今年はじっと耐え忍ぶべし! 2017年の金星人プラス(+)の運勢

2017年 金星人プラス 運勢

2017年の金星人プラス(+)の運勢は、大殺界にあたる「減退」。

12個の運勢周期の中で、もっとも運気が低迷する時期です。

2017年は、「耐え忍ぶ」をキーワードに活動しなければいけません。

では、具体的にどう耐え忍べば良いのでしょうか?

 

今年はじっと耐え忍ぶべし! 2017年の金星人プラス(+)の運勢

 



 

総合運/全体運


2017年の金星人プラス(+)の全体運の運勢は低迷期と言えます。

2017年は、12年周期の中で「減退」という運気に支配されており、3年間続く大殺界の最後の年になります。

運気は今年も低迷していますが、明るい兆しも見えてきます。

しかし、運気自体は悪いので、新しいことを始めるのは避けましょう。

周囲で不穏な動きがないか、または、自分自身が被害妄想に陥っていないか気をつけましょう。

 

恋愛運/結婚運


2017年の金星人プラス(+)の恋愛運・結婚運は引き続き低調です。

2017年も昨年と変わらず運気は低迷しています。

恋人を友人に奪われたり、夫や妻が不倫に走ったりと散々な年になりそうです。

感情的になって相手を責め立てても、事態は好転するどころか悪くなるばかりです。

あと1年の我慢と思って辛抱するしかなさそうです。

 

仕事運/勉強運


2017年の金星人プラス(+)の仕事運・勉強運の運気は厳しいものとなります。

2017年も引き続き不遇の年となります。

他の人のミスをなすりつけられたり、あなた自身がとんでもないミスをしてしまいそうです。

学生の人も、勉強に全く集中できず、成績も伸び悩んでしまいます。

仕事も勉学も「成功」とはいかないかもしれませんが、今できるベストを尽くすようにしましょう。

大殺界の時にコツコツ努力したことが、次に訪れる幸運期に活かされることになります。

 

財運/金運


2017年の金星人プラス(+)の財運・金運は要注意です。

2017年は物事が上手くいかないことから、ストレス解消で散財してしまいそうです。

元々、流行りものが好きで人づきあいも多い金星人(+)のあなたですが、買い物も人づきあいも今年はほどほどにしておきましょう。

 

健康運


2017年の金星人プラス(+)の健康運は低迷期です。

2017年は2016年から引き続き怪我や病気は要注意です。

また、精神的にも憂鬱になりがちです。

外出して動き回るよりも、家で楽しめる趣味を持ちましょう。

 

人間関係運


2017年の金星人プラス(+)の人間関係運は不調です。

2017年は金星人(+)の軽薄な面がことさら強調され、人間関係はピンチに陥りそうです。

あなたが何気なく発した言葉や行動が問題となって、家族や友人と絶縁状態となる可能性があります。

今年も言動に気を付けて、周囲の人に思いやりを持って接するように気を付けましょう。

 

旅行運・レジャー運


2017年の金星人プラス(+)の旅行運・レジャー運は低迷気です。

2017年は積極的な外出はおすすめできません。

外出先でトラブルに巻き込まれる可能性が高いので、家で大人しくしていた方が良いでしょう。

行動的な金星人(+)の人には辛いかもしれませんが、あと一年我慢しましょう。

 

運命星でみる相性


運命星でみる相性 金星人

 

◆理想的な組み合わせ


土星人

落ち着いている土星人と子どもっぽい金星人が接することで、金星人には精神面で落ち着きや品格が備わってきます。

結婚やビジネスパートナーとしても最適で、お互いの長所を伸ばし、短所を補うことができます。

 

天王星人

優しく愛情深い天王星人と接することで、金星人も人間的に大きく成長できます。

また、肉体関係の相性も良く心身ともにピッタリの相性と言えます。

お互いに社交的なので、結婚後もたくさんの人が訪れる明るい家庭になります。

ビジネスパートナーとしても、金星人の決断力と天王星人のスケールの大きさで、良い成果を得ることができるでしょう。

 

◆ほぼ安心していい組み合わせ


火星人

どんな相手とも仲良くなれる金星人ですが、変人と見られがちの火星人も例外ではありません。

周りからは異質に見える組み合わせでも、この二人にしかわからない共通点があるようです。

また、玉の輿カップルに多いのもこの組み合わせになります。

 

水星人

流行の最先端を走る行動的な金星人と、一から物事を始める「初代運」を持つ水星人は、結婚においても仕事においてもとても良い相性です。

二人で物事を始めることで、強力な前進力が生まれます。

華やかでソフトな雰囲気の水星人と、明るくユーモラスな金星人の周りには、多くの人が集まるでしょう。

 

◆いい関係を保つには条件のつく組み合わせ


木星人

お互いの第一印象は「住む世界が違う」と感じるでしょう。

しかし、長く付き合うことで、お互いの良さがわかってくる相性です。

特に、友人としては良い距離感を持って長く付き合えることができます。

 

◆波乱のある組み合わせ


金星人

吉凶別れる組み合わせです。

同じ金星人が揃っているので、凄まじい行動力で前に進んできます。

大成功を収めるか、空中分解してしまうかのどちらかになるでしょう。

 

◆関わり合わないほうがいい組み合わせ


なし

 

生まれ(地運)でみる相性


生まれ(地運)でみる相性 金星人プラス

◆理想的な組み合わせ


寅年

寅年の人は金星人(+)にとってのラッキーパーソンとなります。

寅年の人は金星人(+)の運気を上げるので、家庭においても仕事においても物事が滞りなく進むようになります。

また、好奇心旺盛で明るい金星人(+)と楽天的でチャレンジ精神旺盛な寅年の人が揃うと毎日が楽しいことがいっぱいになります。

 

辰年

ロマンチストでスケールの大きい辰年の人は、金星人(+)にとって非常に魅力的に写ります。

辰年の人も金星人(+)の明るい無邪気な性格に親近感を抱きます。

お互いに共通の目標を持つと、より絆が深まるでしょう。

 

戌年

明るく人懐っこい戌年の人と好奇心旺盛で明るい金星人(+)の人はフィーリングピッタリです。

また、肉体関係の相性も良く、金星人(+)にとっては最高の恋人になります。

 

◆ほぼ安心していい組み合わせ


子年

明るく行動的な金星人(+)と知的好奇心旺盛で柔軟性のある子年の人とは相性ピッタリです。

どんな関係であっても、子年の人は金星人(+)を飽きさせることがないでしょう。

 

巳年

お金に困ることの少ない金星人(+)ですが、巳年の人と付き合うことで、金運がアップします。

また、既存の体制に縛られないながらも落ち着きのある巳年の人の影響を受けて、金星人(+)の人にも落ち着きが生まれます。

 

午年

午年の人と結婚すれば、安定した結婚生活を送ることができます。

外出好きな金星人(+)にも理解があり、結婚後も独身の頃とあまり変わらない生活を送ることができます。

また、友人や仕事仲間としても楽しい付き合いができます。

 

亥年

金星人(+)も亥年の人も行動的なタイプでテンポがよく合います。

一緒に行動することで、お互いに成長が望めます。

例え、失敗したり困難があっても、二人とも明るい性格なので、なんとかなるさ、と乗り越えて行くことができます。

 

◆いい関係を保つには条件のつく組み合わせ


丑年

控えめな丑年の人は、行動的な金星人(+)にとっては少々物足りない相手となります。

丑年の人も金星人(+)に対して軽薄な印象を抱くでしょう。

残念ながら、相性も「健弱」となるので、あまり良い組み合わせとは言えないでしょう。

 

◆波乱のある組み合わせ


卯年

初めは温和で優しい印象の卯年の人に惹かれるのですが、長く付き合う内に卯年の人の優柔不断な面に苛立つようになります。

もし、卯年の人付き合う場合は、金星人(+)の人が我慢する必要があります。

 

◆関わり合わないほうがいい組み合わせ


未年

おとなしく人見知りをする未年の人は、金星人(+)にとっては味気ない相手です。

一緒に居ても発展性はなく、結婚したとしても暗い家庭となるでしょう。

 

申年

お互いに行動的ですが、似ていることにより金星人(+)にとって申年の人は天敵となります。

二人が接触すると、周りを巻き込んでの大喧嘩となる可能性もあるので、接触を避けた方が良いでしょう。

 

酉年

保守的な酉年の人は、金星人(+)の人の自由を奪う存在となります。

一緒にいると息が詰まる存在で、あなたの行動力や自由な発想を抑えこんでしまいます。

もし、あなたの両親でどちらかが酉年の場合は、早めに自立して家を出た方が良いでしょう。

 

まとめ


金星人プラス(+)の2017年の運勢はいかがでしたでしょうか?

残念ながら、2017年も大殺界のため、低迷した運気となってしまいます。

しかし、あと一年辛抱すれば、翌年は幸運期です。

まだまだ、不遇な時期ですが、あと少し頑張りましょう。

[更新]2018年の金星人プラス(+)の運勢をチェックする >> 【2018年】金星人プラス(+)の運勢

[更新]金星人プラス(+)の基本性格をチェックする >> 六星占術で占う金星人プラスの7つの性格

42歳の小太りのおばちゃんが、27歳の向井理似の公認会計士に恋をしました。

本人さえも、叶わぬ恋だとあきらめていましたが、1ヶ月後、交際することに。

そのきっかけは、ある人からのアドバイスでした。



わせて読みたい