【5分でわかる】無の境地とは? 意味は? そこから見える人間関係を切り抜ける方法とは?

無の境地

人間は感情を持つ生き物です。

それゆえ、生きていると嫌なことも辛いこともあります。

人の言動や環境の変化に一喜一憂して疲れてしまうこと、ありますよね?

そんなとき、無の境地に立てたらどんなに楽になるだろうと考えたことはありませんか?

感情的にならずに冷静でいたいと思っても、それをコントロールするのは難しいものです。

そもそも、無の境地とはどういう意味なのでしょうか?

無の境地とは、人間の本能から解き放たれ精神の迷いがなくなった状態を表しています。

目の前に困難が立ちはだかっても、パニックに陥ることなく、平常心を保つことができる状態を「無の境地」と言います。

仏教では『悟りをひらく』という言葉が使われます。

修行を積んだお坊さんでも、その境地にたどり着くには30年かかると言われています。

しかし、私たちでも無の境地に近づくことはできるのではないでしょうか。

自分を見失ってしまうのは、目の前のショックを受容できずに情動に流されてしまうからです。

自分にとって受容できない物事が起きたとき、自分の感覚や思考、感情がどのように動くのかを観察し、認識できれば適切な対処ができるようになります。

パニックに陥る多くのケースでは、自分は何を不快に思い、不快なことが起きるとどんな反応を示すのかがわかっていません。

無の境地に近づくためには、まず自分自身を知ることから始めなければならないのです。

[続きを読む…]

人に裏切られる思考のクセを正す方法

人に裏切られる
あなたは、信頼していた人に裏切られた経験はありますか?

その人が大切な人だったのなら、とても辛い思いをしたことでしょう。

信じている人がまさかそんなことをするはずがない、自分の思い違いであることを願いますよね。

それでも、裏切る人は存在する、それが現実です。

なぜ、人は裏切り、裏切られてしまうのでしょうか?

そして、どうすれば、裏切られないのでしょうか?

人に裏切られやすい人は、純粋で優しい人が多いです。

その優しさにつけ込んで、人を簡単に裏切る人も中にはいます。

しかし、全ての人がそうではありません。

それぞれ自分の人生というものがあります。

自分や家族のために、苦渋の決断をする人もいるのでしょう。

人に依存するあまり、裏切られたと自分が感じているだけの場合もあります

まずは、人に裏切られる理由がどこにあるのかを考えてみると解決の近道となるはずです。

それがわかれば、対処法を考えたり、ダメージを最小限に抑えることができます。

人の本心は推し量れないものですし、思い通りに動かすこともできません。

それならば、自分でどうにかするしかないのです。

それでは、人に裏切られないようにするにはどうしたらいいのかを見ていきましょう。
[続きを読む…]

【誰でもできる】人間関係を円滑にするアサーションとは

アサーションとは

あなたは、アサーションという言葉を聞いたことはありますか?

人には、それぞれ異なる行動特性があります。

自己主張が強すぎると人間関係に摩擦が起こりやすく、自己主張が弱すぎると周囲に流されてしまいます。

アサーションとは、相手を尊重しながら自分の意見を発することを意味します。

自己主張が苦手な人でもアサーティブになれるのでしょうか?

アサーティブになることで、どんなメリットがあるのでしょうか?

アサーションを理解し、トレーニングをすることで、誰でもアサーティブになることができます。

また、アサーティブになることで人間関係が円滑になります。

人が集まれば十人十色の価値観があり、置かれる立場が違えばそれぞれ主張は異なります。

職場であれば、その中で協力しあいながら成果につなげていかなければなりません。

それゆえ、ビジネスの世界では、特にアサーションであることが求められます。

これは家庭や友人づきあいでも同様のことが言えます。

アサーションを習得すれば、相手に不快な思いをさせることなく、自分の意見を伝えることができます。

そのため、アサーショントレーニングは、企業研修や就職活動などあらゆる場面で取り入れられています。

『性格』にフォーカスするのではなく、『コミュニケーション技術』としてアサーションを学んでみませんか?
[続きを読む…]

OL必見! 器の大きい人になることでストレスを開放する方法

器の大きい人になるには

小さなことでイライラしてしまう自分に、器の小ささを感じてしまうことはありませんか?

会社の上司や同僚と接しているとき、理不尽な出来事に相手の器が小さいと思うこともあるかもしれません。

それらの摩擦やすれ違いが重なると、ストレスが蓄積されてしまいます。

一方で、どんなことが起きても焦らず冷静で、人間力の高い人と接すると『なんて器の大きい人なんだろう』と感じることもあるでしょう。

器の大きい人とはどんな人のことを指し、器の大きい人になるにはどうしたら良いのでしょうか?

器の大きい人とは、感情に流されず、正しい判断ができ、相手を尊重できる人のことを指します。

しかしながら、今でこそ人間性の高い人も、生まれながらにしてそうだったわけではありません。

人生経験を積み、たとえ嫌なことがあったとしても、それを乗り越え、努力した結果、人間としての器が育まれたのです。

この世界は自分の思い通りにいかないことばかりです。

描いたプラン通りに物事が進まなくても、他人を変えることはできません。

変えられるのは「自分だけ」です。

自分ではどうしようもないことを嘆くのではなく、自分にできることを考えましょう。

これまでの思考のクセを「他責から自責に」少しだけシフトすることで、視界が開けることがあります。

それでは、器が大きいということについて詳しく見ていきましょう。
[続きを読む…]

好かれる人と嫌われる人はどこが違うの? 心理ゲームをしながら解き明かしましょう。

好かれる人

世の中には、なぜか好かれる人と嫌われる人がいます。

どこが違うの?

自分はどっち?

・・なんて考えたことありませんか?

好かれる人と嫌われる人とでは、決定的な違いがあります。

また、あの人には好かれたいけど、この人にはあまり好かれたくないなんてこともあります。

人は、誰でも仮面をかぶって生きています。

実は、その仮面のかぶり方や見せ方で、好かれる人にもなり、嫌われる人にもなれます。

両方の仮面を上手に使えるように、好かれる人、嫌われる人の両方の特徴を心理ゲームをしながら解き明かしていきます。
[続きを読む…]