【利き目の調べ方】性格の違い、脳の思考タイプまでわかる!

効き目 調べ方

あなたは、目にも『右利き、左利き』があるのをご存知ですか?

自分の利き手を知らない、という人はおそらくいないでしょう。

しかし、『利き目』を知らないという人は結構多いんです。

目にも利き目があり、物を見るときには、つい利き目を酷使してしまうそうです。

そうすることによって、利き目ではないほうの目は見ることをサボることになってしまい、利き目の視力はどんどん低下していきます。

利き目を有効的に使う一方で、そうでない方の目も意識的に使うようにすれば、低下してしまった目の視力回復が見込めることもあるようです。

また、スポーツをする人は利き手や利き足だけでなく、利き目の使い方によっても成績が変わってくるようです。

たとえば、野球やソフトボールの選手であれば、利き目でピッチャーが投げるボールを見ると、その動きを追いやすいといわれています。

フィギュアスケートの選手であれば、利き目側に回転すると、着地などの失敗をしにくいそうです。

実は、利き目は単なる視力の差ではなく、脳の使い方や思考のクセなども関わっているんです。

これは仮説ではありますが、人類の進化に伴って、「左脳」を使うことが増えました。

言葉を喋るのも、物事を論理的に考えるのも、左脳の指令によるものです。

それにより左脳が発達し、左脳から指令が送られる体の右側の運動能力が高まったと考えられています。

それでは利き目の調べ方についてもご紹介しますので、詳しく見ていきましょう。
[続きを読む…]

あなただけではありません。目を酷使する全ての働き人へ。目の疲れを取る方法

目の疲れを取る方法

長時間のパソコンや読書などで目を酷使する場面が多く、目の疲労感を感じている方は多いことでしょう。

目の疲労が講じれば、吐き気や頭痛、肩こりなどの症状につながったり、目の奥の痛みを伴う眼精疲労や視力低下にも発展します。 [続きを読む…]

勉強・仕事での目の疲れを癒す即効性バツグンの4つの解消法

目の疲れ

現代社会はわたし達の目を酷使します。

パソコンは業務に必須。さらには、モバイルツールの普及で目を使い続ける時間は増え続けています。この流れは会社だけではなく、学校でも同じでしょう。

わたし達は目の疲れやすい環境を生きているのです。そこで今回は、目の疲れを感じた時にすぐにできる4つの方法を提案いたします。 [続きを読む…]

スッキリした! とっておきの目の疲れの解消方法4つ

目の疲れ

目は、体の部分の中でも働き者の部位です。

仕事をする時、勉強をする時、本を読む時、携帯電話を操作する時など、私たちは日常生活の中で目を使う機会が多いです。

しかし、目を使っている時に、目を酷使しているという意識を持たれている方は少ないのではないでしょうか。

目の疲れは視力の低下、肩凝り、頭痛など様々な原因となります。

ですから、マッサージに行って凝り固まった体を解して疲労を解消するのと同じように、目の疲れも早めに解消するようにしましょう。

しかし、肩凝りにはマッサージや湿布、塗り薬や針で対処できますが、目の疲れはどのようにして解消すればいいのでしょうか。

そこで、今回は目の疲れをとるための方法をご紹介いたします。 [続きを読む…]