある人にとってはとても贅沢なものです。

じっくりと自分と向き合い、過去の未消化の自分と対面するチャンスを与えられたと思って、黙々と今できることに取り組んでください。

読書、映画、食生活、孤独であるからこそできることがあり、今それをすることによって新しい未来が作られていく可能性もあります。

人生には孤独な時間が必ず存在します。

その時間をどのようにして過ごすのかで、のちの人生の質が大きく変わることもありますので、大事に過ごしてください。

 

歌声が聞こえてくる夢


歌声が聞こえてくる夢占いは、人生の転機が訪れる暗示になります

美しい歌声であるならば、幸運を一気につかむことになるでしょう。

心を冷えさせるようなゾッとする歌声の夢だったとしても、その歌声で心を動かされたのであれば、何か劇的な変化が起こる可能性があります。

『感動』とは、良いことで心を動かされることのみを指すのではありません。

悪いことが起き、それによって怒ったり、悲しくなっても、それは立派な『感動』です。

心を動かすことによって、人生は日々作られていますので、恐れずに自分の感情を受け止めるようにしてくださいね。

 

こどもが歌う夢


こどもが歌う歌を聴いている夢は、予想外のことがあなたの人生に訪れる暗示になります。

こどもが持っている最大のものは『時間』と『未知の可能性』そして『意外性』です。

良くも悪くもこどもは意外なことを行います。

秩序が無いことで大人はいらだつこともありますが、その純真さ、好奇心は、こどもを体の内側から眩しく照らし出しています。

あなたの人生にも、イライラするような、または、意外な、それでいて心をイキイキと甦らせるようなことが起きるかもしれません。

楽しみに待っていてください。

 

まとめ


歌う夢占いは、いかがでしたでしょうか?

歌声は人の心を励ましたり、単調な作業を苦痛で無くしたり、人の情動を動かすのに優れた力を発揮します。

日本が発明したカラオケが全世界に広がっているのも、歌うことに自分の情動を浄化させる作用があることを、みんなが気づいているからでしょう。

この夢占いシリーズはいつも予知的な面よりも、自分の潜在意識との対面を主に扱っているのですが、歌と夢占いというのは、実は表現方法が違うだけで、『新たな自分と出会う手段』という面では同じ目的を持っています。

世の中の流行歌にも、各世代が共通して持っている悩みや気持ちが盛り込まれていますし、夢占いも、世代や国を超えてまったく同じように解釈される事象が盛りだくさんです。

日本で流行する歌は、『短調』の暗い曲が多いです。それは日本人のエネルギーの向きが外へ発散されるよりも内向きになっていることのあらわれであり、だからこそ、日本人は自分の潜在意識の探求が得意です。

一方で、西欧諸国、東アジアなどは、明るい曲調が好まれ、自分のことは置き去りにしてでも、外へ外へエネルギーを発散し続ける傾向にあります。

どちらが優れているか、という比較は無意味です。

人生では、外に向かって発散するエネルギーと内に向かって探求するエネルギーの調和が取れていることがもっとも理想的で、その理想を実現するために、夢占いがあります。

夢の世界を探求しさまざまな思いを巡らせることによって、自分をより深く知り、現実に投影されていく様を体感することで、夢に関心を持たず生きているよりも、ずっと深い人生を送ることができます。

映画『君の名は』があれだけヒットしたのも、夢の世界と現実との投影が人の情動を深く揺さぶったからではないでしょうか?