本物の愛情をゲット! 2017年の火星人プラス(+)の運勢

2017年 火星人プラス 運勢

2017年の火星人プラス(+)の運勢は「緑生」。

この時期に得ることができた愛情は「真の愛」と言われており、恋愛や結婚するには最適に時期です。

恋愛運や結婚運をはじめ、他の運勢も詳しくみていきましょう!

 

本物の愛情をゲット! 2017年の火星人プラス(+)の運勢

 



 

総合運/全体運


2017年の火星人プラス(+)の全体運は、好運気と言えます。

2017年は、12年周期の中で「緑生」という運気に支配されており、昨年の「種子」から引き続き運気が上昇しています。

この年は様々なことに挑戦して、物事を成長させるのに適した年です。

全てにおいて運気は上昇中なのですが、ちょっとした不注意などが原因で簡単に上手くいかなくなってしまう年でもあるので、慎重な行動を心掛けると良いでしょう。

 

恋愛運/結婚運


2017年の火星人プラス(+)の恋愛運・結婚運は恵まれた運気となります。

元々、ミステリアスな雰囲気で人を引き付ける火星人(+)の人ですが、2017年はあなたの良さが前面に押し出されるので、恋人募集中の人にはとても良い年になります。

特に「緑生」の年に得た恋人は、あなたにとってかけがえのない人となるので、このチャンスを絶対に逃さないようにしましょう。

結婚運にも恵まれた運気ですが、可能であれば来年「立花」の年に入籍をするのがおすすめです。

 

仕事運/勉強運


2017年の火星人プラス(+)の仕事運・勉強運の運気は上昇傾向です。

2017年は仕事においても勉学においても上り調子の運気といえます。

この時期は火星人(+)持ち前の集中力が発揮されるので、何か成長させたい分野があれば、この時期に一生懸命取り組むことで後々良い結果を得ることができます。

ただ、上り調子ではあるのですが、まだ安定した運気ではないので、思いもよらないところでつまずく可能性があります。

勢いだけで動くのではなく、仕事でも勉学でも計画性を持って取り組むようにしましょう。

 

財運/金運


2017年の火星人プラス(+)の財運・金運は良い運気です。

臨時収入を得たり、欲しかったものをプレゼントされたりとラッキーなことが続く年になります。

ただし、思いがけないところで大きな出費の可能性もあるので、普段から貯蓄はしておきましょう。

 

健康運


2017年の火星人プラス(+)の健康運は上々です。

あまりに不規則な生活をしない限りは特に問題はありません。

ただ、火星人(+)はお酒好きな人が多いので、休肝日を設けるなど飲みすぎだけは注意しましょう。

 

人間関係運


2017年の火星人プラス(+)の人間関係運は良好です。

今までの人間関係でも新たに出会う人たちとも楽しい時間を過ごすことができます。

ミステリアスで何を考えているのかわからないと思われがちな火星人(+)ですが、今年はそういった面が人を惹きつける方に作用するので、周りの人たちはあなたのことを好意的に見てくれます。

今年は人見知りしないで、あなたからも積極的に話しかけてみると良いでしょう。

 

旅行運・レジャー運


2017年の火星人プラス(+)の旅行運・レジャー運はとても楽しめるものになります。

芸術センスに優れている火星人(+)なので、美術館など感性を磨くことができる場所がおすすめです。

また、月運の良い8月にはラッキースポットの海やプールに行ってみましょう。

とても楽しい思い出ができるはずです。

 

運命星でみる相性


運命星でみる相性 火星人

◆理想的な組み合わせ


なし

◆ほぼ安心していい組み合わせ


金星人

火星人のマイペースな性格を金星人は意に介さず、また、金星人のせっかちな性格を火星人は気にしないので案外長続きする組み合わせです。

更に、火星人の芸術性や金星人の先見性は共通する部分もあるので、周りからは「合わないのでは」と思われていても意外と楽しく付き合える相手となります。

 

◆いい関係を保つには条件のつく組み合わせ


天王星人

似た部分の多い火星人と天王星人は距離が近すぎると「似ている」ことに対して飽きてしまうので結婚にはあまりおすすめできません。

しかし、距離を置いて付き合えば新鮮さが続くので、恋人や友達としてはとても良い組み合わせと言えます。

 

水星人

水星人がリードを取れば、良い相性と言えます。

守銭奴の水星人と金遣いの荒い火星人ですが、財を回転させることで土地や不動産が寄ってくることもあります。

しかし、目に見える物質に執着し始めると、徐々に関係は冷めたものに変わってきます。

 

◆波乱のある組み合わせ


火星人

プライドが高くフィーリング重視の火星人同士が結婚した場合、まとまりのない夫婦となることが多いです。

この組み合わせが生きてくるのは、映画や音楽など芸術の世界と言えるでしょう。

 

木星人

火星人と木星人は吉凶が分かれる組み合わせです。

火星人が何か一つ道を究めるものがあり、木星人がそれに共感できれば上手くいくでしょう。

ただし、この場合も木星人の忍耐が試されます。

 

◆関わり合わないほうがいい組み合わせ


土星人

まず、お互いに性格が合わない相手と言えます。

上手く行く場合としては、お互いの「世界」が一致しており土星人が主導権を握ることが条件です。

火星人の気ままな行動を土星人がどこまで許容できるかで関係が変わってきます。

 

生まれ(地運)でみる相性


生まれ(地運)でみる相性 火星人プラス

◆理想的な組み合わせ


申年

行動的で柔軟性のある申年の人と火星人(+)はとても良い相性です。

フィーリングで動く火星人(+)に合わせて動くことができますし、行動範囲が広いのであなたの知らなかった世界を見せてくれます。

 

子年

子年の人とはフィーリングがピッタリで一緒にいるととても楽しい時間を過ごすことができます。

恋人や友人、仕事仲間としても良い関係を築くことができます。

 

寅年

お互いにに惹かれ合う相性です。

寅年の人は火星人(+)に対して誠実なので、信頼できる相手となります。

 

◆ほぼ安心していい組み合わせ


酉年

火星人(+)と一緒に過ごすことで酉年の人が丸くなっていきます。

また、酉年の人は火星人(+)のアイディアを現実にする手伝いをしてくれるので、仕事のパートナーとしては最適な相手です。

 

戌年

明るく人懐っこい戌年の人に対して、人見知りの火星人(+)もすんなりと心を開くことができます。

良い運気で結婚をすれば、幸せな結婚生活が手に入ります。

 

卯年

優しい卯年の人に火星人(+)も素直に甘えることができます。

また、卯年の人と事業を興すことで大きな財を生み出すこともあります。

 

辰年

感性豊かな火星人(+)とロマンチストの辰年の人は相性ピッタリです。

辰年の人と付き合うと夢のような時間を過ごすことができます。

ただし、この関係は火星人(+)の人が浮気に走る可能性が高いので、その点だけは気を付けましょう。

 

◆いい関係を保つには条件のつく組み合わせ


亥年

亥年の人と付き合うと何かと調子を落とすことが多くなります。

結婚でも仕事においても発展性はありません。

 

◆波乱のある組み合わせ


丑年

丑年の人は確かに家庭的なのですが、火星人(+)が丑年の人を家庭に縛り付けてしまうことで関係が破綻してしまいます。

肉体関係の相性も良く、子宝にも恵まれるのですが前述の点だけは注意しましょう。

 

◆関わり合わないほうがいい組み合わせ


巳年

フィーリング重視の火星人(+)と自由な発想を持っている巳年の人は、一見、相性が良さそうなのですが、付き合ってみると何故か噛み合わない二人となってしまいます。

残念ながら、相性自体が良くないので付き合うことはおすすめできません。

 

午年

残念ながら、午年の人は火星人(+)に対して誠実な対応をする気はありません。

将来の約束をしたところで守ってはくれないので、遊びと割り切ってつきあうしかありません。

 

未年

おとなしい未年の人は、例え火星人(+)に対して好意を抱いていても積極的に近づいては来ません。

もし、未年の人と付き合えたとしても元々の相性は悪いので長くは続かないでしょう。

 

まとめ


火星人プラス(+)の2017年の運勢はいかがでしたでしょうか?

2017年の運気は上昇中なので、何かしら挑戦してみると将来花開く可能性が高いです。

特に芸術面で優れている火星人(+)なので、ぜひ、音楽や絵画などに挑戦してみて下さい。

ただし、まだ安定した運気ではないので調子に乗り過ぎないよう気を付けましょう。

[更新]2018年の火星人プラス(+)の運勢をチェックする >> 【2018年】火星人プラス(+)の運勢

[更新]火星人プラス(+)の基本性格をチェックする >>  六星占術で占う火星人プラスの7つの性格

あなたの人生の転機・宿命知りたくないですか?

あなたの宿命や人生の転機は生年月日と血液型から分かります。

当たると評判の占い「恋と運命の真実」では、あなたの運命を良い方向へ導いてくれます。あなたに最適な鑑定結果をアドバイスしてくれます。

スピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージが、あなたの運命を劇的に変えてくれるかもしれませんよ。

運命を知りたい・変えたい方は、特別企画『初回無料鑑定』で体験してみて下さい!



わせて読みたい