ちょっと気になる。ほくろができる原因と占い

    ほくろ 原因ある日、鏡を見たら顔にほくろが出来ていたなんてことはありませんか?

    実は、ほくろは、新しく出来ることがあるんです。

    小さい頃から有る場合と、気がつくと出来ていたというケースがあります。

    TVでみかけるタレントさんのほくろが魅力的で、チャームポイントになっていることもあり、真似して、つける人もいるくらいです。

    一方、鏡を見るたびに、なんでここにあるんだろう消したいなぁと思うほくろもあるのではないでしょうか?

    ここでは、ほくろの出来る原因を探り、ほくろかどうかの見分け方をご紹介し、ほくろのヒミツやほくろ占いとの関連もお伝えします。

     

    ちょっと気になる。ほくろができる原因と占い

     



     

    ほくろができる原因とは


     

    ほくろには、先天性のものと後天性のものがあります。

    生まれたての赤ちゃんに、ほくろはありません。

    赤ちゃんのお尻にみられる蒙古班が、徐々に散り、ほくろになるという説もありますが、定かではありません。

    後天性のほくろの出来る原因のひとつに日焼けがあります。

    顔のほくろの殆どの原因は、メラノサイトの活動が活発になること、つまり多くの紫外線を浴びてしまうことでできてしまうのです。

    他には、ストレスや疲労や不規則な生活や食生活も影響します。

    さらに、外的な刺激での、皮膚への圧迫や、こすれが続いてしまう場合、たとえば、きつい下着や服、靴などの締め付けによって細胞が傷つくことで、ほくろができるようです。

    こうやってできるほくろですから、占いにも根拠がありそうですね。

     

    ほくろの観察をしよう


     

    ほくろの位置で、性格や運命がわかる占いがあります。

    日ごろから、ほくろができたら必ずチェックして、見分け方を知って観察しましょう。

    ただ、探しても、一見すると濃いシミか、ほくろか、わからない場合もあります。

    さらに放置しておくと、ほくろではなく、『がん』という怖い病気が潜んでいることもあります。

    がんのできる原因とメカニズムはまだわかっていませんが、ほくろは日々変化するので、それを踏まえて日ごろからよく見ておきましょう。

     

    ほくろの見分け方


     

    ほくろ占いをするにあたって有無や位置を探すときの見分け方ですが、ほくろは、滑らかな円形状、色は黒っぽいものです。

    気をつけなければならないのが、『悪性』のほくろのガンです。

    これは皮膚がんのひとつで、見た目はほくろと変わりませんので、見逃して手遅れになることがなきよう注意しましょう。

    がんの場合、意識して観察をすればわかるのですが、成長が早く大きくなっていくのが顕著にわかります。輪郭がぼやけていて、いびつな形になのが特徴です。

    見つけたらすぐに切除し、検査をしてもらう必要があります。

    というのも、ほくろの大きくなるスピードの早さとともに、皮膚の浅いところからリンパ節、その奥の部分へと転移し、他のガンよりも、早くから手遅れになるほど進行してしますからです。

    気になるでしょうが、刺激すると、余計に広がり、進行が早まる原因ともなりまますので触らないことが大事です。

     

    ほくろ除去もできる


     

    良いほくろは残し、ほくろ占いで良くないとされるものを消すことも可能です。

    ほくろを取るには、手術やレーザー治療などが有効で皮膚科などで行っています。

    余談ですが、悪性かどうかの判断は切除してからの検査結果を見なければわからないのですが、悪性のおそれがあると診断された上での手術なら保険が適用されますが、単に顔にあるほくろを、ほくろ占いにしたがって取りたいという場合は、レーザー治療費は、保険が適用されないのが一般的です。

    あと、顔や身体のほくろは心配は無いのですが、足の裏にできている場合、高い確率で悪性のため、保険が適用されるはずですので、早めに切除したほうがよいでしょう。

     

    ほくろ占いとは


     

    ほくろ占いは人相学の中でも人気の占いです。

    身体にあるほくろは、たくさんの意味をもっており、警告も与えてくれます。

    ほくろが、どこに出ているかで、性格やこれから気をつけなければいけない注意点などを読み取ることができます。

    良いことや悪いこともほくろ占いではわかります。

    良い結果ならばそのまま受け止めてください。

    ただし、有頂天になって慢心しないようにしつつ、テンションをあげるような原動力にするのが賢明でしょう。

    悪い予測や警告ならば、知ることが出来てよかったと感謝し、その原因を読み取りながら、自分の弱点や悪い点を改善する努力をしましょう。

    何より、悪い予言を知ったら回避できるよう心がけることです。

    何も変わらない自分でいたら、悪い予言のとおりになるかもしれません。

    しかし、自分を変えれば大方は回避が出来るか、大難が小難になるでしょう。

     

    ほくろ占いを知ろう


     

    ほくろの組織は、メラニン色素です。

    人間の心の動きと細胞は、密接に連動しており、ショックを受けたり、悩んだり、怒ったりすることで、細胞がダメージを受けることがあります。

    実際に、目に見えて現れるホクロは一種のサイン・心のバロメーターだとイメージしてください。

    ですから、できている場所や新しくできた場所にも大いに意味があるのです。

    ここでは主な顔のホクロの意味を挙げてみます。

    出世運がある                  ・・・ 眉の上、額の真ん中
    金運に恵まれる              ・・・ 額の真ん中、耳たぶ
    チャンスに恵まれる        ・・・ 眉毛の中
    玉の輿運がある              ・・・ 目尻
    浮気に注意                    ・・・ 鼻の中央
    運気変動に注意            ・・・ 目の下
    ホルモンの乱れに注意 ・・・ 鼻先
    苦難克服できる              ・・・ 鼻横
    口の軽さに注意              ・・・ 唇
    食いはぐれ無い              ・・・ 口元
    物の縁が薄い                 ・・・ 口下、あご
    情報力がある                  ・・・ 耳の上

     

    まとめ


     

    いかがでしたでしょうか?

    ほくろには、先天性と後天性があり、後天性の原因は、主に日焼けです。

    ほくろ占いは、ほくろの場所や有無でいろんなメッセージをくれます。

    ただし、ほくろに似た見分けも難しい悪性の病気も潜んでいるかもしれないので、日ごろから、観察はまめにしましょう。

    よい運勢にするために、レーザーで悪いほくろを除去して、良い運勢のほくろを残すこともひとつの選択ではあります。

    ほくろ占いが悪い結果ならば、悪い将来を回避するための反省と実行が必要です。

    未来は変えることが可能です。

    それを教えてくれるのが、ほくろなのです。

    42歳の小太りのおばちゃんが、27歳の向井理似の公認会計士に恋をしました。

    本人さえも、叶わぬ恋だとあきらめていましたが、1ヶ月後、交際することに。

    そのきっかけは、ある人からのアドバイスでした。



    わせて読みたい