安西先生もビックリ!? 「諦めたらそこで試合終了ですよ」から学ぶ3つの成功法則

諦めたらそこで試合終了ですよ

『諦めたらそこで試合終了ですよ』

今でも漫画の引用に使われるほど、力を持った言葉です。そしてこの言葉には成功を手にする為の鍵があります。

成功者は諦めず、諦めない者こそ成功者。

『それは成功した人でしょ? 僕の試合のホイッスルはとっくに鳴りましたよ』

いえ、ちょっと待って下さい。そのホイッスルは試合開始の合図ではないでしょうか。

どうしたら諦めずに続けられるのか。そんなあなたへ、今回は諦めないための3つの考え方を提案します。 [続きを読む…]

休み上手は、仕事上手!仕事・会社をうまく休む理由6つ

休む理由

休みがあるから仕事が活きる!・・・場合もある。

どうしても仕事の時間に”今日は休みたい”と感じたビジネスパーソンも多いはず。その時、どんな理由を言いますか?

今回は、休み上手は仕事上手!ということで、どうしようもない場合の休みも、仮病で休む場合も全てひっくるめて、会社をうまく休む理由などを紹介します。 [続きを読む…]

ひらめきを大切に。セレンディピティを磨く6つの方法

flash

『セレンディピティ』とは、何かを探している時、探していたものとは別の価値があるものを見つけだすような能力・才能を言います…

例えば、ある本を探していると、本棚からトンッ、と1冊の本を落としてしまったとします。その本を開いてみると、今のあなたに必要なメッセージが書いてあり、それをきっかけに、新しい行動にうつることができた、といような出来事が実は日常の中では頻繁に起こっています。それを、単なる偶然として流すことはできますが、実は偶然は必然だと知ることですべて幸運に繋がっていくのです。

日常のこういった偶然を意識していると、どんどんと偶然が頻繁に起こってきます。ふとした偶然をきっかけにひらめきを得て、幸運を摘み取る能力のこと…これをまた、セレンディピティといいます。

どこか目的地へ向かおうとしているとき、ふと、いつもとは違う道を通ってみようと”ひらめき”、別の道を歩いていくと、思いがけない発見があり、次のチャンスにつながった、というような時、何かを発見したとう『現象』ではなく、何かを発見する『能力』をさします。

つまり”ひらめき”に対して、それを無視していつもの道を行くのと”実際別の道を歩いてみる”行動にうつすのとは違っていて、後者の方が自分の”能力”だと言えるのです。

ここでは、セレンディピティを磨く6つの方法をご紹介したいと思います。 [続きを読む…]

ギブアンドテイクを実践し、オンリーワンの存在になる4つの方法

give-and-take

ビジネスの基本を端的に表す言葉として、ギブアンドテイクという言葉を挙げるビジネスパーソンは多いようです。

しかしながら、なぜ、テイク&ギブではないのかとか、この方法を駆使したらなぜオンリーワンになるのかという部分まで理解している方は少ないようです。

確認の意味も含めて今回、紹介してみましょう。 [続きを読む…]

セレンディピティを磨くと、人生が豊かになる7つの理由

セレンディピティ磨く方法

セレンディピティとは、英語でSerendipity。ものをうまく発見する能力,掘り出し上手、幸運な発見などと訳されます。

科学の世界ではさまざまな事例がありますが、なかでもニュートンが有名で、リンゴが木から落下するのをみて『万有引力の法則』を発見しました。この発見する能力をセレンディピティと呼びます。言葉の起源としては、1700年代のイギリスの政治家であり小説家でもあるホレス・ウォルポールが書いた『セレンディップの三人の王子』という童話から作った造語であるといわれています。おとぎ話の主人公が持っていた幸運を招き寄せる力からきているようです。

私たちは時折、偶然に新しいことに出会ったり、発見をしたりします。その時、本来目標としていたことを忘れてしまうくらい、考え方を変えさせられたり、感動したりします。逆に予想した通りのことしか起きない人生なんてなんだか味気ないと思いませんか?

では、どうしたらそんなハッピーな偶然(セレンディピティ)に出会えて、豊かな人生を送れるのでしょうか? 今日は色々な角度からセレンディピティを磨く方法を考えてみたいと思います。 [続きを読む…]