OL必見! 器の大きい人になることでストレスを開放する方法

器の大きい人になるには

小さなことでイライラしてしまう自分に、器の小ささを感じてしまうことはありませんか?

会社の上司や同僚と接しているとき、理不尽な出来事に相手の器が小さいと思うこともあるかもしれません。

それらの摩擦やすれ違いが重なると、ストレスが蓄積されてしまいます。

一方で、どんなことが起きても焦らず冷静で、人間力の高い人と接すると『なんて器の大きい人なんだろう』と感じることもあるでしょう。

器の大きい人とはどんな人のことを指し、器の大きい人になるにはどうしたら良いのでしょうか?

器の大きい人とは、感情に流されず、正しい判断ができ、相手を尊重できる人のことを指します。

しかしながら、今でこそ人間性の高い人も、生まれながらにしてそうだったわけではありません。

人生経験を積み、たとえ嫌なことがあったとしても、それを乗り越え、努力した結果、人間としての器が育まれたのです。

この世界は自分の思い通りにいかないことばかりです。

描いたプラン通りに物事が進まなくても、他人を変えることはできません。

変えられるのは「自分だけ」です。

自分ではどうしようもないことを嘆くのではなく、自分にできることを考えましょう。

これまでの思考のクセを「他責から自責に」少しだけシフトすることで、視界が開けることがあります。

それでは、器が大きいということについて詳しく見ていきましょう。
[続きを読む…]

デジャブとは? 考えられるデジャブの原因6つ【前世? 脳の誤作動?】

デジャブ 意味

人間の脳は出来事を記憶したり、夢を見たり、生命を維持するための物質を分泌させたりと、とても不思議な働きをしています。

これだけ機能しているのに、エネルギーとして使われるのは一生のうちでも脳全体のたった10%だけであると言われています。

そんな未知なる無限の可能性を秘めた脳が引き起こすとされる『デジャブ』

デジャブとは、ある風景や状況に遭遇したときに、前にも見た事があるという『既視感』のことを指しています。

夢で見たことが現実に起こる『正夢』を思い浮かべる人もいるでしょう。

しかし、デジャブは正夢とは違います。

正夢は見た夢が現実になることを言いますが、デジャブは体験したことがないことを体験したことがあるかのように感じる『感覚』のことを言います。

なぜ、体験したことがないのに懐かしい気持ちになったり、見たことがあるような気持ちになったりしてしまうのでしょうか?

デジャブは、『脳の誤作動』であると主張する学者もいます。

似たような経験をした、似たような景色を見た、ということがあると、脳はそれが同じものだと認識してしまうのだそうです。

人間の記憶は都合よく書き換えられてしまうこともよくあるので、単なる思い込みである可能性もあります。

しかしながら、未知なる可能性を秘めた脳のことですから、説明がつかないケースもあるでしょう。

今回は、デジャブが起きる原因について見ていきます。
[続きを読む…]

人類滅亡の日はいつ?予想される原因や予言【全17個】

人類 滅亡

まことしやかに囁かれる人類滅亡説。

それは異常気象や戦争により、少しずつ現実味を帯びてきています。

人は限りある命を生きていますが、何千年もかけて文明を築きながらこの命をつないできました。

それが今、危機を迎えています。

地球温暖化、オゾン層の破壊、繰り返す戦争の歴史・・・

私達はそれに気づきながらも、見て見ぬふりをしています。

人類は本当に滅亡してしまうのでしょうか?

残念ながら、人類滅亡はあり得ない話ではないでしょう。

地球資源は今、飽和状態にあります。

それらを食いつくし、底をつきる日はそう遠い未来の話ではありません。

しかし、まだ遅くはありません。

私たち1人1人の小さな努力が、やがて大きな力となって地球を守ります。

それに気づくことができれば、きっと明るい未来が待っているはずです。

かつて存在した恐竜がそうであったように、地球は何度も絶滅を繰り返して今があります。

氷河期の到来や気象の変化は神様のいたずらか、はたまた、宇宙の摂理かはわかりません。

しかし、今引き起こしている問題は、確実に私達人類が生み出した問題です。

これらは人類が責任を持って回収しなければならない負の遺産なのではないでしょうか。

このまま何の対策も打たないでいると、人類はいつか滅亡の日を迎えることでしょう。

それでは、人類滅亡について予想される原因や予言を見ていきましょう。
[続きを読む…]

適職がわからない人に伝える、自分探し5ステップ

適職 わからない

あなたは今、自分の仕事に満足していますか?

本当は他に適職があるのではないかと思っていませんか?

自分の適職がわからない人、1つの仕事が続かない人、自分には何の才能もないんだと思っている人、そんなことはありませんよ。

あなたの長所や特性を活かせる仕事は必ずあります。

適職がわからないのは、自分自身のことがわかっていないからです。

自分がやりたいと思うこと、自分にできることは何なのかを認識することができれば、必ず適職は見つかります。

全ての人がいきなり自分の夢を叶えているわけではありません。

一生懸命努力を重ねて夢を掴むこともあれば、自分には向いていないと思っていたことが天職になることだってあります。

才能さえあれば何でもできる、と思っていませんか?

イチローのように天才と言われる人たちも、その成果は努力の裏に成り立っています。

また、始めは嫌だと思っていたことでも、続けるうちに一生の仕事になることもあります。

このように、天職に正解はないのです。

今回は、適職がわからないと悩む人に向けて、自分探しをするための5つの思考ステップをお伝えします。
[続きを読む…]

5分でわかる! 本来あるべき先祖供養の方法

先祖 供養 方法

あなたは、ご先祖様の供養を行っていますか?

忙しくてなかなかお墓参りに行けないという人も多いのではないかと思います。

よく体調不良や事故などは、ご先祖様からのメッセージだということを耳にしますよね。

それは本当なのでしょうか?

果たして先祖供養をしないことで霊障が起きることはあるのでしょうか?

実際のところ、ご先祖様は供養をしないからといって私達に霊障をもたらすことはありません

ただし、あなたの成長を促すために、あえて試練を与えることはあります。

例えば、いつまでも考え方が変わらなかったり、悪習慣が続いていたりすると、それを改善させるためにあらゆる手段を使って気付かせようとするのです。

この場合は、供養をしたからといって収まってくれるものではありません。

一番の供養は、あなた自身が成長することです。

そして、見守ってくれていることに感謝をすることが大切です。

感謝を伝える手段として、お墓参りに行ったり、お供え物をしたりすることが、本来あるべき先祖供養の姿だと言えるでしょう。

今回は、先祖供養にありがちな考え方のウソ・ホントを織り交ぜながら供養の仕方・方法をご紹介していきます。
[続きを読む…]