Archives for 8月 2013

お風呂でアロマを使って心と体を癒す瞑想のやり方4ステップ

bath-meditation

まだまだ暑すぎる日が続きますね、みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

お盆休みも終わり、暑さと疲れがそろそろ体にきてしまっているかもしれませんね。今日は疲れた体や心を癒す『瞑想』についてお話をしたいと思います。

一般的にイメージをされるような、座禅を組んで瞑想をするというものではなく、もう少し日常生活の中に取り入れやすいような、お風呂でアロマを使った瞑想の方法をお話しますね。

まずは、瞑想のやり方の前に、どうして瞑想することが疲れた体や心を癒すの? という疑問から解決しましょう。瞑想とは、生活の中で普段何気なく感じたり、刺激を受けていることから一切の遮断をすること、思考をストップさせることです。無意識のうちに考えている思考は、仏教の世界では雑念とも呼ばれており、清らかな心でいるためには不要とされています。

瞑想にはいくつもの種類や方法がありますが、最終のゴールは思考をストップさせ、雑念を追い払うことで清らかな心を手に入れることにつながります。普段何気なく考え、感じている事柄から自分自身を開放してあげることで、体は軽くなり、ストレスや不安ごとからの解放により気持ち的に癒される、と言うと、わかりやすいでしょうか。

初心者では、本来、仏教等で正式にとりいれられているレベルの瞑想に達するまで、なかなか時間と忍耐が必要になります。

リラックスして癒されるための瞑想をするために、変にストレスがかかってしまうと意味が無いですから、今回はアロマを使い、リラックスしやすい、お風呂の時間を使って瞑想を行いたいと思います。 [続きを読む…]

運命の人を引き寄せ、素敵な恋愛・人生を送る4つのポイント

恋愛に引き寄せの法則

引き寄せの法則をご存知でしょうか?

少し前に書籍でも空前の大ヒットをしており、人生をより豊かにするために様々な手法手段として取り上げられていました。

引き寄せの法則について細かい話をしてしまうといくらでも語ることができてしまうのですが・・・簡単には『思考を変える』と言うことに行き着きます。

少しあっさりしすぎなところがあるかもしれませんが、つまるところそういうことなのです。

引き寄せの法則とは

『なりたい自分になる』

『自分が望んでいる人生を手に入れる』

など、とても壮大なテーマをいとも簡単に実現させているように思われがちですが、本当に、実は簡単なことなのです。

少し、想像していただきたいのですが

『なにをやってもうまくいかない!』

と全てがマイナスで、やることなすことが裏目にでてしまうことってありますよね?

逆に『今日はついてる!運がいいかも!』

と飛び跳ねてしまうほど良いことが続くこともあります。

不思議なことに、『気持ち的に』という部分が大きく作用し、同じ物事でも悪いイメージや、良いイメージとリンクすることで、捉え方と結果が大きく変わるということです。

引き寄せの法則とは、この『気持ち』に目を付けて、意識を常にポジティブな良いイメージとリンクさせ、自然に良い方向へと自分を導いていくステップのことなのです。

それでは、今回は素敵な恋愛、素敵な人生を送るための4つのポイントについてお話をします。 [続きを読む…]

本当に頭が良い人は、地頭力が優れている。地頭を鍛える4つの方法

地頭力

地頭力という言葉をご存知でしょうか?

『じあたまりょく』と読みます。

石頭のことではありません。

幅広い解釈をされている言葉ですが、簡単に言うと

『答えのない問題を解いていく力』

『知的好奇心の有効活用』

として用いられる言葉です。

何れにせよ、鍛えて損はなさそうな地頭力。

なにやら仕事の効率化もアップし、キャリアアップに直結する力なのだとか。

今日は、地頭力を鍛える4つの方法を紹介いたします。 [続きを読む…]

写経で功徳・効果を得る為の7つの心得

写経で功徳

仏教の経典を書写することを写経(しゃきょう)と言います。中でも、最もポピュラ-なものは、般若心経です。そこで、ここでは写経=『般若心経の書写』としてご紹介します。

写経は、接頭辞を含めると276文字から成ります。そして、その起源は7世紀と言われ、1300年以上もの時を超えて、今も多くの人が実践し、脈々と継承さています。これこそが、密教の光明真言と共に、功徳(くどく)を得られることの証だといえる所以(ゆえん)です。

ところで、私たちは写経のみならず神社仏閣への参詣も含めて、とかくご利益を求めがちです。写経から得られる功徳とは、『善行を積んだ結果得られる果報』であり、最初からご利益を授かる目的で行うものではありません。般若心経の功徳は私利私欲を捨て、ひたすら、写経に没頭するという心構えで取り組んだ結果、初めて得られるものです。そこで得られた功徳からは、人智では計り知れない恩恵を享受することができます。

特別な能力は必要ありません。真摯に取り組む気持ちがあれば、誰にでもはかり知れない功徳を得ることが出来るのです。

れでは、人生をより豊かにするために、写経により功徳を得るための心得をご紹介します。 [続きを読む…]

朝令暮改は悪いコト!? 朝令暮改がもたらす7つのメリット

PDCA

朝令暮改とは、もともとの意味が、『朝決めた事を夕方には変えてしまう』から、安定していない。あてにならない。というネガティブなものなので、悪いものというイメージでビジネスパーソンにも受け入れられています。特に、朝決めた事を夕方徹底しなおさないといけない中間管理職には尚更のことでしょう。

でも、今や朝令暮改は個人の仕事との関わりの中でも重要視される時代へ変化してきています。そのメリットを紹介します。 [続きを読む…]