ほんのちょっとだけ勇気を出す方法5つ

勇気を出す方法

未知の事にチャレンジしようとする時、人は考えます。

『自分にできるのだろうか』
『今のままでいいのではないか』

と。

でも、一歩を踏み出さなければ、いつまでたっても今以上に良くなる事はありません。本当に今のままでいいのですか? 今が幸せだからいいのですか?

もっと欲を出していいのです。

今以上の幸せを望んでいいのです。

ただし、それを実現する為には一歩を踏み出す勇気が必要です。今よりも幸せになる為に、ほんのちょっとだけ勇気を出す方法をご紹介します。

 

ほんのちょっとだけ勇気を出す方法5つ

 



 

自分の能力を正しく見極める勇気を持つ


 

自分の能力を過大評価しても、過少評価してもいけません。

人と比べる必要はありませんが、自分にはどれ位のレベルの事ができるのか、正しく見極める事が大切です。その為には、客観的な視点が必要です。

自分を客観的に見るという事は、人と比べる事を想像するかもしれませんが、必ずしもそうではありません。

例えば、以前の自分と今の自分を比べてみて下さい。以前はできなかったのに、できる様になった事はありませんか? それが今の自分の能力です。

逆に、以前はできたのに、今はできなくなった事はありませんか? 以前の能力を維持する努力ができなかったのもまた、自分の能力です。それらを正しく見極めてみて下さい。そしてそれを素直に受け入れて下さい。

 

勇気を出して自分の良い所を見つける


 

人間には、どんなに悪人でも、良い所が必ず一つはあると言います。

ほんの些細な事でも良いのです。恥ずかしがらずに、自分の良い所を見つけて下さい。

例えば、『食べ物をおいしそうに食べる』でも良いのです。食べ物をおいしそうに食べるというのは、自然の恵みに感謝し、自分がこの世に生かされている喜びを感じているという事です。もしくは、一緒に食事をしている人が幸せな気持ちになる、という事です。一緒に食事をして、楽しい気分になるのは、とても大きな長所だと思いませんか? 『またこの人と食事がしたい』と思われるという事は、『この人と親交を深めたい』という感情につながります。交友関係を広めるきっかけを持っているのは、大きな長所なのです。

 

困っている人に手を差し伸べる勇気を持つ


 

自分本位の人が多い世の中で、困っている人に手を差し伸べられる人が、果たしてどれ位いるのでしょうか。

例えば、落し物を拾ってあげるのは、物を失くして困っている人に手を差し伸べているという事です。これは意外と勇気がいる行為です。見て見ぬふりをする人が多い中で、自分だけ違う行動をするというのは、集団心理が強く働く人間の本能に逆らう行為だからです。

また、見返りを求めてしまうのも人間の本能です。たかが、落し物を拾ったくらいで、そこまで感謝される訳がないという心理が働きます。

他人から見れば、ただのハンカチでも、落とした人にとっては、とても大切にしているお気に入りのハンカチかもしれません。それを拾ってあげるのは、とても感謝される行為なのです。

ほんのちょっとだけ勇気を出すだけで、自分にも恩恵が返って来るのです。

 

自分の限界にチャレンジする勇気を持つ


 

自分の限界は、自分が一番良く知っています。

目標を決める時、無意識の内に、達成できそうな目標を選んでいるのです。大きな目標を決める時、無意識の内に、達成できる訳がないと既に諦めているのです。もしくは『いつか達成する』と言いながら、チャレンジしているフリをし続けているのです。

この場合、自分自身さえも、騙している事がある為、自分でも気づかない時があります。

限界とは何ですか?
今は他の事で精一杯だから、と後回しにする事ですか?
ただやり続けているだけで、一向に進展しない事ですか?

違いますよね。

達成する為に、手を尽くすという事です。できる事は全てやってみるという事です。一つの事に集中して、一生懸命になる勇気を持つ事が大切なのです。

 

未知の領域に足を踏み入れる勇気を持つ


 

自分の限界にチャレンジして、自分の中での新記録を出したとします。その時は、素晴らしい達成感に満ちあふれて、自信が持てた事でしょう。

でもそれは、いつの事ですか?

過去の栄光に浸っていても、ただの自慢にしかなりません。

一度は自分の限界にチャレンジできたのですから、もう一度できるはずです。その時の状況とは違うから、無理だと諦めますか? その時と同じ記録を出す必要はないのです。決して、手を抜けと言っているのではありません。その時の限界と今の限界は違うという事です。今日の限界と明日の限界も違います。

でも、限界というのは、常に進歩していくものでもあります。同じやり方でやる必要はありません。違うやり方を開拓する事もまた、未知の領域に足を踏み入れるという事です。

未知の領域に足を踏み入れない限り、進歩はありません。その先の景色を見てみたいと思いませんか?

 

まとめ


 

自分の限界を勝手に決めずに、可能性にチャレンジするのは、とても勇気のいる事です。

でも、たった一歩を踏み出すだけで、自分の中では劇的な変化が生まれます。

未知の領域に入って行くのは、ストレスや恥ずかしさ、疲労を伴います。その苦労や努力が少しずつ実っていく実感が湧いた時、ほんのちょっとだけ勇気を出して良かったと思えるでしょう。

是非、爽快な達成感を味わってみて下さい。

2017年 アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

六芒星占術』では、2017年にあなたに起こる運命の日を鑑定し、幸せになる方法を、1000文字以上の鑑定結果メッセージと運勢図で分かりやすく教えてくれます。今なら、全員初回無料鑑定してもらえます^^

2017年の運命を知りたい方はこの機会に無料で体験してみて下さい!



わせて読みたい